カテゴリー「スポーツ」の108件の記事

2019年8月18日 (日)

№4155 高校野球、佳境に

 何しろこの暑さに外で活動する気にはならない。勢い、惰弱にも自宅でクーラーの下で高校野球を見る毎日が続いている。

 そんなに熱心に見ているわけではないが、それでも今年の勝っているチームの地域には確実に例年との違いを感じる。ベスト16に残ったのは東北が3校、北陸が3校で、中四国・九州は全滅だった。高校野球は、以前は西高東低といわれて、西のチームが強く、東のチームが弱いとされていた。去年の金足農業を見るまでもなく、勢力図が変わりつつあるのを感じる。

Photo_20190818104201  ベスト8を争う昨日の試合を見ていて、これは凄い投手と改めて感じたのが石川・星稜高校の奥川恭伸投手だ。相手の智弁和歌山も強打でなるチームだ。その智弁のバッターが、奥川の投球にほとんど対応できていなかった。奥川のボールが速いというより、球に勢いがあった。ボールがキャッチャーミットに収まってからバットを振っていた。奥川のスピードボールに三振の山を築いていった。

 昨日の試合は延長14回ということもあったが、奥川は相手から23個の三振を奪った。今大会のはじめてのタイブレークだった。タイブレークを見るのは初めてだ。延長13回からは、ノーアウト一二塁で攻撃が始まる。当然、最初の打者はバントでランナーを進める攻撃に出る。それが13回も14回も、最初の打者のバンドはピッチャー前に転がり、三塁で封殺されてしまった。バントは、三塁手に取らせるべく転がさないと成功しない。それがなかなか難しいのだ。

 三振23個は、歴代第二位とのことだ。第一位は板東英二で、延長18回で成し遂げたらしい。第二位の江川卓も、やはり延長15回で成し遂げたものだ。そういう意味では、奥川の14回での奪三振は歴代トップに並ぶものだ。今大会でとんでもない投手が出てきたものだ。甲子園大会には出なかったものの、岩手の大船渡高校佐々木朗希投手が今年の夏の№1ではないかといわれている。

 ただ、投手は厳しい試合を経験してこそ真価が問われる。昨日、奥川が14回165球を投げ切ったこと対し、佐々木朗希投手は岩手県大会の決勝戦を回避した。本人が望んだことではないといえ、その違いははっきりしている。奥川はプロ野球に行くだろうが、早くも名ピッチャーの予感がする。

 対智弁戦で150球を投げた奥川は、はたして今日な登板するだろうか。昨日の奥川は満身創痍だった。足を痛め、引きずっていた。試合後の奥川は、「気力だけで投げ切りました」といっていた。大船渡の監督ではないが、できることなら休ませてあげたい。ただ、高校野球は負けたらおしまいだ。将来を取るか、今大会での勝ちを取るか、選択は難しいところだ。

(この記事を書いている時点では、奥川が先発するかどうかはわからなかった。結局奥川を温存して、星稜が勝った。奥川を準決勝も決勝も見れるかな。)

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

№4136 高校野球岩手県大会

 高校野球の各県大会がそれぞれ決勝戦を迎え、甲子園出場校が次々と決まっていっている。今年の高校野球では、なんといっても一番大きな話題が岩手県大船渡高校の佐々木朗希投手だ。彼は、この春に163キロを出したことで知られているスピードピッチャーだ。岩手県大会では、大船渡高校は順調に決勝戦まで上ってきた。もちろん、佐々木投手の貢献大であった。

Photo_20190729095801  ところが、岩手県大会の決勝戦で監督は佐々木朗希投手を回避した。監督は、「佐々木投手はこれ以上投げさせると、壊れてしまう危険が大きかった」と回避の理由を話していた。佐々木投手については、全国の高校野球ファンから、良い決断だったという声と、投げるのをみたかったという両方の声が寄せられているらしい。

