« №5071 庭の草花の移植 | トップページ | №5073 BSアンテナを見てもらおう »

2020年6月30日 (火)

№5072 那須街道をゆっくり走ろう

 那須には「那須街道」というメインロードがある。この道は、東北自動車道の那須インターから茶臼岳の麓の5合目まで続く。繁忙期は大渋滞で、地元の人はこの道を敬遠する。この街道には裏道があるのだが、地元の人以外はほとんど知らない。したがって観光客は、大渋滞にもかかわらずこの道を使うしかないのだ。

 この那須街道には、また那須の名物レストランがたくさん並んでる。焼き肉店が多いのだが、蕎麦屋やイタリアンレストランなども目に付く。ただ、私は自宅でご飯を食べることが多いので、ほとんどこういうレストランに入ることはない。なかには名物焼肉屋さんもあるようで、私の友達の中には、ここで焼き肉を食べるのを楽しみに那須にやってくる。一度同席したことがあるが、びっくりするほど値段が高かった。

 この日は天気も良かったので、ゆっくり那須街道を車で走ってみた。意外と見逃していた観光スポットもあった。那須街道から少し入ったところに射撃練習場があった。初めて行ったのだが、ライフルのクレー射撃をしている人がいた。射撃を見ていたのだが、結構上手な人が多かったね。突然飛び上がるクレー(皿)を打ち落とすのだが、私は見ていた人は8割がた撃ち抜いていた。

 この射撃場から少し行ったところに、那珂川の簗があった。こんなところに簗があるんだと、これも新発見だ。残念ながら、簗が始まるのは7月2日とのことで、簗場は準備中だった。那珂川の天然アユが食べられるなら、一度来てみたいと思う。

Sdscn2230  ちょうどこの時期は、那須街道は「紫陽花街道」になる。道路の両側に紫陽花がびっしり植えられている。この紫陽花を見物に来る観光客も多いようで、道路の草刈りやごみ集めをしている地元のボランティアが目についた。

Sdscn2234  この紫陽花街道は、また、赤松の街道でもある。街道沿いにある説明看板を読むと、約9000本の天然の赤松があるのだそうだ。なかには100年を超えるものもあるという。赤松の寿命は7~80年というから、結構の大木である。ただ、この赤松は風に弱く、一昨年の台風でだいぶ倒れていた。以前、昭和天皇が那須の御用邸に行くときにはこの街道を通り、ずいぶんこの赤松を愛したようだ。昭和天皇の愛した赤松は、国有林にも指定されているという。

Sdscn2235  この那須街道は国道4号線まで続くが、この日はその先の伊王野の道の駅まで行ってみた。この道の駅は前から気になっていて、一度行きたいと思っていた。約20㎞弱あった。車で30分ほどだ。この道の駅のレストランの前で、蕎麦を打っていた。お昼だったので盛りそばを食べた。これが甘くてとても美味しかった。久し振りに美味しい蕎麦を食べたね。

【6月29日の歩行記録】2,854歩 1.9㎞

【6月29日のアクセス数】335アクセス 訪問者78人

|

« №5071 庭の草花の移植 | トップページ | №5073 BSアンテナを見てもらおう »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5071 庭の草花の移植 | トップページ | №5073 BSアンテナを見てもらおう »