« №4999 今年の花水木はおかしい | トップページ | №5001 図鑑を携えて野草観察 »

2020年4月18日 (土)

№5000 ブログ記事5000号を迎えて

 この号で、《繭の里通信》のブログ記事は通算5000号を迎える。2008年1月22日に立ち上げたブログだが、計算してみると4500日弱だ。多分、一日に2回か3回書いた日もあったのだろう。それにしても、ずいぶん遠くまで来たものだという感慨を覚える。

 先日、5000号を迎えるにあたって、新型コロナウィルス騒ぎでスケジュールが白紙となり、ブログネタも尽き、そろそろやめ時かなと書いた。ところが嬉しいことに、読者からは「やめるな」という励ましのメールが届いた。見知らぬ方からのコメントもあった。「m.k」さんという人だ。しばらく誰かなと考えていたのだが、そうだあの人だろうと思い当たった。

 私のブログは、そんな大勢の人に知られているわけではない。ただ、そうだね3分の一くらいの読者には心当たりがある。そういう意味では、このブログはこじんまりとはしているが、居心地のいい空間と自分を納得させている。しかも大げさに言えば、退職後のわが人生の大半をこのブログにかけたな、という強い思いもある。

 読者が心配する以上に、このブログをやめることによって自分の今の生活が骨抜きになってしまうのじゃないか、と心配になる。よく考えてみると、ここでやめるわけにはいかないね。

 「やめるな」の声は、期せずしてブログ仲間からも上がった。昭JIJIのブログもサンちゃんのブログも、すでに一代目が終わり二代目に突入している。私のブログ『シンさんちの繭の里通信2』も、代替わりしたのが2014年1月1日だったから、もうすでに6年4か月を経過している。

 わが仲間に共通しているのだが、使っているブログはniftyのココログブログである。無料で使える容量は2000MBまでである。それ以上に使うとなると有料になってしまう。niftyの担当者も、「有料になるくらいなら、別のブログを立ち上げた方がいいですよ」とアドヴァイスを寄せてくれた。この『2』も、すでに80%を超える容量になった。それでも、限界まではまだ1年半くらいはあるかな。

 今のところ、『繭の里通信3』を立ち上げようなどという大それた考えはない。今ここでやめるというよりも、『2』の限界ギリギリまで続けてみようか。Taeさんからも、「毎晩、パソコンの締めはシンさんのブログを読むことです。楽しみを奪わないで~」という嬉しい声も寄せられた。

 ないネタでどう書くのか、今後とも腕の見せ所だね。つまらない記事が続くかもしれないが、気長に付き合ってください。

【4月17日の歩行記録】10,303歩 6.9km

|

« №4999 今年の花水木はおかしい | トップページ | №5001 図鑑を携えて野草観察 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

ブログ五千号、おめでとうございます❗👏
某予備校のキャッチフレーズ、日々是決戦と継続は力なりを思い出します。一万号を目指して健康第一o(^o^)o

投稿: アスペル山ちゃん | 2020年4月18日 (土) 午後 07時45分

山ちゃん
コメントありがとう!
ここまで来るのに12年4か月になります。
1万号になるにはさらに12年以上必要です。
果たしてそこまで生きているでしょうか?

投稿: シンさん | 2020年4月18日 (土) 午後 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4999 今年の花水木はおかしい | トップページ | №5001 図鑑を携えて野草観察 »