« №4157 今秋の海外旅行計画の変更 | トップページ | №4159 講座の下見でさきたま古墳へ »

2019年8月21日 (水)

№4158 今月の定例俳句会

 毎月第三火曜日は『伊奈桟雲の会』の定例句会日だ。句会を終わって自宅に帰ってきたら、近所の奥さんが女房とお茶飲み会をやっていた。「今日は句会でしたね、ご苦労様です」と挨拶を受けた。あれ、何で彼女はこの日の句会を知っていたのだろうか、不思議に思った。まさか、私のブログの読者なのだろうか。

 というわけで、今月の句会は無事終了した。8月19日の記事で、「俳句の日」と題して今月提出する句について述べた。さて、句会では私の俳句はどういう評価を得て、どのように添削されたのかを報告したい。

 先日の記事でも述べた心配が的中した。

(原句)短夜や薄掛け一枚山の朝

 やはり問題になったのが「山の朝」である。「短夜」と「山の朝」が近すぎるというのだ。決してよくはないが、原句よりはいいだろうと添削されたのが以下の句だ。

(添削句)短夜や薄掛け一枚山明くる

 兼題でも、私は秘かによくできたのではないかという句に手が入った。

(原句)浴衣着や炭坑節の手のしなひ

(添削句)浴衣着の炭鉱節や手のしなひ

 助詞のわずかな違いだが、大きな違いだ。俳句はわずか十七文字の、世界で一番短い詩だ。わずか一字の違いが大きい。しかし、なかなかそこまで気が回らないというのが実情である。

 もう一句、満を持して提出した句があった。

(原句)炎暑なほデッキチェアにミステリー

 この句は省略が過ぎるというのだ。「ミステリー」だけでもわからないわけではないが、と添削の手が入った。

(添削句)ウッドデッキにミステリー小説読む良夜

 私の作る句は、大半が「まずこれから」の評価点だ。まあ、大体が50~60点というところか。もう少し発想を豊かにしないと、大きな点はもらえない。しかし、わたしには限界かもしれない。

|

« №4157 今秋の海外旅行計画の変更 | トップページ | №4159 講座の下見でさきたま古墳へ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4157 今秋の海外旅行計画の変更 | トップページ | №4159 講座の下見でさきたま古墳へ »