カテゴリー「パソコン・インターネット」の94件の記事

2020年3月 7日 (土)

№4458 パソコンの翻訳機能

Photo_20200306094901

 

Photo_20200306095301  先日パソコン講座受講で、翻訳機能について学んだ。パソコン上部にある【…】をクリックすると、「拡張機能」がある。その欄にある「Translator For Microsoft Edge」をONにすると、お気に入りの欄にこのような文字が貼り付く。もちろん無料である。

Nytimes  試みに、アメリカのNew York Timesをこの機能を使って読んでみよう。上記画像は、ニューヨークタイムズの元版だ。これを記号をクリックして日本語版に翻訳すると以下の画像になる。

Photo_20200306100301  「翻訳する」をチェックすると、たちどころに日本語になる。これは英語だけでない。ドイツ語やトルコ語、タイ語などを翻訳してみた。日本語の翻訳版が出てくる。なるほど、こういう無料の機能があるのだ。

 これでタイの新聞を読んでみた。そしたら、タイのおすすめ観光地が出ていた。なるほどこういう使い道があるのだと分かった。

 私は海外旅行に出ると、もっぱらYahooの日本語版ニュースを見ている。テレビをみていても現地語がわからないので、めったに点けない。もちろん現地の新聞を読むこともない。今ではどこの国に行っても、インターネット接続ができる。私はパソコンを持っていくので、現地の情報にアクセスして情報は得ることができるのだ。ただ、現地語か英語なのでアクセスすることもなかった。

 それが、この翻訳機能を使うと、どんな情報でもたちどころに日本語に翻訳してくれる。今まで使ったことがなかったが、今度海外旅行をするときにはこの翻訳機能を使ってみよう。

【3月6日の歩行記録】9,681歩 6.5km

 

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

№4449 パソコン教室終わる

 1月14日に始まった「シニアのためのwindows10で学ぶ上級者パソコン教室」は、無事全6回の講座を終わった。この講座で改めて知ったのだが、本当にパソコンは奥深い。私が日常操作しているパソコンは、ほんの一部だということを思い知らされた。

 全6回の講座の中心は、クラウドについての勉強だったのではなかったか。これでもかこれでもかと、いやというほどクラウドについて勉強した。OneDriveもOneNoteも、実をいうとクラウドの勉強だった。これだけクラウドの勉強をして身についたかというと、少し怪しいところもある。やはり何度も勉強しないと、理解できないかもしれない。

 私が自宅で操作しているパソコンは、デスクトップパソコンのハードディスク容量が1TB(テラバイト)なのに対して、モバイルパソコンの容量が100GBと10分の一である。モバイルパソコンの容量がなぜ小さいかというに、基本設計ではモバイルパソコンのデータはそのパソコンそのものではなく、クラウドに逃がしてやるというもののようだ。クラウドについての勉強が必要なわけだ。

Img202002271107361  さらに、スマホでパソコンのデータが見られるのも、そのデーターがクラウドにしまわれているからだということがよく分かった。メールはもちろんだが、このブログ記事も私がしょっちゅう見ている東京シニア自然大学のサークルスクウェアもクラウドに上がっている。先生が何度も言っていたが、まさにスマホはコンピュータなのだ(上の図は先生のテキストをコピー)。クラウドにデータがあるので、USBメモリースティックはもう必要がなくなる。

 このクラウドにアクセスするのに必要なのが、鍵=マイクロソフトアカウントである。先生が口酸っぱく「マイクロソフトアカウント」と言っていたのが、よくわかった。

 だからといって、私は良い生徒ではなかった。「シンさん、この講座の間に私が出した宿題はほとんどやっていなかったわね」と指摘された。さらには、先生からの問いかけにも返事を出していなかった。そもそも先生からの課題が書いていたOneNoteが開けていなかったのだ。「こうやって開くのよ」と懇切丁寧に教えてもらった。

 ただ、自宅に帰ってそのノートを開こうとしたが、一体どこにあるのだろうかわかっていない。要するによくわかっていないのだ。先生のホームページに「講座の部屋」がある。その中に、今回の講座の要約が納められている。それを全部印刷して、何度も読み返してみたい。先生の熱心な講座を理解できなかった私の、せめてもの罪滅ぼしである。