 昨日のTBSテレビで、張本勲氏は「当然投げさせるべきだった。スポーツにケガはつきもので、ケガを恐れるならスポーツなどやるべきではない」と強調していた。反対に、ダルビッシュは「回避したのはいい判断だった」という意見とは対照的だった。

 私は、投げさせるべきだったのではないかという意見を持つ。佐々木投手は、今年の岩手大会で投げた球数は435球だった。それに比して、昨年の金足農業の吉田輝星投手は800球以上も投げていた。今までも斎藤佑樹のように、1000球も投げて大投手になった人が何人もいる。400球程度で壊れるような柔な肩では、今後プロ野球に行っても通用しないのではないか。

 高校野球で常に言われているのは、過密スケジュールとピッチャーに投げさせ過ぎるという問題だ。これについては、大会の予定もあるので何とも言えない。たしかに、投げすぎて若い投手の肩を壊してきた歴史もある。

 今回の岩手大会で、監督が佐々木投手の肩を心配していたのなら、前日の準決勝で投げさせないとか、あるいは早々に交代させるという選択もあったのではないか。なんといっても、決勝戦で当たるのは菊池や大谷を出した強豪花巻東高校である。ここでエースを温存したのでは、勝てる試合も勝てないのは明らかだ。

 佐々木朗希投手は、大船渡高校でエースで四番バッターだった。エース温存は監督の考えでやむをえなかったかもしれないが、バッターボックスにも立たせなかった。チームの最強バッターをハナから外すのはどうだったのだろうか。肩とは関係ないはずだ。結果は、当然のごとく大船渡高校のぼろ負けで終わった。

 やはり、岩手県の決勝大会で佐々木朗希投手を回避したのは間違いだったのではなかったかと今でも思う。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

№4194 連日のサッカー観戦で寝不足に

 このところ、サッカーの国際大会が続いている。昔はテレビ放映がなかったが、今では放映がなされている。これがいいのかどうかはわからないが、勢い、どうしても観戦してしまう。先日は、アンダー20の試合があり、日本は準々決勝で韓国に負けた。そしていま行われているのは、ワールドカップ女子サッカーだ。土曜日には、ツゥーロンでU22の決勝戦があった。相手はブラジルである。

 金曜日の女子サッカー、対スコットランド戦は完全に観戦した。しかし、土曜日の対ブラジル戦は一方的な試合になるのではないかと思っていた。女子サッカーは、午後10時からの放映だった。前にも書いたが、優勝候補の一角にいるなでしこJapanはこの試合では負けるわけにはいかない。応援にも熱が入った。

Photo_11
 幸い、前半に岩淵のナイスシュート、それに菅沢のPKシュートで2点を獲得した。まあ、これで安心してみていられた。後半、なでしこはバタバタしていたが、それでも終わってみれば2対1での勝利だった。この時点で、決勝リーグ進出は決めた。次はCリーグの第一位をかけてイングランドと戦う。これで勝つか負けるかは、決勝リーグでどの位置にいるかがかかる。

 ツゥーロンでのU22の決勝戦は、私の観戦予定にはなかった。テレビの番組を見て初めて知った。決勝までは、ブラジルは完全な戦いをしてきた。1点も奪われていないのだ。午後11時の試合開始だったが、一歩的な試合なら寝ようと思った。前日も、12時に女子サッカーは終わったのだが、寝付かれずに夜中3時まで起きていた。どうも、スポーツは脳が興奮しているせいか、終わってもすぐには眠れない。

Photo_12
 U22の大会は、来年の東京オリンピックを占う大会でもある。日本は出場国枠で、すでに出場が決まっている。それだけに、関心は薄かった。ところが、対ブラジル戦を見てどうして、なかなか頑張っているではないか。試合は一方的なブラジルのボールボゼッションだったが、デフェンス陣がよく頑張って1点に抑えていた。そのうち、唯一のチャンスに日本が同点にした。今まで1点も取られていないブラジルにほころびが出たのだ。

