« №4469 「電車読書」の新たな方向 | トップページ | №4471 東京五輪はどうなるのか »

2020年3月19日 (木)

№4470 NEXTの総会に参加

Sdscn2027  東京シニア自然大学NEXTの総会があり、参加してきた。NEXTに参加しているメンバーは高齢者が多く、この日はコロナウィルスを心配して参加を取りやめる人が多かった。参加したのは30名弱だったろうか。広い会場がパラパラの出席率だった。2月から3月にかけて相次いで講座が中止になり、メンバーに会うのは久し振りだった。やはり講座が中止になると、寂しいものだ。

 われわれがこの総会で心配しているのは、4月の新学期に新入生がいるかどうかだ。東京シニア自然大学は、この4月に第7期生が卒業し、8期生が入学する。前には定員30名の新入生が集まらなくて、諦めていたこともあった。最低でも15名集まらないと開講できないのだそうだ。幸い、その年は17名だった。さて今年はどうか。JEEFからの挨拶で、幸い、今年は30名が確保できそうだとのことだった。

 シニア自然大学が、関東では千葉・神奈川・埼玉と東京で4校ある。千葉の運営は順調のようだが、神奈川は人が集まらなくて縮小に、埼玉は閉校したそうだ。紆余曲折はあったが、東京校は無事8期生が迎えられそうと聞きホッとした。

 NEXTの2019年度の事業報告があった。昨年度は4講座が中止になり、結局開講したのは19講座だった。トータルで442名の参加だったようだが、私は何回参加したか数えてみたら、14回の参加だった。昨年のイベントの一覧表を見たら、いずれの講座も印象に残っている。その上で、良い仲間と一緒に行動出来て、毎回の講座が楽しいものだった。会計報告も何ら問題がなかった。

 さて、来年度の事業計画だ。企画総数は、日帰り講座が26講座、宿泊講座が4講座と相変わらず旺盛な活動計画だ。会員の皆さんの知恵と叡智を集めて作った計画なので、面白くないはずがない。新年度もこのNEXTを中心に活動していこう。

 特に楽しみなのが、8月の隠岐の島訪問計画と、久し振りの尾瀬訪問計画だ。隠岐の島は5日間とのことだが、私は境港港まで車で行き、帰りは尾道と四国の友だちのところに寄ってくるつもりで、今から楽しみである。尾瀬訪問は私が世話人の一人なので、あらあらの計画と日程を決めた。尾瀬の1泊は辛いと、2泊3日で計画した。

Sdscn2028  役員改選もあり、新しく第4代目運営委員長になったのがChokoちゃんだ。今まで第1期の人間が運営委員長をやってきたが、新しい委員長は第4期で、しかも女性だ。ぜひこのNEXTでも女性が活躍してほしいと思っていたが、こういう人があらわれて嬉しい限りである。ただ、この総会に参加してわかったのだが、期待していた友達が退会したのだそうだ。一体、何があったのだろうか。

 規約改正があり、新たに「顧問」を設けるのだそうだ。私にも第1期委員長として顧問就任の要請があった。断る理由もないので、引き受けることにした。新規に第7期の人が22名、このNEXTに参加することになったようだ。自然退会者もいるが、80名を超える会員で次期講座はスタートするという。新たな仲間も加わるとのことで、NEXTの開設に携わったものとしては嬉しい限りである。

 この日は、総会後に懇親会も予定していたが、世の中の騒ぎで中止になった。有志での昼食会になった。

【3月18日の歩行記録】5,853歩 3.9km

|

« №4469 「電車読書」の新たな方向 | トップページ | №4471 東京五輪はどうなるのか »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4469 「電車読書」の新たな方向 | トップページ | №4471 東京五輪はどうなるのか »