« №4424 新型コロナウィルス | トップページ | №4426 神田明神節分祭 »

2020年2月 3日 (月)

№4425 糖尿病はどうなったのか

 昨年の12月に糖尿病でかかりつけ医に相談した報告をした。その時、糖尿病の薬を処方してもらった。その薬が切れてしまったので、再度その薬を処方してもらいにかかりつけ医に行った。さて、糖尿病はどうなっているのだろうか。

 血糖値は、血液で測る。この日も、先ずは血液検査をした。その結果が出たようで、医者に呼ばれた。「この間、糖尿病は劇的によくなりましたね」と数値を渡された。一番問題になるのがHbA1c(ヘモグロビンの値)だ。基準値が4.6~6.2であるのだが、12月に測った時には8.2もあった。その前に測った時には6.0だったから、大幅に上がった。その時点で血糖値も185あった。

 さて、今回の測定結果はどうだったのか。HbA1cの数値が6.3、血糖値が160であった。一ヶ月にHbA1cが2近くも下がるのはすごい、とのことだった。さらに血糖値は25も下がっている。「ずいぶん、食事等の注意をしたのでしょう。処方した薬も効いたのかもしれませんね。とはいってもまだ高いですから、さらに努力をしてください。90日分の薬を処方しておきますから、薬が切れた時に再度血液検査をしましょう」とのことだった。

 私のHbA1cのブログ記事を読んでいた学友のShindo君は、「その数値は低い方だ。私は12を超えているヨ」と変な慰め方をしてくれた。とはいっても予断は許さない。

 この一ヶ月間、私は一生懸命歩いた。それをExcel表にして「歩行記録」としてとっている。一体、一ヶ月に何歩、何km歩いたのだろうか。私のスマホは昨年7月に買い換え、その時からの記録がスマホに計測されている。一切努力のなかった昨年8月は一ヶ月74,080歩・49.6km、9月は61,657歩・41.3kmであった。それがこの1月は、278,943歩・186.9kmだった。意外と歩いているものだ。

 歩行するときには、「血糖値下がれ、血液の糖よ分解しろ」、と祈りながら歩いた。血糖値が下がったのは、食事の方もそうだが、やはり歩行運動が効いたのだろうと思う。

 日々小さな努力もしている。例えば、朝コーヒーを飲むとき大匙2杯の砂糖を入れていたが、今は小匙一杯で我慢している。ビールも毎日飲んではいるのだが、ロング缶500mlから普通缶350mlに換えた。どこに出かけるにも、以前は車を使っていた。それがちょっとしたお出かけは、歩いて行っている。

 糖尿病との戦いは一ヶ月や二か月では終わらない。何しろ「生活習慣病」というくらいだから、生活の見直しから始まる。かかりつけ医も言っていたが、これに慢心することなく日々の努力を続けたい。この日は、昨年も処方してもらった花粉症の薬も処方してもらった。そろそろ花粉症の季節になってきたのだ。

【2月2日の歩行記録】13,979歩 9.4㎞

|

« №4424 新型コロナウィルス | トップページ | №4426 神田明神節分祭 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4424 新型コロナウィルス | トップページ | №4426 神田明神節分祭 »