« №5133 東北道蓮田SAで買物 | トップページ | №5135 月の変わり目が天候の変化か »

2020年8月31日 (月)

№5134 池江璃花子の復活

Photo_20200831095101  スーパースイマー・池江璃花子が復活した。先日行われた「東京都特別大会」の50m自由形でだった。

 ご存知のように、池江は昨年の1月に白血病と診断された。それから闘病生活が続いた。時々彼女の動静が伝わってきていたが、その闘病はすさまじいものだったらしい。髪の毛は抜け、吐き気に悩まされ続け、「もう死にたい」と思うほどだったようだ。当然、水泳に復帰できるような状態ではなかったらしい。

 彼女のオフィシャルサイトやTwitterでその動きは知っていたが、徐々にその状態から回復して、今年の3月に病後初めてプールに入ったらしい。400日ぶりのプールでの楽しい思いが伝えられていた。ただ、病気発覚以来、池江は東京オリンピックは無理で、次のパリ大会を目指すと明言していた。

 今回の東京大会は、池江の594日ぶりのレースとして注目された。結果は26秒32と、その組のトップだった。そして55人出場のレースで5位の成績だった。もちろん、彼女が持つ日本記録24秒21には2秒以上も足りなかったが、復帰の大会としてはまずまずだったのではないか。そして、当面の目標である日本学生選手権(10月、東京辰巳国際水泳場)での個人種目参加標準記録26秒86をクリアした。

Photo_20200831102001  ただ、彼女の姿をみると、随分筋肉が落ちていた。体に恵まれた彼女の往年を思うと、まさにガラガラという感じだ。それだけ筋肉が落ちていたにもかかわらず、レースに出て結果を残すところに池江の凄さがある。東京オリンピックが一年延期になったので、それに間に合わないかと思うのは期待のし過ぎかもしれない。

 彼女の泳ぎを見て、東京都水泳協会会長の北島康介は、「彼女を見て多くの人が勇気づけられたし、僕もその一人。このタイミングで出てくれたことに感謝しています 」と語っている。さらに、萩野公介は「奇跡。グッとくるものがあった」といっていた。メダル候補の入江陵介も「水泳はパワーではなく、テクニック」と勇気を新たにしたと語った。

 海外からも、池江の泳ぎに驚きを持ったと伝えられている。

 病気をするまでの池江は強かった。泳ぐたびに記録を更新していった。東京オリンピックではいくらメダルを取るだろうかと、私は期待していた。それが白血病と分かり、がっかりした思いがある。それだけに、筋肉は落ちたとはいえ、プールに戻ってきてくれたことを喜びたい。まあ、無理をせずに徐々に復活することを願う。

【8月30日にアクセス数】131アクセス 訪問者80人

|

« №5133 東北道蓮田SAで買物 | トップページ | №5135 月の変わり目が天候の変化か »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

池江選手の頑張り嬉しいです。😃
昨年の1月16日に大学の後輩を急性白血病で亡くしましたので、同時期に発病を知った彼女を強く応援する気持ちになりました。
順風満帆だけが人生ではありませんから~

投稿: アスペル山ちゃん | 2020年8月31日 (月) 午後 08時05分

山ちゃん
コメントありがとうございます。
「順風満帆だけが人生でない」
に共感します。
この病気を経て
彼女がますます強くなる
といいですね。

投稿: シンさん | 2020年9月 1日 (火) 午前 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5133 東北道蓮田SAで買物 | トップページ | №5135 月の変わり目が天候の変化か »