« №4211 台風一過 | トップページ | №4213 那須に行くのを中止 »

2019年10月14日 (月)

№4212 日本ラグビー快勝

 昨晩、ラグビー予選リーグの最後の一戦、日本対スコットランド戦があった。日本は、この試合に勝つか引き分けで決勝ラウンドに進出できる。ただ、台風の影響で試合ができるかどうか微妙だった。試合前から、スコットランドは様々な発言を繰り返していた。どうしても試合をやってもらい、決勝ラウンドに出たかったのだ。ラグビー協会や日本のジョセフHCは、スコットランドの対応に不快感を持った。

 スコットランドは、試合が行われたら日本には絶対負けない、という自信があったのだろう。事前のこのやり取りで、日本は舐められていたのだ。選手たちもこのやり取りを見ていて、スコットランドには絶対負けられないと思っていたに違いない。

 無事に試合は行われた。今まで日本は、スコットランドに1勝10敗と一方的に負けていた。今大会で日本に勢いがあるとはいうものの、客観状況は決して日本有利ではなかった。前回のイングランド大会でも、日本はスコットランドに負けて決勝進出がかなわなかった。日本に勝って貰いたいというものの、まさか本当に勝てるとは本心思っていなかった。

Photo_20191014145501  試合開始直後6分、スコットランドに先制トライを許した。けど、日本は立て続けに3トライを挙げて、前半を21対7と圧倒的に勝っていた。今までほとんど注目していない選手がいた。稲垣啓太選手だ。代表選で一度もトライを取ったことがない選手だ。彼が前半初トライを挙げた。試合後見たら、いかつい顔をしていて、決して笑わない選手だ。試合後のインタビューでも決して笑わなかった。微笑ましかった。

 後半が始まった直後、福岡堅樹選手がこの日2つ目のトライを挙げて、コンバージョンキックも決めて28対7となった。この時点では、圧倒的に日本が有利だった。4トライを挙げて、ボーナスポイントも獲得した。

 ただ、これでは終わらない。その後のスコットランドの反撃が凄かった。立て続けに2トライを挙げて、日本に1トライ1ゴール差に迫った。試合終了まで、まだ24分もあった。スコットランドの攻勢は続く。日本はやられるかな、と思った。しかし、それから日本は耐え続けた。一時は日本の5mラインまで攻め込まれたが、日本のデフェンス陣のこの大会の凄さがいかんなく発揮された。何とか耐え続け、ついに日本は悲願の決勝トーナメント進出を果たした。

Photo_20191014145601  日本が勝った要素はいろいろあった。デフェンスが強いとか、スクラムが押し負けなかった、モールもずるずる押されることはなかったなど。けど、私が思うに、スコットランドに勝った一番大きな要因が、相手陣で反則を犯さなかったことだ。スコットランドにはキックの名手がいた。前回大会では、このキッカー・レイドロー一人にやられた。今回の試合では、彼のペナルティキックを抑えたのが大きかった。

Photo_20191014145701  私は今も信じられないと思っているが、何と日本はプールAで4戦全勝し、決勝トーナメント進出を果たした。決勝進出第一戦は、20日の南アフリカ戦だ。前大会で勝った相手だ。今回も期待したい。

|

« №4211 台風一過 | トップページ | №4213 那須に行くのを中止 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4211 台風一過 | トップページ | №4213 那須に行くのを中止 »