« №5049 アメリカの暴動は治まらない | トップページ | №5051 5月に読んだ本 »

2020年6月 8日 (月)

№5050 パソコンを探しに

 那須で、私の持っているノートパソコンが壊れてしまった話をした。普通5~7年の寿命といわれるパソコンだが、もう10数年たった。この壊れたパソコンは寿命だった、と諦めた。ただパソコンは、なければないで不安なものだ。しようがない、新しいものを買おうかな。

Img202006061205111  私が電気製品を買うのは、車で15分くらい行ったところにある大型電気店のY電機だ。ここは電気製品の売り場だけではなく、パソコンの相談や修理も受け付ける窓口がある。とりあえず、壊れたパソコンを持ち込んだ。当然どこでも同じ対応だったが、矢張りモニター画面の破壊が原因だという。

 それはそれでしようがない。この壊れたパソコンに残っているデータを取り出せないものか相談した。係員は別のパソコンっを持ち出して、壊れたパソコンとケーブルでつないだ。壊れたパソコンのデータが見れた。係員は、「液晶画面の故障なので、液晶を取り替えてあげれば見ることができますよ。例えば自宅のテレビにつないでも、ケーブルさえあれば見れます」といっていた。

 USBを持って行ったので、映し出されたデータをその場でUSBに移し替えた。壊れたパソコンに別に重要なデータがあるわけではなかったが、それでも「海外旅行」「俳句」等のフォルダをUSBに移し替えた。そして、念のためにパソコンとテレビをつなぐケーブルを買うことにした。

 その係員に新しいパソコンも欲しいと話した。自宅にデスクトップパソコンがあるので、ノートではなくモバイルパソコンが欲しいと私の要求を伝えた。一緒に売り場を見て歩きながら、具体的な話もした。私が欲しいパソコンは、メモリーは8GB、ストレージは256GB以上、それに軽くて長持ちするバッテリーだ。液晶の大きさも、13~4インチ以内だ。それに安ければなお結構。それにOfficeが必需品だ。

Img202006061205051lenovo  私の要求にぴったりあうパソコンが見つかった。中国製のLenovoだ。私は今までほぼ富士通一辺倒で来ていた。ただ、今回壊れたのは東芝のDynabookだった。しかし、中国製品は使ったことがない。「今ではどこのパソコンもそんなに大差はありませんよ」と係員は言っていたが、若干の不安がないわけではない。

 問題は値段だね。ネットで検索すれば、いくらでも安いパソコンは見つかる。ただ、私のような技術のない人間にとっては、アフターケアも大事だ。ある値段が提示された。とはいっても高いものなので、ここでパット決断するというわけにはいかない。一度冷却期間をおこうと、今回は買わないで帰った。

 たまたま息子が来ていたので、Lenovoの様子を聞いた。「どこのパソコンも同じだよ」といっていた。さて、どうするか。

【6月7日の歩行記録】12,657歩 8.5km

【6月7日のアクセス数】175アクセス、訪問者111人

 

|

« №5049 アメリカの暴動は治まらない | トップページ | №5051 5月に読んだ本 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5049 アメリカの暴動は治まらない | トップページ | №5051 5月に読んだ本 »