« №5174 県別ブログ訪問者に変化が | トップページ | №5176 ナゴルノ・カラバフの停戦 »

2020年10月11日 (日)

№5175 雨の中の散歩

 毎日歩くことを日課にしている私にとって、雨だからといって中止するわけにはいかない。ところが、このところ雨が続いている。気が重いが出かけよう。問題は、わが家には長靴がないことだ。あるにはあったが、ボロになって捨ててしまった。それ以来、長靴のない生活が続いている。もちろん、那須にはあるのだが。

Photo_20201011103501  長靴がないので、ズック靴で出かけた。帰ってきたらズボンはびちょびちょだし、ズックも雨で濡れていた。女房にそのことを言ったら、「買ってきたらどうなのよ」の一言だった。仕方がない、近くの大型日用雑貨店に行き、待望の長靴を買ってきた。日用必需品なのでもっと早く買っておいたらいいようなものだが、いままではあまり必要としていなかった。

 さて長靴を手に入れたので、さっそく散歩に出た。この日も結構雨が降っていた。しかし、長靴は快適だった。私は足の長さは26㎝だが、この雑貨店でいろいろな種類を履いてみたが、ぴったりくるものと少し小さく窮屈な靴があった。そして今回買った靴は、少しつま先に遊びがあって、歩いている違和感はなかった。

Photo_20201011103701  いつも歩く散歩道には川や用水がある。綾瀬川の水は増水していて、いつもの二倍ほどある。こんな増水した綾瀬川を見るのは久しぶりだ。おや、こんな雨の中でも釣りをしている人がいる。いつも、この綾瀬川には太公望が多い。鯉やヘラブナが多いのだ。自分の釣り場を作っている人もいる。しかし、こんな雨の中釣りをしているのは驚きだ。普通、水が多いと魚は出てこないのかな。

 そういえば、この散歩道に橋がある。いつもは、餌を求めて10匹ほどの鯉が集まってくる。橋の上で餌をやっている人も見かける。人影を見て、餌にありつけると鯉も知っている。ただ、増水したこの日は鯉はいないだろうと、川を覗いてみた。私の姿を見て、1mほどの一匹の鯉が寄ってきた。

Kamo  さらに増水に備えて、見沼代用水の水が半分ほどに減っていた。この用水は、利根川を源としている。いつものことだが、増水すると利根川の源の栓を閉めているようだ。ゆるやかに流れる見沼代用水に、鴨が悠々と浮かんでいた。流れが緩やかなので安心しているのだろう。

 長靴をはいていたのでズボンは濡れなかったが、それでも上着は濡れていた。

【10月10日の歩行記録】8,800歩 5.9km

【10月10日のアクセス数】158アクセス 訪問者83人

|

« №5174 県別ブログ訪問者に変化が | トップページ | №5176 ナゴルノ・カラバフの停戦 »

街歩きの楽しみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №5174 県別ブログ訪問者に変化が | トップページ | №5176 ナゴルノ・カラバフの停戦 »