« №4481 雪の後遺症 | トップページ | №4483 句会会報の作成に取り掛かろう »

2020年3月31日 (火)

№4482 志村けん、衝撃の死

Photo_20200331082701  志村けん(70歳)が死んだという。彼が新型コロナウィルスに罹った、というニュースが伝わってきたのは一週間ほど前だったろうか。別に珍しくもないニュースだったので、そうかという程度で驚きはなかった。ところが、死んだとなると別だ。改めてこのウィルスの怖さに驚愕したのではないか。

 今回のウィルスは、全世界でどんどん広がっている。見ていると、このウィルスの感染力は相当に強い。死亡率は2~3%というが、イタリアでは11%を超えている。それでもまだ死亡は現実的ではなかったし、身近ではなかった。それがよく知っている芸能人の死に、このウィルスの怖さを改めて再認識した。

 志村は70歳と充分老人ではあるが、このウィルスは老人だけのものではない。京都では、若い学生に広がっているというし、検査ができていない潜在患者は相当大勢いるだろう。「このウィルスは老人のもの」と軽く見ていた若者にも、この現象は軽視できない。

 「8時だヨ!全員集合」が全国を席巻していたのは、もう45年も前の話だ。私もこの番組を楽しんでいた世代だ。志村は、それ以来第一線で活躍した息の長い喜劇人だった。その時その時の笑いを誘って来た。亡くなって改めて志村のエピソードを読んでみると、この”笑い”を作り出すために、並大抵でない陰の努力があったという。そういうことがないと長続きはしないものだと、彼が死んであらためて学んだ。

 最近、加藤茶の葬儀場のコマーシャルが流れている。彼の姿を見るたびに、加藤茶も歳を取ったものだと感じる。今回のニュースで知ったのだが、加藤茶は77歳になっている。彼はプライベートでも、30歳も若い妻を娶ったとの話だった。その奥さんは遺産狙いではないかと、面白おかしくニュースに載った。ただ、志村けんのプライバシーはあまり目にしていなかった。

 彼の死で知ったのは、志村は一生独身を通し、物凄いヘビースモーカーだったらしい。お酒もよく飲んでいたし、そういうことで免疫力が弱っていたのではないかという。どういう病気でもそうなのだが、病気は免疫力が弱いところに出る。歳を取ると免疫力が弱まる。若い人にコロナウィルスが出ず、老人に出ているのは免疫力の差かな。

 志村の死で、兄も含めて近親者は荼毘に立ち会うこともできなかったらしい。ウィルス感染を恐れたためらしい。新型コロナウィルスはそれほど怖い。甘くはみてはいないつもりだが、再度われわれも気を締めなければならない。

【3月30日の歩行記録】9,297歩 6.2km

|

« №4481 雪の後遺症 | トップページ | №4483 句会会報の作成に取り掛かろう »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4481 雪の後遺症 | トップページ | №4483 句会会報の作成に取り掛かろう »