« №4479 WHO事務局長のリコール運動 | トップページ | №4481 雪の後遺症 »

2020年3月29日 (日)

№4480 春の大雪

Img202003290903021-2  朝7時過ぎから雪が降り始めている。最初は霙状の雪だったが、9時頃から白さがくっきりしてきた。雪の形がはっきりしてきている。天気予報では関東では5㎝ほど積もるという。南岸低気圧の影響らしい。さて、どのくらい積もるのだろうか。朝9時の段階では、まだ積もってはいない。

 今年の冬は暖かく、過ごし易かった。例年に比べても灯油の消費量が少なかった。昨日は20度を超える陽気で、散歩をしていても汗ばむほどだった。それが一転して、今日は冬の寒さだという。今冬で雪が降るのは初めてのことだ。今冬というが、もうすぐ四月だ。

 幸い今日は日曜日で、出かける機会が少ない。政府も「不要不急の外出を控えるように」との呼びかけがあったので、この雪が外出を控えさせるきっかけになるのではないか。

 埼玉がこういう降り方をしていると、予報では那須は20㎝ほど積もるといっていた。寒さが緩むとともに、那須の「あるるのいえ」の水道栓は前回閉めないで帰ってきた。女房は、水道管が凍って破裂しないかと心配していた。むしろ雪が降るのは暖かい証拠と私は返事をしたが、果たしてどうなるのだろうか。

Img202003290903021-1  この記事を書き始めていた時点では、ウッドデッキがわずかに白くなる程度だった。ところが、降り始めたもう4時間近くになるだろうか。庭木が雪に覆われ、屋根も隣家の庭も真っ白になってしまった。お昼には止むとの予報だったが、昼を過ぎてもまだ盛んに降っている。さて、最終的にどのくらい積もるのだろうか。

Img202003291204451【3月28日の歩行記録】4,264歩 2.9km

|

« №4479 WHO事務局長のリコール運動 | トップページ | №4481 雪の後遺症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4479 WHO事務局長のリコール運動 | トップページ | №4481 雪の後遺症 »