 前半はこのままだった。これじゃ寝れないね。この試合を最後まで観戦したが、ついにPK戦に持ち込んだ。PK戦は、どちらが勝っても不思議ではない。ただ、ブラジルのキッカーは実に正確だった。日本は5人目のキッカーがついにとらえられ、1点差で負けてしまったが、日本サッカーのレベルが上がったのを実感できた。

 Pk戦が終わったのは、午前1時半頃だった。それでベッドにもぐりこんだのだが、矢張り簡単には寝れない。前日の午前3時就寝に引き続き、この晩も午前3時まで起きていた。普段は午後11時には確実に寝ているのだが、さすが二日連続で寝不足だ。不思議なことに、どんなに遅くても朝7時には起きる。

 さて、明日からサッカー南米選手権が始まる。この試合中継は、幸いなことに日本時間の朝である。日本のサッカーが南米で通じるものなのか、楽しみである。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

№4188 W杯女子サッカー始まる

 4年に一度の「W杯女子サッカー」がフランスで始まった。なでしこJapanは、前々回は優勝、前回は準優勝とこの大会でも本命視されている。第一回戦が、早朝の午前1時(日本時間)にキックオフされた。相手は格下のアルゼンチンである。日本の世界ランクは7位、アルゼンチンは37位とどう見ても負ける相手ではない。しかし、世界で戦うのは難しい。

 私は一旦寝たが、夜中12時45分頃起き出してテレビ観戦をした。戦前の予想では圧倒的に日本が有利で、何点差をつけて勝つのかが焦点だった。私も、まさか負けるわけはないだろうと、楽観してみていた。テレビの解説者も、同じ予想をしていた。

 アルゼンチンは、自陣にべったり貼り付いて、守りに徹した布陣をとっていた。圧倒的に日本がボールを支配して、ポジッション率は60%を超えていた。しかし、圧倒的に有利な日本も、この厚い守りに攻めあぐんだ。攻めていっても、ことごとくがデフェンダーに跳ね返されていった。日本のシュートも少なかった。こんなことで勝てるのか、試合が進むにしたがって焦りのようなものが出ていた。

W
 後半に、期待の岩淵選手が交代で出た。しかし、局面を打破するまではいかなかった。今回出場するなでしこJapanは、初出場者が17人に経験者が7名と大会で二番目に若いメンバーだ。勢いがあるときには若いメンバーでもいいが、このように膠着した試合ではやはり経験のあるベテランが欲しいと思った。

 結果は0対0と引き分けだった。夜中3時まで起きていたのに、がっかりして寝てしまった。まさか予選敗退ということはないだろうが、今後の展開は心配だ。私は女子サッカーにそんなに関心があるわけではないが、それでも出場したほとんどのメンバーは知らなかった。試合を見ていて、澤穂希よ出て来いと思ってしまった。

 前日の男子サッカーの練習試合エルサルバドル戦で、18歳久保建英の溌溂としたプレーを観戦していただけに、なでしこJapanにも若き英雄が欲しい。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

№4165 W杯ラグビーのチケット

Photo_5
 5月18日(土)の18:00に再度売り出されるという「W杯ラグビー」のチケットを買おうと、パソコンの前に座った。売り出されるチケットは60万枚以上だという。ちょうど午後6時にチケットサイトに予約をするつもりでログインした。解禁直後のログインだったにもかかわらず、「待機している人」が8万人ほどいた。どうやったら直後にログインできたのだろうか。

 ただ、この画面から退出すると再度並び直す必要があるという。パソコンを立ち上げ、ログインしたままにしておいた。ただ、待ち人数は遅々として進まない。パソコンをそのままにベッドに入った午後11時には、まだ62000人が待っていた。このままだと20時間もかかりそうだね。パソコンにログインしたまま寝た。

 朝6時前に起き状態を確認したら、予約無効になっていた。有効順番が来て30分以内にアクセスしないと、無効になるとのことだ。順番待ちが無効になってしまったのだ。予約した方は、寝ないで順番待ちをしていたのだろうか。仕方がない、再度順番待ちの列に並んだ。その時点で12万人以上の人が列に並んでいた。

