« №5013 かかりつけ医に行く | トップページ | №5015 Ohno家に猿が入り込んだ »

2020年5月 2日 (土)

№5014 連休は那須で過ごそう

 さて、連休は那須で過ごそう。車で行くことにした。ところが手術の後遺症か、手術をした右足に力が入らない。車の乗ろうとしたら、転んでしまった。女房は、あらどうしたのという顔で見ていた。ただ、右足に力が入らないことは言わずに那須に向かった。運転では、どうしても車は右に傾きがちだ。それに注意しながら運転した。いつも通り3時間ほどで那須に着いた。

Dscn2106  《繭の里》には、いつも通りの人が来ていた。2軒右隣のMさんちは家族を上げてきているようで、親のほか子供や孫一家で賑わっていた。向かいのOhno家では、旦那のほかに奥さんも来ていた。奥さんと一緒に友だちも一緒だった。5月入って暖かくなったせいか、那須は春爛漫だ。ちょうど山桜が満開だった。山桜の木は高い。5~6mの高さであるが、白い花びらはよく見ないと分からない。目を細めてみたら、たしかに満開だった。

 女房から預かった漬物をお土産にKayoさんに持って行った。相変わらずご夫婦とも元気だった。手術をしたことを伝え、きれいに剃った頭を見せた。「あら、似合うじゃないの」と褒めてくれた。隣のMatsukawaさんと一緒にコーヒーの豆を買いに行くという。家を見たら、わが家もちょうどコーヒーが切れているようだった。一緒に行くことにした。

Dscn2109  そのコーヒー店には野を越え、川を渡っていく。途中はミズナラの林だ。枝に新芽が萌え始めている。なすに季節季節にいろいろな見どころがあるが、私が思うに一番きれいなのは、新芽が萌えるこの時期だ。新芽は黄緑色で鮮やかだ。この黄緑色は。わずか3~4日のことだ。那須にいないと分からない。例年は5月10日前後にこの現象が見られるが、今年は10日ほど早い。

Dscn2107  さて、このコロナ騒ぎでコーヒー店はやっているのだろうか。「お日さま堂」というお店はやっていた。ただ、この店に行くとご馳走してくれる無料のコーヒーは、この日はなしとのことだ。しようがない、コーヒー豆だけを買うことにした。

Dscn2110  いろいろと豆の種類は多いのだが、私が買ったのは「ブラジル」という種類の豆だ。自宅にコーヒーの豆を引く機械があるのかどうかわからないので、粉に引いてもらった。これで明日のコーヒーの心配はしないですみそうだ。

【5月1日の歩行記録】8,203歩 5.5㎞

|

« №5013 かかりつけ医に行く | トップページ | №5015 Ohno家に猿が入り込んだ »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5013 かかりつけ医に行く | トップページ | №5015 Ohno家に猿が入り込んだ »