【2月26日の歩行記録】13,081歩 8.8km

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

№4441 エクスプローラーの勉強

Photo_20200219094201 Photo_20200219094202

 パソコンをいじっている人は誰でも知っていると思うが、パソコン画面の下にあるタスクバーにエクスプローラーというアイコンがある。この日の「シニアのためのWindows10で学ぶ上級者パソコン教室」での授業は、このエクスプローラーを学ぶことが主だった。この日で5日目になり、だいぶクラウドの使い方には慣れてきた。ただ、OneNoteの使い方には不安がある。

Photo_20200219095001  今日勉強するエクスプローラーは、私にとっても必需品だ。特に重要なのは、このアイコンに含まれている「ピクチャ」だ。デジカメで撮った写真は、自動的にこのピクチャに収納される。収納された写真は、一度開き、ピンボケ写真や要らない写真を削除して、全写真を選択して縮小をかける。撮ったままの写真は約6MBと大きく、そのままブログに貼り付けることはできない。従って、この日勉強した「エクスプローラー」は馴染みのアイコンなのだ。

Photo_20200219100101  ただ、このアイコンの基本的に勉強をしたことがないので、この日の授業は良い復習となった。知らないことも多かった。撮った写真の内容が、表示タブ⇒詳細ウインドウで表示されることは新鮮だった。以前習ったことがあるが、忘れているのかもしれない。例えば、上記写真は1月25日の14:08に撮ったもので、大きさは5184×3888でサイズは8.15MBである。NIKONカメラのCOOLPIX A900というモデルで、露出時間やISO速度など重要な情報が表示されている。

 もちろんこの大きさでは使えないので、私は『縮短』というフリーソフトを使い、一括縮小している。この日は、写真の縮小の仕方の勉強もした。一つの方法として「ペイント」を使う方法を教えてくれた。ただ、このペイントでの縮小は、画像一個一個の縮小となり、一括縮小にはならないので不便だ。

 前の講座の時にもお話ししたが、私のモバイルパソコンの「OneDrive」がうまく動かない。サブ講師のKobayashi先生にSOSを出した。スタートボタンのタイルにOneDriveが収納されているのだが、先生がクリックしてもやはり動かない。優しい先生は、「私がやってみるから、シンさんは授業を聞いていて」といって、修復作業に当たってくれた。そして無事修復できた。

 どうやら、タイルに貼りついていたOneDriveは古いもので、一度アンインストールしたらしい。そしてplaystoreから再度OneDriveをインストールし直したら、無事に動いた。先生にありがとうとお礼を言ったら、「生徒さんの中でシンさんのブログを読んでいる人がいて、先生の事を書いていましたよ」と言った人がいたらしい。私は知らないが、誰だろうか。

 この日の授業が終わって、Naoko先生に「私がエクスプローラーで便利に使っている機能がありますので、この授業で紹介したらいかがでしょうか」とアドヴァイスをした。何かというと、開いているエクスプローラーの画面に、もう一枚のエクスプローラー画面を開く方法である。私は、しょっちゅうこの機能を使ってピクチャ画面を出し、ピクチャの画面移動をしていて、とっても便利だ。

 もちろんNaoko先生はとっくに承知していて、「そうね、今度紹介しておきましょう。ところでシンさん、宿題もしておいてね」。とはいわれても、今までOneDriveやOneNoteをうまく開けなかったので、宿題はできなかった。優しいKobayashi先生は、OneNoteのページも貼り付けてくれた。

【2月18日の歩行記録】6,810歩 4.6km

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

№4427 「設定」の復習

 全6回の講座「シニアのためのWindows10で学ぶ上級者パソコン講座」の今回が3回目だった。今回の私の講座に対する目標は、クラウドをしっかり学ぶことである。3回目になり、かすかにクラウドの入口が見えてきた。OneDriveやOneNoteはどこから入るのか、よくわからなかった。

 前にもお話ししたように、私はこの講座に自前のモバイルパソコンを持ち込んでいる。このモバイルパソコンのアプリにOneDriveがある。自宅でこのアプリを開こうとしたが、開けなかった。この日の講座でなぜ開けないのか、聞くつもりでいた。Naoko先生はたくさんの受講生に囲まれていて、アプリを開く対応ができなかった。まあ、このアプリで開かなくても入口は他にある。

Photo_20200205105101  この日の講座は、前回に続き「設定」の復習をした。先生が出した8つの設問に答える形での復習だ。講座の復習のつもりで、再度、答えを作ってみた。

1.Windows10のバージョンを確認するのはどこ?

