« №4801 昨晩の寝しなの地震 | トップページ | №4803 景気は好いのか悪いのか »

2021年2月15日 (月)

№4802 積まれた本を消化する

Dscn2754  すでにご報告しているが、私の読む本は市立図書館から借りてくる本が大半である。借りてきた本は、写真を撮って【読書ノート】に記録し、その後にパソコンの机の脇の大に載せておく。借りてきた本は最大10冊、2週間が限度である。この限度があるから、読書に拍車がかかる。あまり返すのが遅くなると、図書館から催促の電話がかかってくる。この電話が来る前になるべく返したい。

 2月1日時点で、この台の上に7冊の本が載っていた。返却期限は2月8日である。積まれた本はどんどん読んでいく。この本の山が低くなっていくのは痛快だ。そして2月9日にはあと一冊残すのみになった。2月は通常月より3日少ない。それだけ読むスピードを上げる必要がある。

 まあ、読んだ本は期限前でも返却しようと、図書館に行った。返却と同時に新たな本を借りるのが楽しみだった。ところが真の悪いことに、私が行った二回とも図書館は休館だった。一つは臨時休館だったし、もう一回は休日休館だった。いつも不満に思っているのは、図書館は市民へのサービス業務だ。休日に一緒に休むとか、公務員の業務が終わる5時に閉めてしまうのは違うんじゃないかな。

 とはいっても、休館日を確認しないで図書館に行く私も迂闊だった。返却するだけなら返却ポストがあるのだが、同時に新しい本も借りたい。3日ほど遅かったが、前回借りた10冊をすべて読み終わって、返却しながら新たな本を借りに行った。

 今回も10冊借りてきたのだが、返却期限をみたら3月6日になっていた。あれ返却期間が一週間長いなと思ったら、2月末から3月上旬までまた一週間休館するという。3月6日まで待っていられないので、休館前に本を返しに行って、新たな本を借りてくることにしよう。図書館の休館日は注意しておかなければいけない。

【2月14日の歩行数】10,755歩 7.2㎞

【2月14日のアクセス数】138アクセス 訪問者67人

| |

« №4801 昨晩の寝しなの地震 | トップページ | №4803 景気は好いのか悪いのか »

読書日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4801 昨晩の寝しなの地震 | トップページ | №4803 景気は好いのか悪いのか »