« №5077 7月の俳句を考える | トップページ | №5079 スポーツも徐々に旧に返る »

2020年7月 6日 (月)

№5078 災害列島「ニッポン」

 この時期に毎年繰り返される水害が、この週末にまた起こった。熊本県の球磨川沿線にものすごい雨が降った。夜9時から朝9時までのわずか12時間で400㎜以上の雨が降った。その結果球磨川沿線が大洪水になり、大きな被害をもたらした。

 それにしても、水の被害というのは怖い。この水害である被害地区では、あっという間に11メートルの増水だった。二階に逃げていた人も水に浸かったという。家も流されていたし、球磨川にかかっていた橋も、多くが流されてしまった。

 そもそも球磨川は暴れ川で、過去、何度も水害にあっていたらしい。急流で川幅が狭く、この川に流れ込む中小河川も多いようだ。さらに球磨川には山が迫っていて、雨が降ると山から倒木、流木が流れ出す。水が引いてみると、橋の上に大量の倒木流木の山が残った。私は球磨川には行ったことがない。

 人吉市、球磨村等沿線都市はほぼ壊滅状態になった。家は水に洗われ、道路や線路はズタズタになった。わずか12時間の被害だったにもかかわらず、この復旧工事を思うと、とてつもない時間がかかるだろう。大変な人的作業と金がかかりそうだ。しかも熊本への雨は、いまだ収まっていない。

 このところ、「線状降水帯」という言葉をよく聞く。前線の影響で、ひとところに短時間に集中的に降る雨の帯だ。今回の水害を見ても、球磨川上空はこの線状降水帯に覆われていた。しかも夜中だったので、逃げ遅れた人も多かった。特別養護老人ホーム「千寿園」も大変な被害にあった。このホームの一階にはあっという間に水が襲ってきて、逃げ遅れて亡くなった方、心肺停止の方が多かった。

 この突然の災害にどう対応したらいいものだろう。あらかじめ逃げておくというわけにもいかないだろう。なんとも、被害者にはお見舞い申し上げるというしかない。

 地球の温暖化とともに、このような災害は毎年のように繰り返される。自分で自分を守る、としか言いようがない。

【7月5日の歩行記録】8,227歩 5.5km

【7月5日のアクセス数】アクセス数213 訪問者114人

|

« №5077 7月の俳句を考える | トップページ | №5079 スポーツも徐々に旧に返る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5077 7月の俳句を考える | トップページ | №5079 スポーツも徐々に旧に返る »