 バージョンは、「システム」の中のバージョン情報で確認できる。ただ、このバージョンは時々更新されるので、注目しておく必要があるらしい。最新バージョンは1909で、OSビルドは18363.592であった。このビルドも時々更新されるので、見ておくようにとのことだ。

2.バージョンアップしたいときはどこを見ればいい?

 更新するときには「更新とセキュリティ」から入る。この事は、この講座を受講して何度もやった。

3.デスクトップの背景に自分が撮影した写真を設定したいときはどこを変更すればいい?

 これも「設定」画面の「個人用設定」である。ここを開くと、背景や色の設定ができる。背景では、スライドショーにもできるので便利だ。色の設定で、好みの背景色にもできる。

4.ネットワークにつながっているかどうか確認するためにはどうしたらいい?

 「ネットワークとインターネット」の項目をクリックして確認する。

5.マイクロソフトアカウントでサインインしているかどうか確認するところは?

 やはり「アカウント」の項目をクリックし、左にある項目の「メールとアカウント」で確認する。

6.BlueToothで接続できるスピーカーを購入しました。どこで設定すればいいですか?

 これに対応するには「デバイス」の項目の「BlueToothとその他のデバイス」で設定できる。頭ではわかっているが、さて、BlueToothっていったい何なんだろう。そういえば、スマホの設定にもBlueToothの項目があった。

7.位置情報を設定するのはどこですか?

 「プライバシー」の項目をクリックすると「位置情報」が出てくる。ただ先生が注意していたのは、「位置情報をやたらONにすると、自分のプライバシーが外部に流出する恐れがありますよ」と話していた。

8.画面の真ん中に表示される言語バーの切り替え「A」と「あ」が邪魔なので消したい。

 あれ?この操作はどうしてやったのだろうか。教室ではできたのだが、今やってみると思い出せない。次の講座は二週間後である。それまで考えてみよう。

 先生からは、次の宿題が明日頃に送られてくるらしい。さて、どういう設問だろうか。

【2月4日の歩行記録】2,000歩 1.3km

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

№4421 今日は何を教えてくれるかな

 1月15日に始まった「シニアのためのWindows10で学ぶ上級者パソコン教室」は、3日目に入った。毎回講座を受講するたびに、パソコンの奥の深さを知らされる。さて、今日は何を教えてくれるのだろうか。

 私はこの講座で、クラウドをマスターしたいと思っている。だが、なかなかしっくりいかない。OneDriveとOneNoteを勉強しているのだが、先生に教えられるとできる。ただ、自分一人になると心もとない。この講座は上級講座と銘打っているが、要するに基本をしっかりマスターしようということだろうか。

Photo_20200129135301  この日の繰り返して学んだのは、「設定」についてだ。「windowsの設定」画面はいつも見ているつもりではいるが、それでは一つ一つについてみているかというと、そうでもないことが分かった。

 まずは自分のパソコンがどういうデバイスか、最新になっているかどうかを確認した。宿題は、「デバイス情報をOneNoteにsnippingtoolで切り取り、貼り付けろ」というものだった。それこそ、私はsnippingtoolを毎日のように便利に使っている。ところが、もしかしたらこのtoolがなくなってしまう可能性もあるというのだ。それに代わる切り取り方法を教えてくれた。

 Windowキー+shiftキー+Sで切り取り画面が出るという。自宅でも試してみたら、なるほど切り取り画面が出た。パソコンには唯一絶対ということはなくて、この方法がダメなら別の方法が用意されているという優れものだ。講座の最初で「更新とセキュリティ」でupdateはしておいた。

 「デバイス」「個人用設定」「アプリ」「アカウント」「プライバシー」などの項目も一つ一つ開けては点検した。こういう項目があるのは知っていたが、点検したのは初めてのことだ。まあ、別に目新しいことはなかったが、一度開けて確認することは必要だね。

【1月29日の歩行記録】11,344歩 7.6km

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

№4413 Windows上級者講座第二日目

Img20200121094339  この日は、朝から夜まで埼玉県民活動総合センターに詰めていた。午前中は、朝9時半から「Windows上級者パソコン教室」の第二日目だったし、午後は別の教室で「定例句会」があった。トータル7時間の勉強で、帰ってきたらくたくたになった。

