« №5144 8月に読んだ本 | トップページ | №5146 私のお気に入りのカフェ »

2020年9月11日 (金)

№5145 屋根修理見積に別の業者も

Dscn2396  私の散歩コースに、屋根修理と家の塗装をする業者があった。先日、二つの業者に屋根を見てもらったが、知識が多いほうがいいだろう。この会社に飛び込み、話を聞いた。営業部長という人が出てきて、いずれ現場を拝見したいとのことだ。事務所には様々な屋根材があり、その話も伺った。新しい屋根材は、瓦の10分の一の軽さだという。

 そして、その営業部長が私の家を見に来た。事務所からものの3分ほどのところだ。この部長は、屋根とか雨漏りの状況を40分ほど見ていた。先日来た業者が屋根に上った話をすると、屋根に上らなくても外から見てわかるのだそうだ。カメラを持って、いろいろな角度から写真を撮っていた。

 そして診断結果を聞いた。屋根瓦を支えている漆喰がボロボロになっているとのことだ。さらに、長い間に瓦の様々な個所がずれているらしい。先日の業者は屋根の全面葺き替えを勧めていたが、この業者の診断は違っていた。

 二階にかかっている屋根瓦は雨漏りがないので、ずれを直す程度でいいのではないかという。ただ、一階にかかる屋根は漆喰が痛んでいて、葺き替えたほうがいいのではないか、と言っていた。二階は瓦でいいが、一階の小屋根はトタンで葺き替えるだけでも、ずいぶん家にかかる重量は変わるらしい。雨漏りもそれで防げると言っていた。

 さらに、この業者は家の塗装もすると言っていた。この家を前回塗装して、もう20年も経っている。そろそろ塗り替えの時期だとも思っていた。今回家を診たこの部長は、塗装もそろそろ限界で、手に塗料が付いたと言っていた。いずれ、屋根の修理と家の全面塗装を含めた見積もりをお願いした。

 正確に見積もりを出してみないと分からないが、ざっと150~160万円かかるのではないかとのことだ。キャッシュで払えないというと、利率2%のローンが組めるらしい。さらに、火災保険から補償が返ってくる可能性があると話していた。

 雨漏りの話を聞いた女房の友達は、「雨漏りで家に住めないわけがない、家にたくさんバケツを用意していたらいいのよ」と言っていたらしい。けど、私の最後の工事として、屋根修理と家の塗装をやろうかな。ほとんど何も知らない者にとって、いろいろな業者から話を聞いて、有益だった。いずれ見積書を見て決めたい。

【9月10日の歩行記録】12,832歩 8.6㎞

【9月10日のアクセス数】119アクセス 訪問者78人

|

« №5144 8月に読んだ本 | トップページ | №5146 私のお気に入りのカフェ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5144 8月に読んだ本 | トップページ | №5146 私のお気に入りのカフェ »