カテゴリー「ニュース」の19件の記事

2021年1月 8日 (金)

№4764 再び「緊急事態宣言」の発出

 ここにきてコロナ患者の爆発・増加が止まらない。東京では、ついに1日2000人を大幅に上回る感染者が出た。東京だけではなく、首都圏の三県を含め感染は全国に広がっている。感染が広がる原因ははっきりしている。コロナウィルスは、人から人へと伝染する。人の動きが活発であるのが、感染を広める最大要因である。特に、年末年始の人の動きがそれを増幅の要因になっている。

 12月に、政府や小池都知事が大事な時期として2週間の自粛を呼びかけた。ところが、この時期に再度感染が広がっていった。この呼びかけが空振りに終わったことがはっきりしていた。感染の主要な年代は、20代と30代である。どうもその年代のインタビューを見ていると、このコロナウィルスに対する危機感が欠如しているように思える。

 危機感を抱いた首都圏の4首長が、政府に緊急事態宣言の発出を要請した。政府も重い腰を上げて、ついに昨日緊急事態宣言を出した。なぜこのように後手、後手に回ってしまうのか。それは、経済に対するダメージを恐れているからである。本音は、「ウィルス対策」も「経済」もの両立を図りたいという考えがはっきりしている。

 ところが、日本だけではなく世界の状況を見ても、この両立が成り立たない。コロナウィルスを徹底的に封じ込め、その後に経済の再生を図るしかないだろう。GoToキャンペンのようにいつまでも両立を模索していると、感染が止まらないどころかさらに爆発するのを抑えられない。

 今回の緊急事態は、1ヵ月を限度に2月7日までだという。だが専門家の話を聞いていると、とてもじゃないが1ヵ月でこの感染爆発は止められないと言っている。少なくとも2ヵ月はかかるのじゃないかという予測を立てている人もいる。

 緊急事態の柱は4本あって、①外出の自粛、②飲食店等の営業時間の短縮、③出勤・通学などを控え、テレワークの推奨、④イベントの開催、施設利用の制限がその骨子である。

 ところが、飲食店を中心に各所から悲鳴が上がっている。政府のわずかばかりの補償金があっても、それだけでは家賃や人件費を賄えないというのだ。倒産もこれまで多かったが、この緊急事態宣言で倒産が輪をかけて多くなることだろう。自殺者が急速に増えるだろう、という観測もある。このままでいくと、オリンピックどころではない。倒産しても命まで奪われるわけではないから、苦しくてもここは力強く生きてもらいたい。

 そして、今回は一度徹底的に抑え込むしか方法はないだろう。それには、個々の人が感染にかからないように気を付けることだ。私も感染しないように気をつけたい。

 ところで、コロナ関連で聞き慣れない言葉がたくさん出た、例えば、今回の緊急事態宣言で「発出」という言葉は聞き慣れない。なぜ「発令」ではいけないのか。この発出というのは官僚語で、普段はほとんど聞き慣れない。そういう意味で、この一年聞き慣れない言葉を思いつくままに並べてみた。「ソーシャルでスタンス」、「アベノマスク」、「三密」、「オンライン飲み会」、「クラスター」、「アマビエ」、「ロックダウン」、「ステイホーム」、「自粛警察」、「PCR」、「あつ森」などである。

【1月7日の歩行数】8,019歩 5.4㎞

【1月7日のアクセス数】150アクセス 訪問者101人

| | | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

№4732 はやぶさ2の帰還

Photo_20201207093301

 昨日の早朝、「はやぶさ2」のカプセルがオーストラリアの砂漠に帰還した。はやぶさ2は2014年に発射されたので、6年ぶりの帰還だ。遠征距離は、実に50億㌔だったという。世の中暗い話題が多い中、久し振りに明るい話だ。

 2010年帰還した「はやぶさ1」も大いに話題になった。2本の映画にも撮られて、私はその2本とも見た。その時の初めての帰還には、さまざまなドラマがあった。何よりエンジントラブルがあって、搭載されていた4基のエンジンがすべてっストップしてしまった。幸い、念のために予定になかった搭載エンジンが、はやぶさ1を救ったようだ。