 「鬼の講師」Naoko先生の講座はとくに辛かった。前々からクラウドの勉強をしたいと思っていたのだが、この日はOneNoteとOneDriveの勉強だ。本当にNaoko先生がパソコンに精通しているのがよくわかる日だった。

 先週もこのブログに講座の様子を書いた。先生は私のブログを読んだらしく、「記述の間違いがありましたので訂正を。メールのアカウントもブログに載せてははいけません」とのチェックが入った。もちろん、指摘されたことはすぐに訂正したのだが、私の書く記事を先生が読んでいると思うと、緊張が走る。厳しくも優しいという意味で、あえて「鬼」としたのだが他意はないので誤解のないように。

 さらに優しい先生のメールには、「シンさんはマイパソコンを持参するでしょうから、一番後ろの広い席を確保しましたよ」とあった。その配慮にも感謝したい。ところが、この日の授業は持って行ったマイパソコンを使うどころか、先生の授業を聞くので精いっぱいだった。

 私は、今までも先生から何度もクラウドについて習ったつもりでいたが、ほとんど理解していない。もちろん概念は分るのだが、いざ実際にソフトを使う段になると難しい。先生からは、毎回宿題が出されている。OneNoteに「自分のパソコンの使用状況を記すように」という宿題と、「スマホはどんな機種を使って何をやっているのか記せ」という二つの宿題だった。

 OneNoteに書いたはいいが、ただ書いただけでアップできるのかどうか不安だった。さらにExcelでスマホの機種を書いたのだが、書いただけで共有できるものか不安が残った。

 この日勉強したのはクラウドで、クラウドはメールのように「送信」などしなくても、書いただけで「共有」できるといいうのだ。どうも、その仕組みがよくわかっていない。先週も書いたが、私のwebメールにはoutlook.juとlive.jpという二つのドメインメールがある。この日の授業でoutlook.jpでOneNoteに入ろうとしたが、どうしても入れなかった。どうしてだろう、サブ講師に聞いてみた。「シンさんのwebメールは、live.jpで先生は登録しているようよ」とのことだった。

 この日は、webメールの基本を何度も繰り返し勉強した。私が今メインに使っているgmail.comも一種のwebメールだという。それならgmailだけでよさそうなものだが、webメールのよさは別にあるという説明だったが、何がよいのかこの日の講座ではチョット理解できなかった。まあ、まだ始まったばかりだから、追々勉強していくとしよう。

 この日は、また新たな宿題が出された。自分のパソコン、またはスマホのセキュリティ対策をどうしているのか、調べてくるようにとのものだった。一週間はあっという間にやってくる。何か毎日忙しい日が続いているが、暇を見て宿題の返答をしよう。その前に私のパソコンにOneNoteをインストールしなくっちゃね。さて、この日のブログ記事に先生の訂正がはいるかどうか心配は心配だ。

【1月21日の歩行記録】1,937歩 1.3km

| | コメント (0)

2020年1月15日 (水)

№4406 「上級者パソコン教室」始まる

 私は最低一年に一回はNaoko先生のパソコン講座を受けようと思っている。昨年は、やはり2月に「パソコン応用講座」を受講している。頭が悪いせいか、教わったことはすぐに忘れてしまう。特に、普段使っていない技術は残っていない。

 昨年の11月に、埼玉県民活動総合センターで「シニアのためのWindows10で学ぶ 上級者パソコン教室」が開かれるのを知り、さっそく申し込んでおいた。この講座は、1月から2月にかけて火曜の午前中に行われる全6回の講座だ。さてどういうことを教えてくれるのだろうか、楽しみである。

Sdscn1779  いつもこの講座に参加するときには、私のモバイルパソコンを教室に持ち込んでいる。教室のパソコンと同時並行で、私が持ち込んだパソコンも起動した。この事を知っているのかどうかはわからないが、私の席は一番後ろの広々とした席だった。早速このパソコンを見つけたアシスタント講師のKobayashi先生に、「シンさんのパソコンは性能は良いが、アップデートをしていませんね」と指摘された。先生の指導でWindowsの仕様をみてみたら、バージョンは1808であった。最新バージョンが1908であるから100も古い。

