« №5019 母の日のプレゼント | トップページ | №5021 4月に読んだ本 »

2020年5月 8日 (金)

№5020 手術10日後の検診

 本態性振戦の手術をしたのが4月27日だったから、この日で10日目だ。事前に10日後に再検診をすると通告されていた。今までこの「熊谷総合病院」へは車で通院していたが、この日は電車で行くことにした。那須往復したのに今更ではないが、運転に注意するためだ。

 というのも、この10日間意識に何の障害もなかったが、やはり手術して右側に若干の障害が残った。若干ではあるが右に力が入らない。先日は右足がこけて転んでしまったし、那須では牛乳パックをつかみ損ねてこぼしてしまった。お皿の食べ物もぶちまけてしまった。このブログを書くのも、変にキーボードに力が入り打ち間違うことが多い。それもこれも後遺症と思っている。

 そんなこともあり、この日の通院は車ではなく電車にした。ただ電車は遠回りになり、車で行く20分も多くかかる。その上に電車が遅れ、午前10時の約束にギリギリだった。車だとガソリン代が700~800円程度だが、この日は電車賃とタクシー代で2500円もかかった。やはり次回からは車にしよう。

 何度も申し上げるが、本当にこの病院の対応はいい。午前10時に予約だが、担当の事務係員が待っていて主治医のところに案内してくれた。予約とはいえ、ほとんど待ち時間がないのだ。すぐに診療室に入った。

 担当の主治医にこの10日間の様子を報告した。若干のふらつきの報告をしたら、「それも想定の範囲内です。1か月ぐらいはふらつきが続きますが、徐々に良くなりますよ」とのことだ。しばらくこのような問診があった。

 問診が終わって、リハビリ室に移動した。そこで様々な身体検査をするという。まず行ったのが握力検査だ。手術の前と後で握力がどのくらい違うのかを計った。結果は手術前とほとんど差がないとのことだった。

Img202005071046371  さらに行った検査が、前にも紹介した図形を描くことだ。手術後とほとんど変わらず、まずまず真っ直ぐ描けた。

Img202005071046451  これは冗談ではなく描いた左手での曲線だ。左手で描いたのは子どもがいたずらをしたような曲線になっているが、まじめに描いたものだ。手術前は、右手も同じような状態だった。ちょっとわかりにくいかもしれないが、上の図と下の図でははっきり違っている。震えがかなり収まったのだ。

 さらに、このリハビリ室で行ったのがコップ一杯に入った水を他のコップに移す実験だ。右側の手で移した時にはほとんどこぼれなかったのが、左手だとこぼれてしまった。右手が大幅に改善された証拠だ。これを見た主治医の先生が、「ウム、順調に回復しているね」と納得していた。

 上の図を写真に撮ってブログにップしたいと申し出ると、「これはこの病院の宣伝にもなる」と即OKしてくれた。先生にはブログの話をしていたのだ。約1時間の検査だったが、無事終了した。帰りはタクシーではなく歩いて駅に向かった。

【5月7日の歩行記録】8,677歩 5.8km

 

|

« №5019 母の日のプレゼント | トップページ | №5021 4月に読んだ本 »

健康」カテゴリの記事

コメント

シンさん
本態性振戦の手術をしてから順調に回復しているようで、本当に良かったですね。
秋にでも新型コロナウイルスが収束したら一杯やりたいですね。

投稿: 竹ちゃん | 2020年5月 9日 (土) 午前 10時26分

手術した右は劇的によくなりました。
ただ、残念ながら海外旅行とはいきませんね。
また飲みましょう。

投稿: シンさん | 2020年5月 9日 (土) 午前 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5019 母の日のプレゼント | トップページ | №5021 4月に読んだ本 »