« №4993 ひげを伸ばして一ヶ月 | トップページ | №4995 このブログを続けるべきか、悩むところだ »

2020年4月12日 (日)

№4994 散歩の必需品

 糖尿病の警告を受けて、歩きはじめるようになってもう4か月になる。一ヶ月どのくらい歩いているのかの記録をとっている。記録をとるようになって分かったのだが、従来の倍歩いている。大体月175km・260,000歩の歩きである。一日に直すと8,000歩強、約5.5kmは歩いている。

 先日、東京シニア自然大学NEXTの講座で「高水三山ハイキング」の予定があった。三つの山をそれぞれ標高500mの登り下りがあった。健脚コースで、足に自信のない方は参加の見合わせを、と世話人から注意があった。私はこの4か月の歩きがどのようになっているのか試すための、絶好の山登りの企画だった。残念ながら、コロナウィルス騒ぎで、この講座は中止になってしまった。

 当初に比べて随分健脚になってきたと思っている。というのも、最初の頃は糖尿病特有の症状で、口が乾いてしようがなかった。今では口が乾くということもなくなったのが、進歩の証ではないかな。そして、歩かないと一日が何か物足りない。

Img202004111256141  自宅を出て、さて今日はどこを歩こうかと考える。4月に入り、暖かな日もある。バックには大きめのハンカチを入れて、汗拭きにしている。さらに忍び込ませているのが、スケジュール帳と読みかけの本とスマホは絶対だ。スマホには、歩いた記録をとるカウンターが付いている。

Img202004111338421  最近、歩きながら考えているのは「俳句」のことである。散歩道には句材が多い。特にあちこちの庭で花が咲いているこの時期は、その花をみては句想に耽る。桜もそろそろ葉桜になり、代わって躑躅が咲いている。ある家の庭の躑躅は、ほぼ満開だった。

Img202004111247281  ただ、俳句を思いついても、歩いているうちに忘れてしまう。先日も二句を思いついたが、自宅に帰ったら忘れていた。そうだ、散歩の必需品に『俳句手帳』と『電子手帳』を加えよう。思いついたら、あるいは中途半端でも季語だけ書いておくと、あとで肉付けができる。前日からバックにこの二品目も加えることにした。

 代表的な散歩コースとして、①本を100頁読むコースと②200頁読むコースがある。100頁は行きつけのカフェでの読書だし、200頁だと電車読書である。この日は目標に100頁程足りなかったので、電車コースを取った。自宅に帰ってきたら、ちょうど200頁読んでいた。毎日に何かしら目標を立てていると、その達成のために奮闘するのが良いね。

【4月11日の歩行記録】10,012歩 6.7km

|

« №4993 ひげを伸ばして一ヶ月 | トップページ | №4995 このブログを続けるべきか、悩むところだ »

街歩きの楽しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4993 ひげを伸ばして一ヶ月 | トップページ | №4995 このブログを続けるべきか、悩むところだ »