« №4706 わが家の修築工事完了 | トップページ | №4708 家の補充工事 »

2020年11月12日 (木)

№4707 弘法山ウォーク

Dscn2546  東京シニア自然大学の講座で「弘法山ウォーク」があり、参加してきた。小田急線の鶴巻温泉で下車、そこから登るルートだ。弘法山は丹沢山系の前山で、標高237mと比較的低い。ただ今までの経験で、低いから容易と侮るとひどいことになる。このコースは、絶えず丹沢の主峰大山を見ながら歩くコースだった。この日の参加者は19名だった。

Dscn2536  案の定、歩き始めてからきつい登りの連続だ。尾根まで続くこの登りに、私は早くもゼイゼイ言った。最近毎日1万歩近い散歩をしていたので足に自信は持っていたが、その自信は木っ端みじんに砕かれてしまった。平地を歩くのと山道を歩くのでは違うのだ。尾根道に出るのには20分ほどかかっただろうか、そこからは比較的平たんな道が続いた。

Dscn2541  林の切れ目から富士山がきれいに見えた。この日は雲もなく、風も弱い絶好のハイキング日和だった。参加者のほとんどはすでに70歳代だったが、元気なものだ。なかには来年90歳を迎えるという仲間もいたが、弱音を吐くこともなく歩いていた。皆さんの話を聞くと、ほとんどの方が一日10,000歩近くは歩いているという。元気の源は散歩、と異口同音に話していた。

Dscn2543  この日の主要目的はミカン狩りだ。午前11時半頃にミカン園に着いた。入園料と1㎏のお土産付きで500円だという。大概、リンゴやナシの果樹園の食べ放題・お土産付では、そんなに食べられないものだ。しかし、参加者の皆さんはミカンをよく食べていた。私の隣にいた女性は5個も食べたという。そういう私も、5個食べた。結構おいしいミカンだった。

Dscn2542  さらにお土産に10個程度採ってもいいと言われたが、私は15個と欲張って採った。そういえば、私はミカン狩りは初めての経験だ。参加の皆さんも、このミカン狩りには喜んでいた。「この企画は毎年やってもいいね」という人もいたが、果たしてどうだろうか。

Dscn2545  ミカン園には40分もいただろうか、本日の目的地・弘法山に向かった。登りがあんなに苦しかったので、弘法山への尾根道は楽なものだ。弘法山頂上には、弘法大師ゆかりのお堂と鐘楼、井戸などがあった。お昼をとうに過ぎていたが、今日の昼食場所は、さらに15分ほど行った権現山だ。ミカンでお腹がいっぱいの一同に不満はなかった。

Dscn2547  権現山頂上は、広々とした広場になっていた。見晴らし台があり、相模湾や伊豆七島などを眺めることができた。ミカンを5個も食べてお腹いっぱいのはずだったが、お昼のコンビニ弁当もお腹に入った。

 この日は2万歩以上も歩いたので、足の筋肉がパンパンだった。そして翌日は足が上がらないのではないかと心配したが、そうでもなかった。やはり、毎日の散歩が効果を発揮したのだ。

【11月11日の歩行記録】22,110歩 14.8㎞

【11月11日のアクセス数】181アクセス 訪問者116人

| |

« №4706 わが家の修築工事完了 | トップページ | №4708 家の補充工事 »

東京シニア自然大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4706 わが家の修築工事完了 | トップページ | №4708 家の補充工事 »