« №5147 大坂なおみ全米OP制覇 | トップページ | №5149 第1回飯能パークを楽しむ会 »

2020年9月14日 (月)

№5148 稲刈りたけなわ

Dscn2397  自宅を出てちょっと行くと、田んぼが広がっている。そこでは盛んに稲刈りが行われている。稲刈は、見ていて楽しい。黄色く実った稲が、次々と刈り取られていく。田植といい、稲刈といい、農業の機械化が進んでいる。農家の方にお話を伺うと、「機械化なしに今の農業は成り立たない。手で植えたり、手で稲を刈るなど考えられない」と話していた。

Dscn2408  大概、稲刈機はお父さんの仕事のようだが、なかにはお母さんが運転する稲刈機もあった。見ていると、自分でもできそうな気がする。ロの字にきれいに刈っていく。うまいものだ。

Dscn2402  刈り取った稲は、小型トラックに自動的に移されていく。この作業を見ていて、今年の稲作の状況を聞いてみた。「今年は7月までは長雨の影響が出て、8月は暑かったが、あまりよくないね。目安として一反歩あたり450㎏の収穫があると豊作というのだが、今年は400㎏から420㎏当たりじゃないかしら」といっていた。

Dscn2404  それにしても、7月末までの長梅雨を思うと、よく回復したものだね。稲刈りを見ていたのは私だけではなかった。多くの白鷺が、ジッと稲刈りあとを見ていた。落穂拾いのためなのだろうか。数えてみたら30羽以上もいた。こんな多くの白鷺がこの付近に住んでいると思うと、感激だった。週末は雨のようだ。刈り取りに精が出ていた。

【9月13日の歩行記録】8,377歩 5.6㎞

【9月13日のアクセス数】143アクセス 訪問は94人

|

« №5147 大坂なおみ全米OP制覇 | トップページ | №5149 第1回飯能パークを楽しむ会 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5147 大坂なおみ全米OP制覇 | トップページ | №5149 第1回飯能パークを楽しむ会 »