« №4430 「本態性振戦」に朗報が | トップページ | №4432 1月に読んだ本 »

2020年2月 9日 (日)

№4431 元気になったね

 昨年の今頃を顧みたら、女房はICU(集中治療室)に入院していた。一時は生命が危ぶまれていたのだ。20日間ほどの入院で無事退院したのだが、重いものを持つとか過激な運動は禁止された。そのころ熱中していたゴルフも、もちろん禁止だった。

 それから一年、この前定期検査に行ったとき、主治医に「ゴルフはやっていますか」と聞かれたと嬉しそうに話していた。その主治医もゴルフが大好きなのだそうだ。もうゴルフをやっても大丈夫との了解と受け取ったらしい。まだコースには出ていないが、ちょくちょく打ちっぱなしの練習場には通っているようだ。

 昨年、入院前に友だち四人での北欧旅行が決まっていた。女房が行けなくなって、自然に中止になったようだ。女房が元気になるにしたがって、再度海外旅行の話が盛り上がっていた。イギリスに行こうとかいやイタリアに行きたいと、いろいろな話が出ていたと聞く。四人の中で海外旅行をしたことがない人がいるようで、女房と一緒に行くのを楽しみにしていたようだ。

 楽しみにしている仲間がいるのに、そんなに引き延ばしておくわけにはいかないと、とりあえず近場に行こうということになった。そして決めたのがタイである。女房は、私と一緒にタイに4回ほど行っている。タイが美しく安全でしかも食べ物の美味しい国だと、4回の体験でわかっていた。私は、昨年の秋に個人旅行でタイに行ってきた。ただ、今回の女房の旅行はツアー旅行のようだ。

 旅行日程を見ると、バンコク市内の名所巡りのほかに、アユタヤやチェンマイ訪問もある。5泊6日のツアー料金は知らないが、個人旅行に比べてそんなに高いことはないだろう。ツアー会社は、飛行機代はまとめて買うのでべらぼうに安いし、ホテル代も個人で行くよりも信じられない額で予約しているようだ。

 それにお土産屋さんのキックバックなど考えると、意外と安いツアー料金になる。ツアーの利便性はあるが、何といっても個人旅行の自由度は低い。私の場合は、朝起きてさて今日はどうしようかと考えるが、ツアーは日程がきちんと決まっている。自分が勝手に動ける時間は少ない。旅行の初心者はそれでもいいが、私にはそれでは物足りない。

 何年か前に女房とチェンマイに行ったときには、レンタバイクを借りて街中を走り回り、チェンマイの街を体いっぱいで体感してきた。もちろん、ツアーで行くとそんなことはできない。食べ物も街角で立ち食いをしたのだが、ツアーではレストランがあらかじめ決められている。それでも、初の海外旅行者には安心だろう。

 快く旅行を了承したのだが、さて楽しんで帰ってこられるかな。 

【2月8日の歩行記録】10,673歩 7.2㎞

|

« №4430 「本態性振戦」に朗報が | トップページ | №4432 1月に読んだ本 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4430 「本態性振戦」に朗報が | トップページ | №4432 1月に読んだ本 »