« №4700 わが家の初冬の風景 | トップページ | №4702 トランプの四面楚歌 »

2020年11月 6日 (金)

№4701 塗装工事終わる

Photo_20201105083701  わが家のリニューアル工事が進んでいる。工事は大きく分けて、家の全面塗装と屋根の瓦の工事である。そのうち、塗装工事が無事に終わった。足場を覆っていたカーテンを取りはずしてみたら、ぴかぴか光る新築のような家の姿が現れた。

Photo_20201105084101  もともとこの工事を決断した原因は、雨漏りにある。塗装業者によると、屋根の継ぎ目に大きな亀裂があったらしい。多分雨漏りの原因だったろう。その亀裂をきれいに埋めたと話していた。雨漏りを止めるのはなかなか難しいらしい。多分、そこが雨漏りの原因だったろうと話していた。ただ、実際雨が降ってみなければわからないらしい。幸い、塗装工事中は秋晴れが続いた。

Photo_20201105084901  私は那須に行っていて不在だったが、女房の話ではこの塗装工事は丁寧だったようだ。隅々まで塗り残しがないか確認しながら、塗装していたらしい。雨戸の色も従来は茶色だったが、今回は焦げ茶色に塗り替えられていた。雨戸はベニヤ板でできている。一度も作り替えたことがなかった雨戸は、ぼこぼこだった。今回、そこまでは考えていなかったが、傷んでいた雨戸のベニヤ板も張り替えてくれた。この雨戸がワンポイントになって、家にメリハリができた。

Photo_20201105085401  さらに、女房が気にしていたのが塀の汚れだ。塀の汚れがひどく、以前から塗り直さなければならないといっていた。その塀も塗り替えてくれた。

Photo_20201105085801  無事に塗装が終わってみると、家がきれいに生まれ変わった。塗装工事が終わって、次に屋根瓦の修理工事が始まった。この修理工事にも2~3日かかるという。営業部長がやってきて、駐車場の波板もサーヴィスで新しいものに変えてくれるという。この業者を選んでよかったね。

【11月5日の歩行記録】9,146歩 6.1㎞

【11月5日のアクセス数】132アクセス 訪問者89人

|

« №4700 わが家の初冬の風景 | トップページ | №4702 トランプの四面楚歌 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4700 わが家の初冬の風景 | トップページ | №4702 トランプの四面楚歌 »