 実際、私は「東京シニア自然大学」の座学で、JAXAの当時の的場泰宣教授の講義を聞いて、わくわくしたものだ。ギリギリの判断でようやく再生なったはやぶさ1は、それだけで大きな話題だった。

Photo_20201207093501  今回のはやぶさ2は、はやぶさ1の反省のもとにできた後継機だ。ものすごい精密にできているようだが、これは日本技術の水準を表すものとして称賛されている。特に、この技術を支えているのは、日本の町の小さな中小企業だったという。コロナ禍の中で苦闘しているこれらの企業には、大きな光明だった。

Photo_20201207093801  技術の向上のせいか、今回のはやぶさ2は比較的順調に飛行した。そして、リュウグウの砂を2度にわたって採取して帰ってきた。JAXAは、「完全な状態での帰還」といっている。この砂の分析は今後に待たなければならないが、太陽系の成り立ちを知る上の重要な情報があるのではないか、と期待されている。

 泣かせるのは、はやぶさ2はカプセルを地球に戻して、再度の旅に出たことだ。次の目的地は、火星の周りの直径30㍍ほどの小惑星だそうだ。今回は50億㌔の旅だったが、今度の旅は11年、100億㌔だという。今回の旅を終えて、燃料はまだ半分しか使っていなかった。これもすごいことだ。宇宙にあるごみのような直径30㍍の惑星を観測できる技術にも驚く。

 報道によると、月以上の遠いところに衛星を発射して、地球に返ってくる技術を持っているのは、日本だけだという。JAXAの技術はすごいと思う。ただ、これだけの技術を持っているのに、予算は少ないらしい。コロナに何兆円も使っているのに、今回ついた予算は300億円弱だ。

 いま宇宙関連で話題になっているのは、アメリカや中国の月着陸衛星の開発だ。アメリカや中国の予算は、日本に比べて桁違いのものだろう。リュウグウに行く技術を持っているJAXAは、月への着陸技術は何ほどのこともないだろう。問題は、はやぶさの何倍もするお金だ。しかし、これだけ夢を持っているプロジェクトだ。少々のお金は惜しいとは思わない。

【12月6日の歩行数】7,559歩 5.1㎞

【12月6日のアクセス数】180アクセス 訪問者108人

| | | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

№4641 台風10号の影響

 近来にない大型で強い台風10号の来襲で、気象庁から厳重警戒警報が出ていた。警報によると、この台風は915hPaまで下がり、瞬間風速は最大85mになる恐れがあるとのことだった。この警報のおかげで、台風の通り道では事前の避難が相当徹底された。

 さて、台風が通り過ぎた。途中経過ではあるが、思ったほどの被害が出ていないようだ。今のところ安否不明が4人に、数十人がけがしたという。事前予報に比べて、最悪の事態が避けられたのは良かった。最大風速も、報告を見ると60メートル弱だったようだ。1000ミリメートルの雨が降るとの予報が出たが、いまのところ最大500ミリメートルくらいだったようだ。

 私が現在把握している限り、屋根の破損報告はあったが、家が吹き飛んだとの報告はない。川の氾濫は見られなかったようだし、高潮での被害も心配されたが、それほどの被害もないようだ。ただ、九州全体にわたって広域停電はあったようだ。

 前からこういうことはあったのだろうが、避難者がホテルに宿泊するというのは耳新しかった。自治体が指定する避難場所の体育館というのが普通だが、その映像を見ている限り、避難所は休まる場所じゃないなと思っていた。一晩か二晩の避難なら、ホテル泊というのは良い選択じゃないだろうか。

 こういう現象も面白いと思った。鉄骨の駐車場に自動車を避難させる現象だ。この駐車場だと、物が飛んでくる被害も水害も避けられる。ただ、皆同じことを考えていたようで、駐車場に入るのに長い時間待たされたようだ。