 この講座では、もちろんバージョンアップの仕方も教えてくれた。それと問題になっていたのが、私の「メール署名」の修正だ。これも聞いてみると何のことはない。受信メールの右上にある「設定」で「署名」の修正をすれば済む話だった。

Sdscn1781  この講座の受講生は24~5名で、私が知っている人は一人もいなかった。ほとんどがシニア世代なのだが、いつも受講するときには大概一人や二人の知り合いには会うものだ。時間は、午前9時半から12時半までの3時間授業だ。しかし、学ぶということは楽しいとあらためて思った。

Sdscn1778  大半が私にとっては既知の事柄だったが、それでも復習の効果は充分にある。Naoko先生の講座はいつもそうなのだが、彼女が作った自前のテキストを用意している。当たり前といわれればそうなのだが、先生はどこに何が書かれているのか知っているので、ほとんど教科書を開くことはない。むしろ、サブテキストというか添付の4枚つづりの表で授業を進める。

 ほとんど既知とはいうものの、忘れている技術も多い。「フォルダーの圧縮と解凍」も以前習った気もするが、私にとっては新鮮なテクニックだった。これを使えば撮った写真を縮小しないで送れるようだ。ただKobayashi先生が言うには、「送れるのは25Mbサイズくらいまでのもので、シンさんの写真の100Mb以上の大きなサイズはダメですよ」ということだった。ウ~~ム、残念。

 私は、普段使っているメールはGmailだ。サブとしてYahooメールを使っている。ただこの講座ではライブメールでとのことなので、あらためて私のライブメールを確認した。000@outolook.jpというアドレスが確認できた。しかし、このアドレスは講座以外では使うことがないね。

 試みにこのアドレスを開いてみた。昨年の講座でOneNoteを使った記録が残っていた。このOneNoteもほとんど使っていないので、完全に忘れてしまっている。今回の講座では、クラウドの勉強をしたいと思っている。OneNoteもその一つだろう。

 自宅に帰り、とりあえず2台のパソコンのバージョンアップをし、最新のバージョンにしておいた。

【1月14日の歩行記録】4,514歩 3km

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

№4350 新しい講座を申し込む

 さて、昨日の記事の関連である。昨日は朝10時に埼玉県民活動総合センターに行き、夜5時過ぎまで滞在した。7時間もいたことになる。

 それにしても、埼玉県民活動総合センターに行く機会は大幅に減った。以前は週に3~4回も行っていたのだが、このところは定例句会だけの月一回になりつつある。埼玉県民活動総合センターは便利なのだが、用事がないと行かないね。それでも行けば行ったで収穫がある。何気なく見た貼ってあったポスターに「シニアのためのWindow10で学ぶ 上級者パソコン教室」の案内を発見したのだ。講師はNaoko先生である。

 Naoko先生のパソコン講座は、少なくとも年一回は受講したいと思っていた。ところが、埼玉県民活動総合センターに行くたびにパソコン講座のチラシを見ていたのだが、あまり興味のある講座は少なかった。ところが「上級者コース」に眼がいった。ここの講座で「上級者」と銘を打って開く講座は少ない。火曜日の午前中に開く全6回の講座とのことだ。

 早速、スケジュール表を開いてみた。来年1月14日からの講座であるが、この間、火曜日に2回の句会が開かれる。ただ句会は午後なので、午前中講座に出席し、午後は句会に参加できるので好都合だ。講座の受講対象者は、概ね60歳以上でWindow10を使用している方、マイクロソフトアカウントとパスワードを持っている方と、条件は限られている。もちろん、私には何の問題もない。

 講座内容を見ると、「Window10をしっかり使いこなそう」、「ONE DRIVE、クラウドを使いこなし、もっと便利に!」とのことだ。私はこの講座で何度もクラウドの勉強をしているが、今一よくわかっていない。例えば、スマホで撮った写真をパソコンに取り込むのに、その写真を一度私のメールアドレスに添付して活用しているのだ。多分そんな必要はないと思いながら…。

 そのことを含め、今疑問に思っていることを先生に全部ぶつけたい。そういえば、もう一つ悩んでいるのが「メール署名」だ。署名の変更をしたいと思っているのだが、ネットで調べてもわからない。先生に相談しようとも思うのだが、そんな簡単なこともわからないの、と一蹴されるようで怖い。

