« №4813 山火事に怒る | トップページ | №4815 くしゃみに要注意 »

2021年2月27日 (土)

№4814 緊急事態宣言の一部解除

 政府発表で、明後日3月1日には6府県で緊急事態宣言が先行解除される。解除されるのは、大阪府・京都府・兵庫県・福岡県・愛知県・岐阜県である。この6府県は、感染者数が一時に比べて少なくなっているし、病院の切迫度も低くなった。

 ただ、首都圏の1都3県は相変わらず緊急事態宣言下にある。首都圏では、一時に比べてだいぶ感染者は少なくなってきているとはいうものの、相変わらず3桁の感染者が出ている。首都圏の宣言は3月7日まで続くが、そこで解除なるかどうかは微妙だという。心配なのは、感染者が少なくなってきている気のゆるみである。街にはずいぶん人が出ているようである。リバウンドが心配である。

 面白いのは、世界の状況も一時に比べて感染者が大きく減少していることだ。昨日のデータを見ると、感染死亡者は久しぶりに1万人を切った。このコロナウィルスに対して、世界的にも対策が進んでいる証拠だろう。

 徐々にではあるが、ワクチン接種も進んでいる。面白い情報も流れている。BBCが、ロシアのワクチン「スプートニクV」はイギリスのアストロゼネカのワクチンをまねて作ったものだと放送していたが、そのロシアワクチンが意外と効くというのだ。このワクチンは、ロシア大統領プーチンも接種をためらっているし、ロシア国内でも接種が進んでいないという。ただ、海外に輸出されて効果を発揮しているようだ。

 ロシアも、このワクチンを輸出の目玉として進めている。ファイザーやアストロゼネカのワクチンが入手困難な中、スプートニクVは容易に手に入るようだ。日本はまだ決めていないが、各国は競ってロシアワクチン入手に力を入れているという。

 このワクチンは、また国際戦略戦に化してもいる。中国とインドが、ワクチンを援助の目玉にして低開発国の取り込みを図っているという。このコロナウィルスの影響は、世界再編にも影響を与えているのは面白い。

Photo_20210227091601  もう一方、忘れているのは今季のインフルエンザである。日本でも毎年100万人前後出ている患者であるが、今季はようやく1000人を超えた程度だという。上の表を見てもわかるように、ほぼゼロに近い。考えるに、ほぼ全員がマスクを装着しているのが、この結果を生んだのだと思う。もう少しこの面を強調してもいいのではないか。

【2月26日の歩行数】9,108歩 6.1㎞

【2月26日のアクセス数】153アクセス 訪問者75人

| |

« №4813 山火事に怒る | トップページ | №4815 くしゃみに要注意 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4813 山火事に怒る | トップページ | №4815 くしゃみに要注意 »