 ややもすると、結果的には過大警報とみられないこともないが、被害がこれくらいで済んだことを見るにつけても、過大警報でよかったのではないか。これから台風シーズンだ、過大に思えても自らの身は自ら守る、との心構えは持ちたい。

【9月6日の歩行記録】6,293歩 4.2㎞

【9月6日のアクセス数】142アクセス 訪問者87人

| | | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

№4638 強烈な台風の襲来

 強烈な台風10号が奄美に迫っている。土曜日から日曜日にかけて奄美に到達する頃には、915hPaまで下がるだろうとのことだ。風も80mに達するのではないかとの予報だ。最大瞬間風速85mというのは、時速に直すと300㎞近いというから、とんでもない風が吹きそうだ。

Photo_20200904095601  今年は7月に台風がなかったから、南太平洋の海水温度が30度まで上がっているという。普通、海水温が27度で台風が成長するというから、30度というのはとんでもない高温だ。先日も台風9号が去った直後だから、台風10号というのは恐ろしい。

10  台風10号の進路予想は、沖縄奄美地方を通って九州の西岸に達し、朝鮮半島に抜けていくらしい。奄美で915hPaまで成長する台風10号は、九州西岸では925hPaになるだろうとのことだ。戦後の甚大は被害を及ぼした伊勢湾台風が925hPaだったというから、それに匹敵する風が吹きそうだ。

 テレビで実験が行われていたが、風速80mという風は立っている人を吹き飛ばし、窓ガラスを割り、屋根ごと吹き飛ばしてゆく風だという。戦後、80mを経験したことは3度あるらしい。一体どういう風だったのだろうか。

 日本ではほとんど報道されなかったが、前の台風9号で北朝鮮には甚大な被害があったらしい。一晩で350ミリの雨が降り、あちこちだ大水害に見舞われているらしい。その被害も癒えぬまま、今回も台風10号は朝鮮半島を縦断する予報だ。幸い、関東には被害は及ばないようだが、予想されている地方では厳重警戒が必要だ。

 南太平洋の海水温がこのままだと、今後、台風が頻発するだろうとのことだ。9月中にもう3~4個の台風が発生してもおかしくないという。夏台風は沖縄九州に接近するが、秋台風は日本列島を縦断することが多い。私たちも今後に向けて警戒は必要だろう。

【9月3日の歩行記録】8,500歩 5.7㎞

【9月3日のアクセス数】106アクセス 訪問者79人

| | | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

№4589 藤井聡太7段「初戴冠」

Photo_20200717085701  注目の棋聖戦で、藤井聡太7段が渡辺明九段を破り、最年少タイトルを獲得した。藤井聡太は17歳11か月だった。従来は、屋敷伸之9段の18歳6か月が最少年だったから、30年ぶりに7か月の記録更新だった。将棋には八つのタイトルがある。「竜王」「名人」「叡王」「王位」「王座」「棋王」「王将」「棋聖」の八のタイトルで、今回獲得したのは「棋聖」のタイトルだ。

 今回破った渡辺明棋聖は、現在の将棋界で一番強いといわれている。渡辺明はタイトルを計29期獲得し、「永世竜王」と「永世棋王」の二つの永世称号を持っている。さらに、渡辺九段が現在持っていたタイトルは、「棋王」「王将」「棋聖」の三つで、そのうちの「棋聖」戦を藤井7段が奪取した。3勝1敗だったから、堂々の勝利といっていい。

 藤井聡太は、プロになった時から最年少の記録更新で注目されていた。プロになったのが14歳2か月と最年少だった。さらに、プロになってから公式戦29連勝し、どこまで勝ち続けるのか関心を集めていた。私のような将棋の門外漢も、藤井聡太の活躍とともに将棋に目を向けるようになった。ここにきて、藤井7段への人気がぐんぐん伸びているのもうなずける。

 藤井7段が強いのは、詰め将棋の強さだという。彼は、AI将棋で強さを増していった。とはいっても、AIで鍛えたといっても誰もが強くなれるわけではない。やはり藤井聡太には天性の強さがあるのではないか。読みの確かさと従来の常識では考えられない手で、将棋界をうならせる。今回の第二戦では、従来打ってはいけないといわれていた手で勝った。渡辺9段も強いが、それを上回ったということか。

