« №4208 古地図を持って竜閑川を歩こう | トップページ | №4210 パスポートの更新 »

2019年10月11日 (金)

№4209 台風襲来に備えよう

 大型台風19号が日本列島に向かっている。どうやら明日12日中に房総半島をかすめる予想のようだ。雨も相当活発のようだが、問題は風だ。猛烈な風が吹いているようだ。風速60mになるのではないかとのことだ。人が吹き飛ばされるような強さだ。

 この家に住んでから経験がないが、こういう台風に直撃されるとどうなってしまうのだろうか。先日台風15号が千葉を直撃し、甚大な被害にあった。屋根が吹き飛ばされた家が多かった。その余波がまだ続いているうちに、台風19号の襲来だ。

Sdscn1047

 私の家は、築40年以上もたつ古家だ。ただ、家を建てるときに大工に注文したのは、見栄えは悪くてもいいが丈夫な家にしてほしいとお願いした。おかげで内装は何度も手入れしているが、骨格はびくともしなかった。しかし、自宅の瓦屋根はどうなのだろうか。風に吹き飛ばされたら対応のしようがないな。屋根は、今まで何の手入れもしてきていない。これは素人では何ともしようがない。

Sdscn1045  わが家には、すべての窓に雨戸が備え付けられている。窓が破られるのに備え、明日はすべての雨戸を閉めよう。家の周りもみてみた。植木鉢が塀の上に乗せられていた。その植木鉢を全部地面に下ろした。

Sdscn1042  千葉の被害を見ると、エアコンの室外機が倒されたという。見てみると、わが家に4基の室外機があった。1基は固定されていたが、他はブロックにただ乗っているだけで、風に対する対策はないようだ。間に合わせかもしれないが、室外機に紐を回して固定しておいた。それと、洗濯竿も室内に入れよう。網戸も飛ばされないように、これも室内に入れよう。

Sdscn1054  さらに大事なのは、ウッドデッキにあるハイビスカスだ。台風15号のときにはそのまま放っておいたら、鉢ごと倒れていた。今回は家の中に取り込んでおこう。さてどんな被害にあうのか、首をすくめた見守りたい。

|

« №4208 古地図を持って竜閑川を歩こう | トップページ | №4210 パスポートの更新 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4208 古地図を持って竜閑川を歩こう | トップページ | №4210 パスポートの更新 »