« №4474 大相撲春場所、無事に終わる | トップページ | №4476 手作りマスク »

2020年3月24日 (火)

№4475 「将軍桜」見物

Sdscn2035  まだ桜は満開には至っていないが、散歩を兼ねて桜見物に出かけよう。自宅から歩いて20分ほどのところに、慶福寺というお寺がある。このお寺さんの枝垂れ桜が見事だ。この枝垂桜は「将軍櫻」と呼ばれている。由来を読むと、将軍家ゆかりの江戸彼岸桜で、川越の喜多院から大正14年秋に移植された桜らしい。

Sdscn2036  このお寺さんではこの桜を大事に育てているようで、手入れを怠らずに支柱をかけ、満開の時期にはライトアップをしている。この桜の見物客は多い。私も年に一度はこの桜を見に来ている。

Sdscn2031  さて、この日は将軍桜を含めて、お花見をしよう。私の家の周りには、桜の名所が多い。自宅の前を流れている見沼代用水の土手は、桜並木だ。私がここに引っ越して来た時には、まだ桜は植えられていなかった。昭和54年(1979年)、この代用水の大改修工事が行われ、コンクリート化された。その時に植えた桜だから、もう40年にもなる。この桜並木は、代用水沿線に川口まで20~30kmも植えられている。

Sdscn2029 Sdscn2041  歩いていると目につく花もある。ハナモモである。桜ではないだろうが、一本の木から白やピンクの花が咲いている。鑑賞していて楽しい。ある家の導入部には黄水仙が植えられていた。散歩していて、手入れの行き届いている庭を覗くのも楽しいものだ。この家には、雑草やごみはほとんどなかった。

Sdscn2043  桜に遅れて咲く白い花は、梨の花だ。つぼみがだいぶ膨らんでいた。例年は5月の連休頃が見ごろの時期だが、今年は早そうだ。そういえば、周囲にこの梨畑も随分少なくなった。話を伺うと、梨は手数がかかる割には収入が少なく、しかも重労働だという。農家の老齢化とともに、梨の木がドンドン伐られていくのを目にする。

Sdscn2044  さらに、わが家の目の前を流れている綾瀬川沿いの桜も、見事な並木を作っている。この並木は、目の前の住宅地開発の時に植えられた桜で、もう30年にもなるだろうか。見てみると、だいぶ大木になっている。家の周りをちょっと散歩するだけで、これだけのお花見ができるので、遠くまで出かける必要はない。

【3月23日の歩行記録】12,145歩 8.1km

|

« №4474 大相撲春場所、無事に終わる | トップページ | №4476 手作りマスク »

街歩きの楽しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4474 大相撲春場所、無事に終わる | トップページ | №4476 手作りマスク »