 藤井聡太7段は新棋聖になったが、いま「中年の星」といわれている木村9段と、王位戦のタイトルをかけても戦っている。4勝でタイトル獲得というが、いま2連勝中だ。近々このタイトルも奪取なるのではないか。

 そこで注目されているのが、「ひふみん」こと加藤一二三九段の最年少8段位の更新だ。加藤一二三九段は18歳3か月で8段になったというが、藤井7段はタイトルを二つ獲得すると自動的に8段になるとのことだ。いずれ、ことごとく「最年少」を更新していくのではないか。

Photo_20200717095001  藤井7段がもう一つ注目されるのは、彼の謙虚さというか、姿勢の低さだ。今回の試合でも、負けたことを認めた渡辺9段に比べて、勝った藤井7段の姿勢が低いと話題を呼んでいる。ちなみに、それまで最年少でタイトルを獲得した屋敷伸之9段は、勝って天狗になったことを認めていた。藤井聡太には、そういうことはないのではないか。いずれ今後何十年間は、将棋界で「藤井時代」が続くのではないか。

【7月16日の歩行記録】9,311歩 6.2㎞

【7月16日のアクセス数】127アクセス 訪問者76人

| | | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

№4584 深刻な日照不足

Dscn2242  このところ、雨の毎日である。せっかくシェルター用にと植えたキュウリもゴーヤも、ほとんど役に立っていない。日を遮るといっても、肝心の太陽が出てこないのだ。

Dscn2243  このキュウリは、食卓に載ってこの夏を楽しませてくれた。ただ日照不足の影響か、それとも寿命なのか、このところ元気がない。キュウリも緑色ではなく、白みを帯びている。「完全な日照不足ね」と女房は言っていた。

Dscn2244  ただ、その隣に植えたゴーヤは、少しずつ実を大きくしてきている。一緒に植えたのに、キュウリに比べるとゴーヤの成長はずいぶんに遅いね。この日照不足はいつまで続くのだろうか。

 天気予報に注目していると、例年梅雨が明けるのは7月20日頃だという。まだ10日近くこのぐずついた状態は続くのだろうか。わが家のキュウリの影響は大したことないが、農家の日照不足は多分深刻だろう。作物が成長しない。

 長期天気予報は、たしか7月8月は例年に比べても暑いだろうとのことだった。いまだその7月は、その暑さはやってきていない。いつも思うのだが、この長期予報はあてにならないね。ただ、私にとって日照不足で良いこともある。毎日5~6kmほど歩いているのだが、お陰様で涼しい。

【7月11日の歩行記録】9,018歩 6㎞

【7月11日のアクセス数】132アクセス 訪問者80人

| | | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

№4580 線状降水帯

 梅雨前線の影響で、線状降水帯があちこちで発生している。はじまりは、熊本県の球磨川沿線だった。それが福岡県や大分県の筑後川沿線に移り、昨晩は岐阜県の飛騨川で発生した。1時間の400㎜以上の猛烈な雨が降り、いままで静かだった川が、一転暴れ川になる。球磨川では、川から500mも離れている家で被害にあった。

 天気予報では250㎜内外の雨ということだったが、実際に降った雨は400㎜以上だったらしい。なかには700㎜以上の雨が降った場所もあった。想定外というか、観測史上最大の雨が降ったという。これだけの雨を想定していないので、氾濫や堤防決壊に戸惑っている人たちがテレビに映った。

 天気予報がいい加減なのかというと、どうもそうではないらしい。そもそも「線状降水帯」を今の予報システムで予測するのは不可能とのことだ。梅雨前線や台風は数千㎞にわたるが、線状降水帯が起こるのはわずか100㎞内外なので、予測は困難と話している人がいた。

