« №5010 病気の有用な情報を入手 | トップページ | №5012 手術の後遺症 »

2020年4月29日 (水)

№5011 手術当日

 私は、今まで「手術」というものを経験していない。不安はなかったが、それでも若干の興奮もあり夜は眠れなかった。まあ、手術中寝ていればいいのでと思い、不眠の不安はなかった。ところがとんでもなかった。手術当日は、朝食も昼食も摂ってはいけないとのことだった。お腹は空いたが、我慢するしかないね。手術は午後1時からだ。3時間ほどかかるという。

 昨日頭をきれいに剃り上げたが、この日は念入りにさらに髪を剃った。剃ってくれた看護師は、もとは美容師だったらしい。昨日の看護師と違って、髪剃りには慣れていた。「これだけきれいに剃っても、先生からダメ出しが出るんですよね」と言っていた。髪があることが手術の邪魔になるというのだ。案の定先生がやってきて、髪が残している場所を指摘してさらに剃るように指示していた。100%丸坊主になった。

Img202004271122291  手術前に、一つの試験をした。紙の上に曲線と直線を書くことだ。実はこの検査は、受診した最初にも行っていた。その時も今回も変わらなかったが、曲線や直線をまっすぐ書くことができなかった。上の写真は、真面目に書いたものだ。この図で、手術がうまくいっているかどうかの試験をしていた。手術中も何度かこの図を書かされた。

 さて、午後1時にMRI検査室に入った。すぐに頭に大きな注射を4本打った。痛みを防ぐための麻酔薬の注射というが、これがものすごく痛かった。悲鳴を上げたが、「ガマン、ガマン」と諌められた。手術に立ち会った医者は、なんと5人もいた。それほど大袈裟な手術なのだ。

 注射を打った後、頭に金属が巻きつけられた。その金属をギリギリ絞っていった。何の金属かは分からなかったが、物凄く痛かった。そして、その周りに水を流した。私にはわからなかったが、多分そうなのだろう。いろいろなところで水漏れがあったようで、その修正をしてようやく水が漏れなくなった。

 さて、いよいよ手術開始だ。固定された体が、MRIの機械に入れられていった。眼鏡のようなものがかけられ外は覗けたが、体は固定されている。MRI内で眠れるかなと思っていたが、とんでもないことだった。大きな異音が耳元でガンガンして、眠れるどころではなかった。原因基に超音波を照射しているようなのだが、もちろん私にはわからなかった。その照射温度は、50度から59度だと事前にい聞いていた。

 耐えられなくなったら押すようにと、緊急のボタンも渡された。ただ、そのボタンを押すほど耐えられないということもなかった。そして、手術途中にくだんの紙をわたされ、曲線と直線を書いていった。その紙を見ながら、手術の経緯をチェックしていた。三度ほど書いたのかな、「順調にいっている」というう声が聞こえた。その手術は、約1時間半で終った。時計を見たら、午後2時半だ。

Photo_20200429092901

 頭に巻いていた器具を取り外し、再度MRI検査をした。病室に戻ってきたのは、午後3時半ころだ。一人で歩くことはできないので、人生初めて車椅子に乗った。病室で、再度曲線と直線を書いた。手術前と違って大分真っ直ぐになった。これを見ていた手術立ち会った先生は、「だいぶ良くなったね」と話していた。これで手術は終わりだ。

 朝食と昼食を抜いていたのでお腹が空いていた。看護師の了解を得て、デコポンを食べた。ものすごく美味しかった。夕食後にもう一個デコポンを食べた。病院食はまずかったが、デコポンだけは美味しかった。夕食後も、買ってきたカリントウを悪いと思いながら、一袋平らげてしまった。

【4月28日の歩行記録】8,797歩 5.9㎞

  

 

|

« №5010 病気の有用な情報を入手 | トップページ | №5012 手術の後遺症 »

健康」カテゴリの記事

コメント

シンさん 手術成功の様子 おめでとう御座います
術後当日に8,797歩も歩きですか? ビックリですね 次回お会いするのが楽しみです。

投稿: サンちゃん | 2020年4月29日 (水) 午後 08時36分

サンちゃん
コメントありがとうございます。
私の手術は超音波照射でしたので、
直接体にダメージはありませんでした。
翌日も1万歩歩きました。

投稿: シンさん | 2020年4月30日 (木) 午前 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5010 病気の有用な情報を入手 | トップページ | №5012 手術の後遺症 »