« №5153 那須の土地は動いているのか | トップページ | №5155 ブログ読者から声がかかる »

2020年9月20日 (日)

№5154 彼岸花の咲く農道

 埼玉の自宅では散歩道が確立しているが、那須ではいつもどこを歩くのか迷っている。というのも、どういう道を歩くと一日の目標が達成できるするのかわからないからである。それと、那須は坂道が多い。そんな急な道ではなくても、体には堪える。さて、今日はどこを歩こうか。とりあえず、裏道を歩いて農道に出た。

Photo_20200920095701  この道も良く歩く道だ。しかし、今回は景色が変わっていた。道端には、一面に彼岸花が咲いていた。こんなに彼岸花があるのを目撃したのは初めてだ。しかも、この近辺一帯の道端に咲いていた。果たして自然に生えた彼岸花だろうか。これだけの彼岸花を手で植えるのは無理だろう。

Img20200920144935   残念ながら、盛りは過ぎていたが。この彼岸花に群れているアゲハチョウを見ると、この花にも蜜があるのだろうか。

Photo_20200920100201  この農道を歩いていると、田んぼの下に椅子があった。何もない農道に、ポツンと椅子が置かれているのを奇異に思った。あれ、その椅子の上に何やら置かれているぞ。

Photo_20200920100601  よく見ると、その石には何やら書かれていた。読んでみたら、「ちょっと一息 空を見上げてみませんか」とペンキで書かれていた。粋な計らいである。しばらくこの椅子に座り、ボーっと空を見上げていた。この農道は誰も通らない。しばらくこの椅子を独り占めにした。

Photo_20200920101101  さて、今日の目標はここではない。この脇道を登っていった。登っていった先に釣り堀がある。ずいぶん多くの人がいた。なんでかなと思ったら、連休の初日で多くの観光客が来ているようだ。この釣り堀にはニジマスやヤマメが放ってあり、まるで入れ食いだ。釣竿を垂れると、すぐに釣れるのを見ているのは楽しかった。釣った魚は、一匹いくらかで買うことになるだろう。

 それにしても、那須に観光客が戻ってきたのは良かった。ただ、この繭の里に入ってくる観光客はいない。繭の里は、静寂を保っている。

【9月19日の歩行記録】6,116歩 4.1㎞

【9月19日のアクセス数】124アクセス 訪問者77人

|

« №5153 那須の土地は動いているのか | トップページ | №5155 ブログ読者から声がかかる »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5153 那須の土地は動いているのか | トップページ | №5155 ブログ読者から声がかかる »