« №5154 彼岸花の咲く農道 | トップページ | №5156 連休の那須の人出 »

2020年9月21日 (月)

№5155 ブログ読者から声がかかる

Photo_20200921091701  私が那須でブログを書いているのは、ウッドデッキの上である。朝食が済んで一段落して、さてブログを書こう。この日もブログ記事を書き始めたのが、午前10時ころだった。

 そしたら、通行人から声がかかった。「繭の里通信のブログを書いているシンさんですか?」と聞いてきた。そうですよと答えたら、「私も時々ブログを見させていただいています」というのだ。全然知らない人だった。

 その人が言うには、「繭の里」でネット検索をしていたら私のブログに行きついたとのことだ。読んでいるうちに、共通の話題がたくさんあったことに気が付いたらしい。一つは、埼玉でも同じ町に住んでいるとのことだ。場所は若干離れているが、それでも私の住まいも知っているらしい。さらに、先日話題にした「温々」というカフェにも時々行くらしい。東北道の蓮田サービスエリアも、買い物に行くなど共通の話題が多かった。思わず、長話になった。

 彼女は結婚して、千葉の九十九里に住んでいたようだ。一人娘が大きくなって、九十九里が不便なので、両親が住む町に引っ越してきたという。「九十九里は学校に行くのにも不便で、例えば千葉に出るにも2時間もかかるのですよ」と言っていた。子どもが大きくなって、交通の便がいい両親の近くに引っ越したのだそうだ。

 私の住んでいる町は田舎のようだが、結構交通の便がいいのだ。東京駅にも43分ほどだし、新宿にも40分ほどで行ける。横浜にも1時間ちょっとだし、本当に便利な場所だ。電車も1時間に7~8本はあるし、何より電車が空いているのがいい。彼女にもその話をした。

 なぜ那須に来たのか聞いてみたら、両親が30年来、那須に別荘を持っているらしい。学校の休みを機会に、旦那と一緒に那須に遊びに来たと言っていた。いずれ共通の話題が多いので、これからも時々ブログを読ませてもらいます、と話していた。あまり突然のことだったので、お茶だしもできなかったのが、つくづくも残念だった。

 夕方には、「シンさん、元気」と声がかかった。誰かと思いウッドデッキに出てみたら、Ohnoさんの家の隣に別荘を構えているのぶちゃんだった。彼女とも久し振りにお会いした。「毎日ブログを見ていますよ」とのことだ。旦那ともども、彼女も長い読者だ。

 たまたま、この日は2人の読者から声がかかった。うれしいことである。

【9月20日の歩行記録】7,626歩 5.1㎞

【9月20日のアクセス数】137アクセス 訪問者80人

|

« №5154 彼岸花の咲く農道 | トップページ | №5156 連休の那須の人出 »

那須【あるるのいえ】」カテゴリの記事

コメント

私も久しぶりにお会いできて嬉しかったです(^。^)
主人は時々一人で来ていましたが、私は3ヶ月ぶりのNASUでした。
自宅でもシンさんブログから 繭の里の情報がわかるのでとてもありがたいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします*\(^o^)/*

投稿: のぶちゃん☆ | 2020年9月22日 (火) 午前 12時47分

のぶちゃん
コメントありがとう!
那須でもネット接続しているのですね。
また那須でお会いしましょう。

投稿: シンさん | 2020年9月23日 (水) 午前 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5154 彼岸花の咲く農道 | トップページ | №5156 連休の那須の人出 »