 そもそも今の天気予報ができているのは、膨大なファクターを計算するコンピュータがあって成り立っているようだ。そのコンピュータでもってしても、この線状降水帯を予測するのは難しいという。新たに世界最大の性能を持つ「富岳」が供用されて、それで予測ができるかどうかとのことだ。

 最近の水害の8割がたが、この線状降水帯の影響によるものらしい。この現象は梅雨の末期に起こり、太平洋高気圧と中国大陸からくる北の高気圧のせめぎあいで、一か所に前線が停滞して猛烈な雨を降らせる。近年この現象が頻発しているが、これも地球温暖化の影響としている。温暖化で海の水蒸気が上がり、積乱雲が急速に発達する。

 この地球温暖化を止めるのは難しい。かといって、これに備えて河川改修するのも膨大なお金と時間がかかる。日本のように川が急流になっていると、猛烈な雨がすぐに川に流れ込む。被害を食い止めるのは、非常に困難である。

 家が水に洗われると、回復するのは難しい。私の経験では、東日本大震災のボランティアで宮城県に行ってきた。家が波に洗われた復旧活動を経験したが、水に洗われた家はものすごい臭いがした。地下にヘドロがたまり、それが異臭を放っていたのだ。これは、海の水でも川の水でも変わりない。火災保険に入っているなら、建て替えたほうが早いかもしれない。

 翻って今住んでいる家を考えてみると、果たしてそのような雨に耐えられるのだろうか。近くに綾瀬川が流れているが、その川が氾濫するなどあり得るのだろうか。

【7月7日の歩行記録】7,697歩 5.2km

【7月7日のアクセス数】143アクセス 訪問者86人

| | | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

№4578 災害列島「ニッポン」

 この時期に毎年繰り返される水害が、この週末にまた起こった。熊本県の球磨川沿線にものすごい雨が降った。夜9時から朝9時までのわずか12時間で400㎜以上の雨が降った。その結果球磨川沿線が大洪水になり、大きな被害をもたらした。

 それにしても、水の被害というのは怖い。この水害である被害地区では、あっという間に11メートルの増水だった。二階に逃げていた人も水に浸かったという。家も流されていたし、球磨川にかかっていた橋も、多くが流されてしまった。

 そもそも球磨川は暴れ川で、過去、何度も水害にあっていたらしい。急流で川幅が狭く、この川に流れ込む中小河川も多いようだ。さらに球磨川には山が迫っていて、雨が降ると山から倒木、流木が流れ出す。水が引いてみると、橋の上に大量の倒木流木の山が残った。私は球磨川には行ったことがない。

 人吉市、球磨村等沿線都市はほぼ壊滅状態になった。家は水に洗われ、道路や線路はズタズタになった。わずか12時間の被害だったにもかかわらず、この復旧工事を思うと、とてつもない時間がかかるだろう。大変な人的作業と金がかかりそうだ。しかも熊本への雨は、いまだ収まっていない。

 このところ、「線状降水帯」という言葉をよく聞く。前線の影響で、ひとところに短時間に集中的に降る雨の帯だ。今回の水害を見ても、球磨川上空はこの線状降水帯に覆われていた。しかも夜中だったので、逃げ遅れた人も多かった。特別養護老人ホーム「千寿園」も大変な被害にあった。このホームの一階にはあっという間に水が襲ってきて、逃げ遅れて亡くなった方、心肺停止の方が多かった。

 この突然の災害にどう対応したらいいものだろう。あらかじめ逃げておくというわけにもいかないだろう。なんとも、被害者にはお見舞い申し上げるというしかない。

 地球の温暖化とともに、このような災害は毎年のように繰り返される。自分で自分を守る、としか言いようがない。

【7月5日の歩行記録】8,227歩 5.5km

【7月5日のアクセス数】アクセス数213 訪問者114人

| | | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

№4558 西之島の火山活動

Photo_20200616070901  あまりニュースにはなっていないが、小笠原諸島の父島から130㎞離れている西之島の火山活動が、最近また活発のようだ。西之島がどこにあるのか、海上保安庁の地図で表示すると、上の図になる。以前、小笠原を旅したことがある。その時も西之島新島が見られるか期待したのだが、父島から100km以上も離れていると、さすが見ることはできなかった。

