« №4797 認知症は怖いね | トップページ | №4799 にごり酒を買う »

2021年2月11日 (木)

№4798 散歩は俳句作りの宝庫

 最近、皆さんにも報告しているが、私の歩行数はコンスタントに一日1万歩のカウントを数えている。最近では、歩かないとなんだか体がもぞもぞしてくる。夏の暑い時には嫌だが、冬はどんなに寒風が吹いても平気だ。

 一方、この散歩は俳句作りの宝庫でもある。不思議なことに、俳句作りは集中力でもある。一日一句は作ろうと、散歩途中の景色を見ながら歩く。結構句材は豊富で、なんとかかんとか一句はひねり出せている。

 今月の句会も、先月と同じように皆が集まってやる句会ではなく、通信句会に決まった。先生に作った俳句を送って、添削を受ける方式だ。添削した句を会報として作っているのだが、通常句会に比べて先生が丁寧に一句一句を見ているようで、会報のページ数が増え気味である。それはそれで有り難いのだが、やはり会員の生の声は聞きたいね。

 毎月の提出句は、兼題一句と雑詠五句の計六句である。提出期限までにまだ10日もあるのだが、散歩の効用もありすでに八句が出来上がった。作ればいいというものではなく、これからが勝負だ。どう推敲を重ねていくかに俳句の出来がかかっている。今日はある句の推敲の過程を見ていただきたい。

(原句)北風(きた)強く屋敷林沿ひ避け歩く

(第2校)北風を避け屋敷林沿ひ右歩く

(第3校)北風を避け山茶花垣に沿ひ歩く

Photo_20210211110001  今のところ、第3校が決定稿だ。ただ提出にはまだ間がある。さらに推敲を重ねていきたい。

 もう一句を紹介したい。

(第1校)鳥除けの大凧泳ぐ畑の中

(第2校)鳥除けの凧翻る畑の中

(第3校)鳥除けの凧翻る畑かな

(第4校)鳥除けの凧翻る小菜園

Photo_20210211110401

 これも散歩の途中に見た光景である。ある畑に勢いよく泳いでいるものを見た。何だろうかとよく見てみたら、釣り竿に括り付けた凧が、風の中勢いよく泳いでいた。これは俳句になるなと、いろいろ手を変え品を変え考えている。

 俳句を考えながら散歩するのも、なかなか忙しい。

【2月10日の歩行数】12,390歩 8.3㎞

【2月10日のアクセス数】108アクセス 訪問者70人

| |

« №4797 認知症は怖いね | トップページ | №4799 にごり酒を買う »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №4797 認知症は怖いね | トップページ | №4799 にごり酒を買う »