カテゴリー「ニュース」の4件の記事

2018年10月 1日 (月)

№3939 台風一過

 日本列島を縦断していった台風24号は、無事太平洋上に抜けたようだ。伊勢湾台風以来だといっていた割には、被害も軽微に済んだようだ。テレビやラジオで警戒情報を流していたせいか、皆さん、身構えている人が多かったのではないか。

Img_6889
 夜中にわが家の付近も相当強風が吹いたようだが、何事もなく朝を迎えられた。早起きの女房が庭に出てみたそうだ。昨日記事にしたゴーヤのグリーンカーテンが、なぎ倒されていたという。根を引っこ抜いた後には、ゴーヤ4個だけが残っていた。

Img_6890
 昨晩は強風に備え、わが家の大事なハイビスカスの鉢だけは屋内に取り込んでおいた。雨戸を閉め、窓は厳重にカギをかけた。朝起きてみたら、ウッドデッキに隅に置いてある大きな壺が、風に吹き飛ばされていたという。これだけ大きなものが飛ばされるなんて、相当風が強かったに違いない。

 私は知らずにぐっすり眠ってしまったが、女房は眠れなかったといって嘆いていた。

Img_6891
 ハイビスカスを屋内に取り込んでおいてよかった。外に置いていたら、鉢ごと吹き飛ばされていたかもしれない。朝、さっそく外に出して日のもとにさらした。葉が艶々して元気そのものだ。今でも、ハイビスカスは花をつける。

 さて、今日はまた30度越えと暑さがぶり返すらしい。

| | コメント (0)

2018年9月30日 (日)

№3938 台風襲来

Photo
 昨日沖縄に近付いた台風24号は、今日から明日にかけて日本列島を縦断するようだ。関東に近付くのは夜中だというから、今のところ余波はない。さて、どういうことになるやら、警戒は怠らないようにしたい。

 それにしても、今年は台風が多い。24号を追うように、25号も沖縄に向かっている。いまのところどういう進路を取るかは定かではないが、気圧配置があまり変わらないとしたら、24号と同じコースをたどる心配はある。

 ニュースを見ていたら、この24号は関西国際空港に甚大な被害をもたらしたコースとそんなに変わらないらしい。関空は今日一日休業だというし、新幹線も午後は運転を取りやめるという。

  ただよかったのは、今日の沖縄知事選が始まったころには、台風は沖縄を抜けていったことだ。沖縄知事選を注目していただけに、台風の影響は最小限にとどまったのではないだろうか。

Simg_6888
Simg_6885  わが家の庭には、グリーンカーテンのゴーヤがウッドデッキにかかっている。今年の夏は、このグリーンカーテンが絶大な効果を発揮した。ゴーヤの実もたくさんなった。

 その都度収穫しているのだが、そんなに食べられるものではない。勢い、隣近所におすそ分けしている。このゴーヤのグリーンカーテンも、さて、台風の大風が吹くとどうなるものやら、心配だ。まあ、そろそろその役割を終えてもいいような気もするのだが…。

| | コメント (0)

2017年6月27日 (火)

№3475 異例のニュース報道

Photo 昨晩の9時のNHKニュースを見た方も多いと思う。1時間のニュースの半分以上が将棋の話だった。藤井聡太四段が勝つかどうか、30分以上放映されていた。将棋の話でこれほどの長時間映像が流されたのは、初めてのことではないだろうか。

 しかも、このニュースの最中に、藤井四段が勝って29連勝を果たしたことが報じられた。9時28分頃でなかったかな。異例な放送だったが、タイムリーな報道でもあった。私は興奮したが、見ていた人も同じ感覚だっのではないか。

 昨日の対戦相手は、同じ10代の天才棋士増田康宏四段だった。増田四段の師匠がテレビに出ていたが、「増田は、羽生以来の天才」と話していた。相当の強敵だっただけに、興味がいや増した。

 この日、朝10時に始まった藤井聡太四段の対局が果たしてどうなるのか、私は強い関心を持っていた。今、最も早い情報を得ることができるのが、Netのニュースだ。私は、この日はズーッとYahooニュースを見ていた。

 このところ、加藤一二三九段が登場する機会も多くなったね。先日敗れて引退を余儀なくされた加藤九段は、この藤井ニュースで近来になく多い登場となった。かわいいキャラクターで、微笑ましかった。

 藤井聡太四段の話題は、このブログで3回目になるが、それにしてもすごい天才棋士が登場したものだ。昨年12月に登場したばかりで、プロ棋士になって6か月、まだ一度も負けていないというのだから驚きだ。

 いずれは負けるのだろうが、果たしてどこまで勝ち続けるのだろうか。興味は尽きない。

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

№2252 成長する西之島

 3月19日出発で、5泊6日の小笠原旅行を予定している。準備は着々整いつつある。そして、気になるのが小笠原列島の【西之島】の成長具合である。ある同行者が、「西之島は見ることが出来るかな」と言っていたが、私は地図を確認しないまま、「イヤ~~、相当遠いんじゃないかな」と答えた。

Photo_2  国土地理院のHPで、あらためて西之島の位置を確認してみた。左上にポツンと見えるのが【西之島】である。父島と母島の間の距離が約50㎞あるというから、父島からは西方約130㎞もあるのかしらね。とてもじゃないが、見える距離じゃない。

Photo_3  その西之島が成長し続けている、という新聞記事が出ていた。昨年の秋ごろは、甲子園球場程度の大きさだといっていた。それが最新データによると、東京ドームの約6倍に相当する約790万立方メートルで、2か月前の10倍にもなったという。

 島の面積は0.79平方キロメートルで、最も高い部分が、標高約66メートルだという。詳細は、国土地理院のHP(クリックすると、当該HPがみられる)でよく分かる。

 それにしても、新たな島が出来るなんて、夢の膨らむニュースだ。大半の新島は、波に洗われて消え去る運命にあるらしい。さて、西之島はどういうことになるやら、これからも注目していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)