« №4415 宝登山の蠟梅鑑賞 | トップページ | №4417 郷里の仲間で新年同期会 »

2020年1月25日 (土)

№4416 歯科治療

 10日ほど前から歯を磨くと浸みてくる。あれ、虫歯かな。2年ほど前に歯を完全に治したはずなのに、再発したのだろうか。私は、歯科治療は健保診療所に任せている。町の歯医者に行くと、延々と待たされる。時間指定の医者にしても事情は同じだ。それが、健保診療所に行くと時間指定通りで、待たされることがないのが良い。交通費をかけてまで行く価値がある。

 たまたまこの日は上京の用事があったので、歯科診療の予約をした。診てくれた先生は、女医であった。今までは男性の医者がほとんどだったが、私にとってこの診療所では初めての女医だ。

 上の左の歯の詰め物がはずれたのではないか、そこから浸みていると自己判断をしていた。カルテによると、前回の歯科治療は1年半ほど前だという。例のようにこのブログで検索してみた。2018年5月11日の記事に「№3796歯科治療を終わる」という記事があった。その時に完全に歯は治ったはずなのに、また再発したのかな。

 先生は「久しぶりなので、レントゲンを撮って歯の様子を見てみましょう」といった。レントゲン室が診療室の隣にある。アッという間に撮ったレントゲンの写真を先生が見て、「前に治療した部分に虫歯があります。しかも3本も侵されています。そのうちの2本は、神経まで届いているようです。その部分が浸みているのでしょう。今日はしませんが、他の日に虫歯の神経を抜く必要がりますね」とのことだった。

 この日は、穴の開いたところにセメントを詰めて、治療を終わった。そして、来週の治療日を決めた。次回は神経を抜くので、治療に1時間ほどかかると話していた。来週、また健保診療所に治療に来る必要がある。しかし、この診療所は全面的に信頼できていい。そういえば今年の年賀状で、友人のToshiちゃんから「シンさんに勧められて、健保の歯科診療所に通っています」というコメントが寄せられていた。

 私は、歯磨きは寝る前の一回きりだ。女房は、食後には必ず歯を磨いているようだ。私の歯の磨き方が少ないのかな、それとも下手なのだろうか。

【1月24日阿野歩行記録】9,753歩 6.5㎞

|

« №4415 宝登山の蠟梅鑑賞 | トップページ | №4417 郷里の仲間で新年同期会 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4415 宝登山の蠟梅鑑賞 | トップページ | №4417 郷里の仲間で新年同期会 »