 ただ、朝の順番は急速に進んだ。1時間に3万人も前に出た。そしてようやくログインできたのが、午前10時ころだ。私は熊谷ラグビー場と釜石ラグビー場の試合を見に行くつもりだった。まあ、それでも空いているならどこでもいいと思った。目的の試合は満員で、チケットを買えなかった。こうなったらどの試合でも空いているなら申し込もう。

 空き状況を見てみると、札幌と大分の試合は空いていそうだ。まさか、わざわざ札幌や大分には行かないよね。空いていそうな試合を次々クリックしてみたが、画面で空いていても実際は満員の試合が多い。10月9日(水)の熊谷ラグビー場のアルゼンチンvsアメリカの試合には満員の印が付いていない。上位から二番目のカテゴリーAの席に申し込みの印を入れた。唯一申し込みが受理された。入場料は15000円だ。カード決済の手続きをした。

 さらに他の試合が取れないか試みたが、全部断られてしまった。まあ、一枚だけでも取れたので良しとするか。

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

№4158 何より楽しみなナイター観戦

Sdscn0281
 5月に入り、ナイター観戦の好期である。自宅の居間で夕食を摂っている。食卓の目の前にはテレビがあり、ナイター観戦には絶好の「テレビ桟敷」だ。ビールを飲みながら、じっくり観戦する。まして、私のファンチームが勝っているときのビールは美味しい。

 ビールは、いつもロング缶一本と決めている。試合の興に乗ると、日本酒の冷を飲む。氷を入れた日本酒は美味しいね。目の前に山の神がいるから、たいがいは一杯でやめておく。ただ、試合が有利に進行しているときには、一杯じゃすまない。横目で睨まれながら、さらにもう一杯注ぐ。

 この日は、スーパーでマグロのぶつ切りを買ってきた。お刺身を食べながらの観戦に幸せを感じた。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

№4156 オリンピックチケットのネット販売

Photo_1
 5月9日(木)から、来年開かれる東京オリンピックのチケットが、ネットのみで販売予約ができるという。いずれ、これに申し込むにはIDが必要だという。メールアドレス・パスワード・名前・男女別・電話番号等を記入してIDの取得をした。この日はID取得が大変だあったらしいが、私は朝9時半ころに申し込んだので、それほどでもなかった。申し込んだだけではだめで、相手から承認の折り返しメールが来て、それにOKを出して初めて認証される。

 ID取得の手続きも簡単ではなかった。私が引っ掛かったのはパスワードで、「簡単なパスワードではだめで、もっと複雑なものにしろ」という警告が出て入れなかった。何度かパスワードを変更して、取得するのに時間がかかった。こんな面倒な手続きだと、相当パソコンに習熟していないとできないかもしれない。

Photo_3
 ここまではすんなりでき、認証のメールも届いた。ただこれからが問題で、いざチケットを予約するとなると膨大な時間がかかりそうだ。上の図にあるように、待ち順番が614760番だという。昨日のテレビでやっていたが、根気良く待った人で4時間近くもかかったらしい。

 基本的に、私は会場で競技を楽しむというよりも、テレビ観戦で楽しみたいと思っている。従って、何の入場券を買おうかという案は持っていなかった。ただ、矢張り開会式は見たいなと思う。しかし開会式の入場券は、最大30万円だという。そこまでしなくても、2~3万円の件でいいかな。

 チケットの予約販売は、5月26日までだという。まだ時間があるので、そのうち再チャレンジをしてみよう。

 ところで、この秋のW杯ラグビーのチケットも買おうと思った。埼玉は熊谷で行われるが、どうせなら釜石まで行ってみようかと予約サイトを見た。当然のことながら売り切れだった。ただ別のサイトがあり、正規値段の5~6倍の値段がしていた。ダフ屋行為だ。これを防ぐために、東京オリンピックのチケットは、わざわざ面倒にしたらしい。

| | コメント (0)

