« №4611 やはり那須は涼しい | トップページ | №4613 庭の草刈り »

2020年8月 9日 (日)

№4612 那須で恒例の展示会

Dscn2314  毎年8月上旬から下旬に開かれている那須の展示会、「楽しうれし展」が今年もOhno家の別宅で開かれている。ただ、例年は繭の里のあちこちに展示会案内の看板が立つはずが、今年は見当たらない。どうしたのか聞いてみたら、「今年はコロナウィルス騒ぎで、あまり大げさにはしたくなかったの。例年出す案内はがきも最小に控えた」のだそうだ。

 この展示会の狙いは、埼玉に住む顧客にも那須の涼しさを一緒に味わってもらおうという趣旨だった。ただ今年は例年と違って、宣伝も控えたのだそうだ。その結果、埼玉からの客は減ったが、地元のお客さんが来てくれているという。「客数は減ったが、じっくり商品を選定する時間が増えたので、売り上げはそんなには変わらないのよ」とはKayoさんの話だ。

Dscn2321 Dscn2324  展示品は、例年とそんなに変わらない。一番目立ったところに飾ってあるのが婦人もの用品だ。女房もいろいろと作品を出品しているが、「白いパンツが3本売れたのよ」と嬉しそうの話していた。ただ新作の作品はだめらしい。なんでもオーソドックスなものはいいが、奇抜なものはだめと話していた。

Dscn2319  先日来埼玉の自宅で共同で制作していたテッシュケースは、大宮に行く交通費程度は売れたらしい。ただ、目的の島根は遠い。

Dscn2322  そのほかに婦人小物や篭等例年と同じようなものが並んでいた。興味や関心のある方は、那須の涼しさを求めながら遊びにおいでください、とのことだ。

【8月8日の歩行記録】4,739歩 3.2㎞

【8月8日のアクセス数】199アクセス  訪問者78人

|

« №4611 やはり那須は涼しい | トップページ | №4613 庭の草刈り »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4611 やはり那須は涼しい | トップページ | №4613 庭の草刈り »