 私は、パソコン技術は初級から中級クラスと思っているのだが、たまには講座受講してさび落としをしなければならないね。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

№4324 Suicaポイントを貯めよう

 私が定年退職して、まず最初に戸惑ったのがどこに行くにも交通費がかかることだった。サラリーマン時代は定期券があったので、いちいち交通費を払うことなどなかった。そして、最初にしたのがSuica登録をすることだった。Suicaがあると、チャージするだけでその都度交通費を払うことがない。ただ、結構交通費はかかる。そうだね、月に10,000円くらいはチャージしているだろうか。

 ある仲間が、「私はあるデパートのカードを持っている。そのカードがあると、Suicaをチャージしてもポイントがたまるよ。手続きをしたらどう」と勧めてくれた。それはいいなと思いながら、手続きはしなかった。

Sdscn1108

 ところが、JR東日本が10月1日からSuicaのポイントカード制を始めたらしい。盛んにコマーシャルを流している。遅まきながら、駅に行く機会があったので駅員に手続きの方法を聞いてみた。「Suicaを持っているなら簡単ですよ。Suicaの裏側にあなたの記号が印刷されています。お手持ちのパソコンで【JREPOINT】を入力して、手続きを行ってください」と言っていた。そして、その手続きを記したパンフレットもくれた。

 早速自宅に帰り、その画面を開いた。どういう手続きもそうなのだが、自分のメールアドレスを入れてパスワードを入力する必要がある。いろいろなパスワードが錯綜していて、いちいち覚えるのが面倒だ。私がパソコンに入る入口に使っているパスワードがある。15桁のパスワードである。それを入力したら、はじかれてしまった。「8桁以上12桁で入力してください」というのだ。

 ウ~~ム、また新しいパスワードを覚えなければならないな。入力したパスワードを忘れないように手帳に記しておいた。今回のパスワードに初めて使ったのは「_」(アンダーバー) の記号である。そのパスワードを入力して次の画面に行ったら、第2のパスワードが必要という。4桁以上8桁だという。これも、いつも使っている数字にした。

 本当はパスワードはそれぞれ違ったものにして、定期的に変更した方がいいとNaoko先生等に口酸っぱく言われている。そうは言われtも面倒と、私は変更したことがない。今手帳を見ても、10数個のパスワードが乱立している。それで事故がないからまあこれでいいと、放っておいている。

 さて、Suicaのポイント手続きは難なく終わった。ポイント還元率は1%だそうだが、塵も積もると馬鹿にならない。1ヶ月10,000円のチャージをするとすると、100円のポイントがたまる。一年に直すと1200円だが、今までゼロだったことを考えてみると、ありがたい。

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

№4225 Wordの句読点に不具合

Photo_20190718164501  私は、パソコンで文章を書く機会が多い。使うソフトはほとんどがWordだ。横書きで書いている分には問題はないのだが、横書きを縦書きに直すときに不具合が生じる。普通句読点は、縦書きの場合は文章の区切りの右に付くものだ。それが、何時の頃からか左に付くようになった。

 俳句の会報を印刷すると、みっともないったらありゃしない。何かいい方法がないかとネットで調べてみたが、埒が明かない。私が使うフォントは、ほとんどがMS明朝だ。こういう困った時は、わがNaoko先生に頼るしかない。先生にSOSメールを送った。本当に頭が下がるのだが、先生からは即座に返信があった。

 それによると、「Windowsのupdateにより縦書きフォントに不具合が出ています。MSフォント系は全滅と聞いています。したがってそうならないフォントを選ぶしかないようです。修正が出てくるまで待つしかないかもしれません。」との返事だ。

 私は、修正されるのを待つほど悠長に我慢しているわけにはいかない。この日も『伊奈桟雲の会』の新しい会報を作る仕事に従事していた。巻頭文章を会員から頂いていたのだが、その文章の句読点が全部左付きになっている。このまま会報として出すわけにはいかないな。先生のメールによると、MSフォントが全滅とのことなので、ほかのフォントを使えばいいということだな。

 会員から頂いた文章を「メイリオ」というフォントに転換してみた。あら不思議、句読点が正常に付いているのだ。ただどうしてなのかはわからないが、MS明朝書体でも正常なものもあるのだ。どこにその違いがあるのかは、私にはわからない。句読点に不具合が生じたときには、しばらくほかのフォントを使うしかないかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