2019年3月 4日 (月)

№4096 東京マラソン

 昨日、恒例の「東京マラソン」が行われた。このマラソンはマンモスマラソンで、出場申し込み者が35万人くらいあり、抽選で38000人弱が出場するという。話に聞くと、なかなか抽選には当たらないらしい。

 一般出場は10倍弱の競争率だが、それとは別にセミプロ集団の競争がある。テレビで見ていたのは、もっぱらこの集団の競争であった。特に、最近日本選手の活躍が目覚ましい。設楽悠太が昨年の東京マラソンで日本記録を打ち立てたら、その8か月後に大迫傑が日本記録を更新し、2時間5分50秒で走り、両者とも1億円をゲットした。

 今回は設楽悠太は出場しなかったが、大迫傑が出るので楽しみだった。それにしてもあいにくのコンデションで、スタート前から雨が降り続き、寒かった。気温は4.8度だったという。事前の天気予報とは違い、雨降りが早まった。

 最近のマラソンは、高速マラソンだ。今回の設定では、1㎞2分57~8秒の設定だったらしい。ペースメーカーがこの通り30kmまで先導すると、日本記録を達成するスピードだったという。

 ところが、最初の1㎞は2分48秒と最初の約束と違った。今朝のモーニングショーで瀬古俊彦は、「ペースメーカーに違約金を払ってもらわなければ」と言っていた。寒さに加えペースが速かったので、第一集団と第二集団がはっきり分かれた。第二集団は、1㎞3分の設定で走ったらしい。

 先頭集団のペースが速かったせいか、当初12~3人いた集団が一人こぼれ、二人こぼれしていった。日本選手も、大迫や佐藤を含め3人いたが、なんと大迫が29km付近でリタイアしてしまった。「スタート地点から寒くなって体が動かなくなり、棄権せざるを得なかった」のだそうだ。トップ集団から佐藤と中村匠吾の二人も落ちていった。

Photo
 そして第二集団から上がってきたのが、無名の中大生堀尾謙介だ。彼は現役学生で、今年の箱根駅伝も二区を走り、5位の成績だったという。それなりには速いが、まあ跳び上がるほど速い選手ではない。彼は第二集団のトップを走っていたが、結局は日本選手の第一位でゴールに飛び込んだ。イヤ~~、意外なことが起こるものだ。

 この寒さだったから、高速で走るのではなく1㎞3分で走るのが正解だった。第二集団から日本人の二位と三位も出た。ただ、堀尾も2時間10分21秒だったから、条件が悪かったとしても、あまり褒められた数字ではない。

 今年の9月には、成績上位者だけで「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が行われるが、現役大学生で唯一堀尾が出場権を獲得した。今回は寒かったが、9月は暑すぎないか。寒いの暑いのと言っては、本番のオリンピックも闘えないね。

| | コメント (0)

2019年2月 2日 (土)

№4066 アジア杯、日本敗れる

 昨晩から未明にかけて、アジアカップサッカーの決勝戦がUAEであった。相手はカタールだ。下馬評では圧倒的に日本が有利だったが、下馬評ほどあてにならないものはない。日本は、なすことなく破れてしまった。それにしても、カタールは強かった。

 やはり、サッカーは先取点を取ったチームが断然有利だ。準決勝のイラン戦でも、日本は先取点を取り、それからチームが見違えるようになった。もしイランに先取点を奪われていたら、多分勝はおぼつかなかっただろう。

Photo
 カタール戦もまさにそのものずばりだった。敵に先取点を奪われてしまったのだ。それも調子に乗っているエースストライカーのアルモエズ・アリの見事なオーバーヘッドキックによってだ。どうも足ではなく脛で打ったようなのだが、右下ゴールマウスに決まった。

 今から見ると、すぐわきにいた吉田麻也が体を張って防げなかったのか。さらに言えば、キーパーの権田修一の一瞬の動きの悪さがあった。そういうことがありつつも、あのシュートは見事だった。

