« №5093 スペインへの憧れ | トップページ | №5095 ペリーの町浦賀を歩く »

2020年7月22日 (水)

№5094 定例俳句会に備えて

 毎月第三火曜日は、わが「伊奈桟雲の会」の定例俳句会である。何度かお話ししているが、私はこの日のために会報を作成、印刷している。ただ、今月はいつもと事情が違った。毎月一号だけ発行する会報だが、今月は8月がまた通信句会ということもあり、翌月分を含めて二つの号を発行することにした。とはいっても、会員の協力なしには出来ないことだ。

101_20200721073701  まず作ったのが、第101号だ。兼題は「トマト」である。この会報にはある事情が潜んでいた。というのも、この5月6月と編集がいつもより早く回っている。私も変だと思っていたが、Yamahiko先生からも音が上がった。「原稿を書く期日が早すぎる」というのだ。

 そしたら、会員から「4月の俳句が載った会報がない」という指摘が出たのだ。3月、4月、5月と通信句会が続いていたのだが、この事態に先生も私も慣れておらず、そのうち4月の俳句を飛ばしてしまったのだ。原稿があるので、会報を作るのはそんなに難しくはない。そう思いながら作った会報だが、18頁とむしろいつもよりボリュームの多い会報に仕上がった。

 会報には、毎月【編集後記】を載せている。たまたま顧問のSenshuさんから葉書が寄せられていた。その内容を載せることにした。「句集『桟雲』百号おめでとうございます。会員皆様の努力の賜物と存じます。特に貴兄の実行力に敬服いたしております。生憎途中より外れましたが、いつもいただく句集で皆様の句を拝見、勉強させていただいております。メンバーの出入り等何かと大変とは存じますが、ご健吟と、会の益々の発展を祈り上げます。」

 そう、SenshuさんはYamahiko先生の盟友で、この「伊奈桟雲の会」立ち上げに際して、2年ほどお手伝いに来ていただいていた。そして、このSenshuさんは、私の高校の大先輩でもあるのだ。

Photo_20200721075601  さて、次の会報の作成に取り掛かろう。印刷した会報と清記表は、丁合をとる必要があるのだ。結構場所をとるので、いつも居間の食卓を利用してる。印刷したものを広げ、一枚一枚丁合をとっていく。普通は足りなくなるはずはないのだが、今回はなぜかしら頁によってばらつきが出た。原因を考えるよりも、足りない分を印刷したほうが早い。

102  そして、無事新しい第102号が完成した。この号は、本来は8月の句会に向けて作られるべきはずのものだった。1か月早く出来たのだ。これもあらかじめ先生にお願いしていたのだが、8月の兼題は「甘酒」だそうだ。甘酒が夏の季語とは知らなかった。

 かくして、2ヶ月分の会報を携えて7月の句会に臨む。会報も大事だが、果たして今月作ったわが俳句の評価はどうなるのだろうか。

【7月21日の歩行記録】2612歩 1.8km

【7月21日のアクセス数】121アクセス 訪問者79人

|

« №5093 スペインへの憧れ | トップページ | №5095 ペリーの町浦賀を歩く »

俳句」カテゴリの記事

コメント

本当にご苦労様でした。
100号達成のお礼&お疲れ様で
一杯ご馳走したいところですが、
コロナが落ち着くまで、今しばらくお待ちくださいませ!

投稿: tae | 2020年7月22日 (水) 午後 07時35分

Taeさん
コメントありがとうございます。
会報を作るのは苦痛ではありません。
楽しくやらせていただいていますので、
お気遣いなく…。

投稿: シンさん | 2020年7月23日 (木) 午前 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5093 スペインへの憧れ | トップページ | №5095 ペリーの町浦賀を歩く »