« №4191 1ヶ月振りに那須へ | トップページ | №4193 那須ブックセンター »

2019年9月24日 (火)

№4192 彼岸花が咲いているよ

Dscn0966  ちょうど秋のお彼岸だ。これに合わせたわけでもないだろうが、「あるるのいえ」の前の土手には彼岸花が咲いていた。この彼岸花は、前のOhnoのお父さんが植えてくれたものだ。不思議なのは、この彼岸花は咲いた後は消えてしまい、この時期まで地下茎で生きている。先日もこの場所を電動草刈機できれいに刈ったが、彼岸花には影響がなかった。こんな便利な花なので、もう少し増やそうかな。

  そういえばOhnoのお父さんはどこに行ったのだろうか。自宅の前に軽トラを停めていたので挨拶に行ったら、留守だった。

Dscn0954

 この時期は、那須は秋の草花がいろいろと咲いている。道を歩いていたら、道路端に紫の花が咲いていた。根が猛毒で有名な鳥兜だ。鳥兜はわがあるるの家の庭にもあるが、こちらのほうはまだ咲いていなかった。

Dscn0960  さらに、目の前に米栂のような花をつけた白い草花があった。図鑑を見ているのだが、「ノコンギク」だろうか。

Dscn0961  アザミ状の花も咲いていた。これにもいろいろな種類があり、図鑑を見る限り「田村草」、「ノハラアザミ」、「鬼アザミ」などが載っていたが、この花は何だろうか。

|

« №4191 1ヶ月振りに那須へ | トップページ | №4193 那須ブックセンター »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4191 1ヶ月振りに那須へ | トップページ | №4193 那須ブックセンター »