 先取点を取られても取り返したらいいといいながら見ていたが、なんと間もなくカタールに追加点まで奪われてしまった。今大会のカタールは堅守を誇り、今まで予選から決勝リーグまで1点も取られていない。これから2点を奪い、同点にするのは至難の業だ。

 後半は、日本の猛攻が続いた。相手がコーナーキック1本だったのに対し、日本は14本ものコーナーキックを奪った。ほとんど相手陣でのゲームだったが、待望の南野拓実のシュートが決まった。これで1対2になり、希望が見えてきた。あのコーナーキックが1本でも決まって同点になっていたら、展開は別になっただろうが、矢張りカタールの守備は堅かった。ことごとく跳ね返されてしまった。

Photo_2
 そして、試合終了間際のカタールのコーナーキックで、吉田麻也が痛恨のハンドの反則を奪われた。PKが決まって、絶望的な1対3でなすことなく破れてしまった。吉田麻也を責めることはできないといっても、1点目のオーバーヘッドへの対応、コーナーキックでのハンドの反則といい、キャプテン吉田は矢張り結果責任を負わなければいけない。

| | コメント (1)

2019年1月29日 (火)

№4062 サッカーアジア杯、日本難敵破る

 UAEアラブ首長国連邦で開かれている「サッカーアジアカップ」を予選から観戦している。下馬評では日本は優勝候補にあげられていたが、予選リーグを見る限りとても優勝候補とは呼べない試合をしていた。相当格下の相手にも辛勝だった。大丈夫かな。

Japan
 そして昨晩行われた試合が、優勝候補筆頭のイラン相手だった。試合前のオッズを見ても、イランに対して勝つ確率は半分だった。イランは、対アジア公式戦では39連勝という。さらに、昨年のロシアワールドカップに出場したほとんどの選手が、残って出場していた。

 データを見ても、ここまではほぼ圧勝して勝ち上がってきている。その上に、今まで1点も取られていない。エースストライカー・アズムンも健在である。日本が勝つ要素は少ないかなと思いながら観戦した。

 ただ、日本にも明るい話題がある。試合欠場していたエースの大迫勇也が、5試合ぶりに返ってきたことだ。彼は、前の試合のヴェトナム戦で途中出場したのだが、出る前と出た後では、日本の試合の運び方がまるで別チームのように変わった。大迫の代わりを務めていた北川航也には、ほとんどボールが集まらなかった。信頼がなかったのだ。

 それが、大迫が出ると、彼を起点にボールが回るようになった。本当に頼もしいエースである。イラン戦も初めから大迫が出るというので、一方的にはならないだろうと期待していた。

 さて、試合は前半戦は一進一退だったが、若干日本が押され気味だったかな。こういう試合は、先取点がものをいう。危ない場面もあったが、日本はしのぎ切って前半戦を終えた。

Photo
 そして後半戦の11分、南野拓実のセンターリングに大迫がジャストタッチ、頭で合わせて先取点を獲得した。こういうデータもあった。イランは先取点を奪われると、ほとんど勝てていない。10連敗という。データは嘘をつかないね。

Photo_2
 その後も、相手のハンドでペナルティキックを得、またも大迫勇也が決めた。ネットでは、「大迫は半端ねえ~~~~!!!」と大盛り上がりのようだ。試合終了間際にも日本は追加点を得て、この日の試合は完勝した。日本のデフェンダーの冨安健洋の活躍も見事だ。彼は、まだ20歳だという。こういう新しいメンバーが出てくるのも強い証だ。

 私がいつも不満に思うのは、FIFAワールドランクだ。イランが第29位でアジア№1、日本は第50位という。そんな馬鹿なことはないだろう。少なくとも、20位前後の力はある。あるいはそれ以上かもしれない。さらに言うと、アジア№1を誇るイランのラフプレーは、目に余るものがあった。恥ずかしくないのかね。

 さて、2月1日には決勝が行われる。順当に勝つことができるだろうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