« №4351 白アリ駆除の見積もり | トップページ | №4353 晩秋の那須へ »

2019年11月23日 (土)

№4352 ゴッホ展

 月一度は電話連絡をしている川崎の姉だが、このところ連絡をしていなかった。もちろん、姉は私が海外旅行をしていたことを知らなかった。「あなたは良いわね。兄弟姉妹の中で、あなたほど勝手気ままに生きている人はいない、うらやましいわ」と言っていた。

Sdscn1446  その姉こそ勝手気ままに生きているのだが、演奏会に行ったり絵画展に行くなど、上京してから本当に楽しそうに生きている。近所の男仲間を集めて、時々は麻雀大会なども開いているのだそうだ。その姉が、「先日、上野のゴッホ展に行ってきたの。あまり感激したので、再度鑑賞に行ってきたいと思う」と話していた。

Sdscn1447  姉がそんなに感激した「ゴッホ展」だが、私も上京を機会に行ってみようと思った。上野にある【上野の森美術館】で開かれていた。この美術館は初めてだ。駅の目の前にある美術館だったが、相当の雨にもかかわらず長蛇の列だった。やはりゴッホは人気のある画家なのだ。

 私は、こういう絵画展に行くことはめったにない。久し振りに入った展示会だったが、狭い美術館は黒山の人だかりだった。展示会は、ゴッホの絵への歩みに沿って展示されていた。最初にゴッホが絵に向かったのは、1882年ころだ。オランダのハーグで活躍していた時代が展示の最初だ。その当時の絵は、重苦しく暗かった。技術的にも稚拙だったのではなかったか。「ハーグ派」といわれる仲間のも展示されていた。

 ゴッホの絵が変わったのは、パリに出てからだ。ルノアールやモネに大きな影響を受けた。さらに、日本の浮世絵などにも影響を受けたのではないか。第二期「印象派に学ぶ」では、ゴッホの絵は重苦しいものから明るい色調に変わっていた。ゴーギャンと一緒に住んでいたこともある。そのころに精神に変調をきたしていた。

 1888年から90年に、ゴッホの絵はわれわれが知っているような「糸杉」や「ひまわり」は描かれた。この展示会に有名な「糸杉」は展示されていたが、残念ながら「ひまわり」はなかった。意外とゴッホの絵画を描いていた期間は短い。わずか10年だった。

 私が嫌いなのは、こういう有名な展示会になると黒山の人だかりだ。息苦しくなってしまう。展示会をひとわたり見て、早々に美術館を出てきた。

|

« №4351 白アリ駆除の見積もり | トップページ | №4353 晩秋の那須へ »

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4351 白アリ駆除の見積もり | トップページ | №4353 晩秋の那須へ »