« №4203 竹ちゃんに触発されて旅に出よう | トップページ | №4205 日本を明るくするラグビーの勝利 »

2019年10月 6日 (日)

№4204 横浜中華街で食事会

Sdscn0991  川崎の姉から電話があり、「従弟のYasuoさんが東京に来ているらしい。年内いっぱい東京にいるらしいので、そのうち食事会をやろう」とのことだった。了解したが、そのうちということだったので、先の事と思っていた。そしたら、その兄のRyojun君も上京するので、食事会が急きょ決まった。一番手軽なのが、中華料理だ。久し振りに横浜の中華街を会場にしよう。

Sdscn0992  女房も横浜の姉も参加した。ところが、義兄も参加の予定だったが体の不調とかで参加しなかった。さらに姪のNaomi夫婦も参加するとのことだったが、これも旦那の不調とかで参加できなかった。今日の会場の「順海閣」は、Yasuo君の知り合いがいる店とのことだった。

 どうしても話題の中心は、昔の話しだ。Yasuo君は、一度交通事故で死ぬ目にあった。彼は京都の大学に通っていたが、アルバイトで上京し、運送屋で運転手をしていた。ある雨の日、首都高で車がスリップし、反対車線に飛び出した。向こうからやってきたタクシーと正面衝突し、両方とも大破した。Yasuo君は生死の境をさまよったが、かろうじて生還した。この日の話しで、事故からもう50年になると分かった。

 Ryojun君とYasuo君の実家は、秋田の田舎にあるお寺だ。実家で保育園をやっていて、川崎の姉も横浜の姉も保母をやった経験がある。それだけに思いは深い。両君ともう一人の兄は私と同世代で、夏ゃ冬の休みは両家を行き来していた。亡くなった弟もこの仲間で、Yasuo君と同じ歳だった。ある日二人でバイクで出かけ、帰ってこなかったことがあった。家は大騒ぎで、葬式の準備まで考えたそうだ。そしたら、深夜にひょっこり帰ってきたという。

Sdscn0995 もう亡くなってはいるが、叔母さんは父の妹だ。こうやって歳を取って来ると、お互い似てくるものだ。横浜の姉は、叔母さんにそっくりだと話題になった。そこにLINE電話が入り、田舎の従妹のYukoさんからだった。このLINE電話では顔も現れ、久し振りに従妹をみた。11月には従妹の息子が結婚するとのことで、その結婚相手もすでに同居しているとのことだ。LINE電話で見る限り、可愛い人だった。

Sdscn0994  夕方4時過ぎに入店したが、話が尽きない。午後7時過ぎまで美味しい中華料理に舌鼓を打ち、紹興酒を飲んだ。お腹がいっぱいになったところで、最後に杏仁豆腐を食べて店を出た。

Sdscn0996

|

« №4203 竹ちゃんに触発されて旅に出よう | トップページ | №4205 日本を明るくするラグビーの勝利 »

会合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4203 竹ちゃんに触発されて旅に出よう | トップページ | №4205 日本を明るくするラグビーの勝利 »