« №4401 U23日本、初戦破れる | トップページ | №4403 ウォーキング »

2020年1月11日 (土)

№4402 世界不安定要因の主犯

 ひところは第三次世界大戦になるのではないかと不安視されていた中東情勢が、どうやら一段落したようだ。この原因を作ったのが、アメリカ大統領トランプである。戦争をしていないにもかかわらず、イランの司令官をテロで殺した。こんな無法なことは許されるものではない。当然怒ったイランは、アメリカに報復を宣告した。再度、中東で戦争が始まるかと世界に緊張が走った。

 前大統領のオバマの時代、イランと先進国で核に対する合意が成り立った。この合意を一方的に破棄したのがトランプだ。変な話だが、トランプはオバマの決定をことごとく翻している。国の社会保険法、キューバとの国交正常化、そしてイラン問題だ。北朝鮮の金正恩との交渉を自分の成果と大々的に自慢しているが、それにしては何も動いていない。

 要するに、トランプの政策は場当たり的で、その当座をしのげばよいというものだ。従って、朝令暮改はしょっちゅうである。こういうトップがアメリカ大統領をやっていると、世界に不安要因をばらまいているようなものだ。トランプに習えと、世界には「ミニトランプ」の政権が続々と出来ている。イギリスやブラジル、フィリッピンなど「自己中」だらけだ。自分の国だけ、いや自分だけがよければいいという政策だ。

 今年の秋には、アメリカの大統領選挙がある。困ったことに、このトランプには根強い人気がある。岩盤層という約40%のアメリカ人がトランプを支持しているという。他の層を切り捨てても、この岩盤層向けにだけいい顔をしているアメリカ社会には、深刻な亀裂が走っているという。その亀裂を助長するのがトランプだ。そして、それでいいとしているところに救いはないなと思ってしまう。

 そもそもトランプが当選するときには、彼は共和党では泡沫候補といわれていた。その泡沫候補がアメリカ大統領になるとこのようになると、教えてくれるようなものだ。何ら定見もなく、その権力に尻尾を振り、恥じない某国の総理大臣もいる。

 こういう時にこそ、アメリカ民主党は対抗馬を出せばいいものの、こちらもほとんどが泡沫候補だ。今回の中東問題もそうだが、すべての事件はトランプ再選に向けてのパーフォーマンスに映る。トランプが再選されて、さらに4年続くかと思うと、本当にうんざりだね。

【1月10日の歩行記録】7,890歩 5.3km

|

« №4401 U23日本、初戦破れる | トップページ | №4403 ウォーキング »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

平和&オリンピックボケしている日本人の多いこと!
令和最初の正月早々トランプ砲により正月気分の吹き飛ぶ世界!資本&民主主義を唱えるアメリカの11月の大統領選に若きリーダーシップを持つ新大統領の誕生を望みトランプにババを引かせたい心境です。
今年も楽しい明るい記事をアップして下さい。

投稿: こきかず | 2020年1月12日 (日) 14時04分

急用にて失礼しました。

シンさんの正月早々のブログに共感。平和・オリンピックボケの日本人のなんと多いことか?新年気分にトランプ砲に・・吹き飛ぶ世界!自由主義&民主主義を唱えるアメリカに若き気鋭のリーダーシップを持つ、大統領の誕生を望みます。
11月の選挙にてトランプにババを引かせたいですね。
小生の初夢!

投稿: こきかず | 2020年1月15日 (水) 11時56分

こきかずさん
コメントありがとうございます。
私のブログは政治的な話題は避けていますが、
トランプには耐えられません。
何とか民主党が勝ってくれると
先の4年間は世界が平和になります。
何とかならないかとやきもきしています。

投稿: シンさん | 2020年1月15日 (水) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4401 U23日本、初戦破れる | トップページ | №4403 ウォーキング »