« №5140 雨漏りのする家 | トップページ | №5142 俳句作りは散歩しながら »

2020年9月 7日 (月)

№5141 台風10号の影響

 近来にない大型で強い台風10号の来襲で、気象庁から厳重警戒警報が出ていた。警報によると、この台風は915hPaまで下がり、瞬間風速は最大85mになる恐れがあるとのことだった。この警報のおかげで、台風の通り道では事前の避難が相当徹底された。

 さて、台風が通り過ぎた。途中経過ではあるが、思ったほどの被害が出ていないようだ。今のところ安否不明が4人に、数十人がけがしたという。事前予報に比べて、最悪の事態が避けられたのは良かった。最大風速も、報告を見ると60メートル弱だったようだ。1000ミリメートルの雨が降るとの予報が出たが、いまのところ最大500ミリメートルくらいだったようだ。

 私が現在把握している限り、屋根の破損報告はあったが、家が吹き飛んだとの報告はない。川の氾濫は見られなかったようだし、高潮での被害も心配されたが、それほどの被害もないようだ。ただ、九州全体にわたって広域停電はあったようだ。

 前からこういうことはあったのだろうが、避難者がホテルに宿泊するというのは耳新しかった。自治体が指定する避難場所の体育館というのが普通だが、その映像を見ている限り、避難所は休まる場所じゃないなと思っていた。一晩か二晩の避難なら、ホテル泊というのは良い選択じゃないだろうか。

 こういう現象も面白いと思った。鉄骨の駐車場に自動車を避難させる現象だ。この駐車場だと、物が飛んでくる被害も水害も避けられる。ただ、皆同じことを考えていたようで、駐車場に入るのに長い時間待たされたようだ。

 ややもすると、結果的には過大警報とみられないこともないが、被害がこれくらいで済んだことを見るにつけても、過大警報でよかったのではないか。これから台風シーズンだ、過大に思えても自らの身は自ら守る、との心構えは持ちたい。

【9月6日の歩行記録】6,293歩 4.2㎞

【9月6日のアクセス数】142アクセス 訪問者87人

|

« №5140 雨漏りのする家 | トップページ | №5142 俳句作りは散歩しながら »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5140 雨漏りのする家 | トップページ | №5142 俳句作りは散歩しながら »