 西之島の火山活動が活発になったのは、1973年である。その時には小さな島があらわれた。ただ、この島も波に洗われて、いずれ消えてしまうのだろうという見方があった。ところが2013年再噴火し、元あった島を飲み込んでさらに大きな新島になった。2018年以降、さらにこの火山活動が活発になっているという。

Photo_20200616071901  これも6月7日に撮った海上保安庁の写真だが、火山の煙が立ち上っている。噴煙の高さは2600mになるという。さらに島から煙が上がっているのを見ると、さらに島の拡大している様子が窺える。この火山の高さが現在どのくらいになっているかの情報はないが、2018年12月に160mあったというから、多分もっと高くなっているのだろう。いずれこれだけ噴火しているのだから、近づくことはできない。

 さて、島の大きさがどうだろうか。一時東京ドームの60倍と発表されたが、さらに広がっているようだ。ちなみに、この西之島新島の火山活動は、今世紀最大だという。それだけ日本の領土は広がっているのは喜ばしいことだ。

Photo_20200616074601  また、この火山島に渡り鳥の巣ができているのも確認された。カツオドリの巣や雛が発見されたという。一方では噴火の熱い台地が見られるが、すでに冷えた場所には鳥が営巣を始めたのろう。ただ気になる情報もある。西之島にゴキブリが大繁殖しているという。なぜなのかはわからない。

 また、日本の火山活動はこれだけではない。硫黄島でも活発な火山活動があるというし、伊豆諸島でも明神礁の新島活動が見られるという。日本の領土が増えるのはうれしい。西之島ともども、この活動を見守りたいと思う。

【6月15日の歩行記録】10,457歩 7㎞

【6月15日のアクセス数】161アクセス 訪問者数92人

| | | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

№4311 台風一過

 今朝、台風19号が太平洋に抜けていった。昨日は一日、テレビで台風情報の報道があった。昭和33年の狩野川台風に匹敵する被害の恐れ、との気象庁の発表もあった。狩野川台風では、1200人の被害者が出たとのことだった。さらには、先日の台風15号では千葉県の被害は甚大だった。さて、どうなるものやら。

 わが家も早々に雨戸を閉めて、厳重警戒をした。雨戸を閉めたら、家の中が真っ暗になってしまった。昼間から電気を点けていた。停電になったら、どうなってしまうのだろうか。ところが、心配したほどのこともなかった。夕方まで雨は小降りだった。さすが夜の9時半過ぎには風が強くなって、家が揺れた。それもわずか1時間半ほどで収まった。夜中3時半ころにトイレに起きたら、風は強かったものの、月が煌々と照っていた。やれやれ一安心と、再度眠った。

 朝起きてテレビをつけた。各地での台風被害と河川の氾濫が報道されていた。長野の千曲川では堤防が決壊し、街にどんどん泥水が押し寄せていた。現在進行形なので、人的被害があるのかどうかはわからない。栃木県の佐野でも秋山川の堤防の決壊があった。そのほか、埼玉でも都幾川の氾濫が報道されていた。どうやら、今回の台風19号は、風台風というより雨台風のようだ。

 台風の進行が、刻々と報じられていた。台風19号は小笠原の近辺では915hPaの強さだったが、日本周辺に来た時には950hPaまで弱くなっていた。この情報を見て、風はさほどでもないだろうと予報できた。ただ、雨の降り具合は予報以上ではなかったのか。一時は800mmとも600mmとも予報していた。結果は、500mmほどだったのだろうか。それでもこれほどの被害があったのだ。予報通り800mmも降っていたら、被害はさらに拡大したことだろう。

 地球温暖化の影響か、年々台風とかハリケーンは強大化している。長い目で見たら、地球温暖化対策は必要だろうが、そんなに簡単なものではない。とりあえずは「自分の身は自分で守る」の精神で行くしかないのかな。

 皆様の家は被害がなかっただろうか。

| | | コメント (0)