« №5089 藤井聡太7段「初戴冠」 | トップページ | №5091 久し振りに東北道「蓮田SA」へ »

2020年7月18日 (土)

№5090 赤ワインにはまる

 覚えているかもしれないが、5月21日の記事で「晩酌に赤ワインを」という記事を載せた。新聞広告で11本で6000円の赤ワインの広告が載っていた。あまりにも安いのでこの赤ワインを買った。そうだね、一ヶ月ほどですべて平らげた。普段酒を呑まない女房も、この赤ワインには一杯だけ付き合ってくれた。

 このワインの産地はいろいろとあり、フランス、イタリアはもちろん、チリやオーストラリア、ブルガリアなど様々だった。美味しいワインもあったが、少し渋めのものもあった。それぞれ好みがあって、矢張り渋めのワインを女房は敬遠していた。私はアルコールであれば何でもいいたちで、それぞれ美味しく飲んだ。ただ、安いだけあって総じて若いワインだった。

Photo_20200716103701  それ以来、晩酌はビールを飲んだ後は赤ワインと決めた。自宅には焼酎も日本酒もウィスキーもあったが、それらには一切手を付けていない。もっぱら赤ワインのみだ。

 セットで買ったワインを飲み終えた後は、近くのスーパーで赤ワインを買ってくる。飲んでいる赤ワインは1000円前後で、安物だけど美味しい。これで十分だ。

 晩酌では私が3杯ほど、女房は1杯飲んでいるが、それでも2~3日で一本がなくなってしまう。その都度、またスーパーで買ってくる。自宅には空になったボトルが山となっている。

 安ワインを飲んでいると、値段の高いワインの味を忘れてしまう。もっとも、あまり高いワインは飲んだことはないのだが…。一度高いワインも飲んでみたい。高いといっても、せいぜい3000~4000円のワインではあるが。

【7月17日の歩行記録】9,587歩 6.4㎞

【7月17日のアクセス数】140アクセス 訪問者89人

|

« №5089 藤井聡太7段「初戴冠」 | トップページ | №5091 久し振りに東北道「蓮田SA」へ »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5089 藤井聡太7段「初戴冠」 | トップページ | №5091 久し振りに東北道「蓮田SA」へ »