« №4201 私の20句 | トップページ | №4203 竹ちゃんに触発されて旅に出よう »

2019年10月 4日 (金)

№4202 秋の味覚の贈り物

Sdscn0986  例年いただいているのだが、今年も女房の実家の義妹から秋の味覚の贈り物が届いた。一粒一粒大きな栗が、段ボール一杯送られてきた。首を長くして待っていた女房は、早速一昼夜水に浸け、そして煮た。鍋から上げた栗を、笊に入れてウッドデッキに干していた。

Sdscn0989  その栗が、朝の食卓に並んだ。包丁で半分に切り、スプーンでほじくり返して食べた。虫が食っているものもなく、美味しくいただけた。それにしても大量に頂いた栗だが、どうやって処理するのだろうか。まあ、隣近所や友人にお裾分けするのだろうが。

Sdscn0990  ところが、女房は大きな鍋に栗を割って入れ始めた。なんと鍋が栗一杯になった。どうするのか聞いたら、これを煮て冷凍庫で保存するのだそうだ。お正月には栗きんとんもできるし、甘いものが欲しい時にはそれを食べるのだそうだ。

 実は、毎年の秋の贈り物に、柿を期待していた。栗も美味しいが、実家の柿が美味しい。ところが昨年はたくさん送ってきてくれたが、今年は柿が不作でほとんど取れなかったのだそうだ。私の期待は、柿に関しては空振りに終わった。

|

« №4201 私の20句 | トップページ | №4203 竹ちゃんに触発されて旅に出よう »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4201 私の20句 | トップページ | №4203 竹ちゃんに触発されて旅に出よう »