« №4368 俳句作品展終わる | トップページ | №4370 11月に読んだ本 »

2019年12月10日 (火)

№4369 病院で栄養指導を受ける

 以前、糖尿病で病院から栄養指導を受ける日にちが設定された話をした。その栄養指導のために、3日間の【食事記録】を書いてくるようにとのことだ。なるべく飲み会のある日を避けて、食事記録を書いて持って行った。その相談者は、5年間の血糖値の推移を見ていた。

 昨年までは境界領域だったのに、今年がピンと跳ね上がっていた。さらに問題なのは、HbA1c(どうやらヘモグロビンの数値らしい)の数値が高いことだ。この数値も昨年に比べて2.3ほど高かった。先日の大学同期会で、糖尿病の仲間が言っていたのは、「血糖値の数値は大したことはない。問題はHbA1cの数値なんだよ」と話していた。ただ、血糖値とHbA1cの数値はパラレルなのではないか。

 この日、持って行った食事記録を見ていた先生は、「糖尿病には、一日1800カロリー以下のの食事が必要なのだが、この記録を見るとそれ以下に抑えられていますね。食事のバランスも良いし、特に野菜の摂取量が多いのがいいです。ただ、出来るならアルコールを抑えてみたらいかがでしょうか」と話していた。

 私はこの10年ほど、晩酌に500mlの缶ビールを欠かしたことがない。しかし、このところ500mlの缶ビール一本飲むのがきつくなって、350mlの缶ビールに変えた。どうやらこの量がちょうどいいくらいだ。しかし、食事バランスがよく取れているのに血糖値が上がるのはなんでしょうか、と疑問を持ったようだ。

Sdscn1568  私には、その原因はよくわかっている。要するに運動不足が原因なのだ。今回新しくしたスマホには、歩行記録が棒グラフで出るようになっている。見てみると、一日1000歩も歩かない日が何日もある。またピーンと跳ね上がった日は、ゴルフをやっているか東京シニア自然大学の講座のあった日だ。圧倒的に運動量が不足していて、そんな沢山も食べていないカロリーなのだが、体が消化しきれていないのだ。

 その先生のアドバイスは、「①体重をもう3キログラムくらい減らすのと、②一日最低6000歩は歩く努力をしたらいかがでしょうか。食事の時も、まず最初に野菜を食べて、その後肉や魚を食べ、最後にビールを飲むように、食べ物の順序を替えてみてください」と言っていた。ただ、ビールは悪くて焼酎は良いなどということは決してないのだそうだ。アルコール自体が、血糖値を上げる要因なのだそうだ。

 この糖尿病は生活習慣病で、少しずつ直していかないと一挙によくなることはないのだそうだ。耳の痛い話を40分ほど聞かされて帰ってきた。そうだ、このブログ記事を武器にしよう。毎日ブログ記事の最後に、前日の歩行記録を記して反省材料としたい。因みに、全然動いていない昨日の記録は以下の通りだ。

【12月9日の記録】1220歩 817m

|

« №4368 俳句作品展終わる | トップページ | №4370 11月に読んだ本 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4368 俳句作品展終わる | トップページ | №4370 11月に読んだ本 »