カテゴリー「ファッション・アクセサリ」の6件の記事

2020年9月25日 (金)

№5159 鬚の半年経った現在

Photo_20200925134001  今年の3月に顎鬚を伸ばし始めた。そして、その都度このブログ記事で紹介してきた。3月21日の「№4472 鬚を伸ばしてみよう」に始まり、4月11日「№4993 ひげを伸ばして1か月」、5月20日には「№5032 鬚を伸ばして2か月」と報告してきた。3月に伸ばし始めた時にはちょぼちょぼで、誰にも注目されなかった。まあ、私も遊び心で始めたものだ。

Photo_20200925134201  伸ばし始めて半年が過ぎた。鬚は立派に伸び、約3センチほどになってきている。この頃は皆に認知され、「立派な鬚になったね」とか「鬚が似合っているよ」とか、「真っ白な鬚は染めているの」などの反応が起き始めた。むろん染めてなどいない。

 私の頭の髪はつるっぱげで、ほとんどない。それだけに、鬚がよく目立つ。ある友だちが「鬚の手入れは大変だろうね」というが、そんなこともない。二日にいっぺんの風呂入浴時に剃刀をあてるが、それだけだ。ただ、風呂で髪を洗った際に鬚にもシャンプー・リンスをつけて洗うのみだ。そして、時々伸びすぎた鬚は、ハサミを入れて切っている。

 以前も遊びで鬚を伸ばしたことはあったが、肌荒れがひどくてすぐに剃ってしまった。今回、肌荒れは全然ない。やはり、シャンプー・リンスの効用か。そして半年も経つと、私のシンボルマークにもなっている。私という人間には鬚がある、と認知されつつあるのか。ただ、「顎鬚だけではもったいないから、口髭も伸ばしたら」という人もいたが、まあ、顎だけにとどめておこう

 それでも、先日那須で久し振りにお会いした絵本屋のおやじさんには、「鬚が立派になったね。よく似合うよ」と褒められた。ウ~~ム、このまま私のシンボルマークとして鬚は蓄え続けていよう。

【9月24日の歩行記録】7,878歩 5.3㎞

【9月24日のアクセス数】137アクセス 訪問者97人

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

№5066 パッチワーク

Img202006231208001  最近、自宅にKayoさんがしょっちゅう現れる。時には、Yokoさんもその仲間に加わることがある。しかも朝から夕方まで熱心に作業をしている。一体何をやっているのか覗いてみたら、パッチワークを作っているようだ。いろいろな端切れを合わせて作っているようなのだが、その色合わせを巡って、やいのやいの盛り上がっている。

Img202006231208051  パッチワークを作って何をこしらえるのだろう。どうやら、テッシュボックスのカバーケースを作るとのことだ。作ってどうするのか聞いてみたら、作品展で売って、その資金をもとにKayoさんの実家がある島根県を旅するのだそうだ。ずいぶん、悠長な話だね。

Img202006231742502  朝10時に初めて夕方6時ころまで作業をして、出来たカバ-ケースがわずか3個だった。「これが全部売れれば、とりあえず東京駅までの軍資金にはなるね」とこれまたノンビリしたことを言っていた。昨日はKayoさんと女房の二人だったが、先日はYokoさんも加わって三人で作業をやっていた。それで何個できたのか聞いてみたら、わずか1個だけだったらしい。島根まで旅行するのには、果たして何年かかるやら。

【6月23日の歩行記録】10,862歩 7.3km

【6月23日のアクセス数】154アクセス 訪問者79人

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

№5032 鬚を伸ばして2か月

Img202005190736311  鬚を伸ばし始めたののが3月20日前後だから、もう2か月も経つ。2か月も経つとずいぶん伸びるものだねえ。そう、2㎝ほど伸びたかしら。このブログ記事の3月21日の項に「髭を伸ばしてみよう」という記事がある。その記事で見ると、まだ伸ばし始めはちょぼちょぼだった。それが、この2か月ほどでこれだけ立派な鬚になると、もう一人前だね。

 最近、何がなくてもこの鬚を触る習慣がついた。鬚を触っていると心地いい。特に、4月下旬の手術で頭を丸坊主に剃ったので、この鬚が目立つようになった。そういえば、病院で髪の毛を剃ってくれた看護士が、「丸坊主に鬚がよく似合いますよ。髪を剃る前はどうだったか知りませんが、ものすごく良い男前ですね」と褒めてくれた。

 今のところ、この程度の長さでは手入れの心配はないが、もっと伸びてきたら本格的に鬚の手入れをしなければならない。何か方法があるのか、研究してみる必要がありそうだね。

 俳句仲間のYukoさんが、用事あってわが家を訪れた。一ケ月ぶりにこの鬚を見て、「ワ~~、立派な鬚になったね」と褒めてくれた。そしてLINEに記事をアップして、「秦山さんはお元気そうで、顎鬚も一段と格好良くなり、最近テレビに出ているお医者さんの二木先生に似て素敵でした!」と書いてくれた。二木先生ってどういう人か私は知らないが、褒められてうれしかった。

Img202005190736381  そういえば、丸々剃った髪の毛だが、3週間以上たって伸びてきた。意外と、髪の毛も伸びるのは早いね。剃った看護士が、「髪の毛は1か月に1㎝ほど伸びます」といっていた。1㎝は伸びていないが、4~5㎜ほどは伸びたかな。もともと私の頭は禿げていたので、髪がないのにそんなに違和感はないのかもしれない。

【5月19日の歩行記録】10,641歩 7.1km

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

№4993 ひげを伸ばして一ヶ月

 以前のブログにも書いたが、ヒゲを伸ばして一ヶ月になる。今日はその報告をしたい。

Img202004031432312 Img202004110938101  さて、一ヶ月でどのくらい伸びたのだろうか。伸ばし始めた当時と現在を比較してみたい。左の画像は伸ばし始めて一週間、右の画像は一ヶ月である。だいぶヒゲの形がはっきりしてきた。ちなみに、このあごひげは、漢字で書くと「鬚」となるのだそうだ。他に口ひげは「髭」と書くし、ほおひげは「髯」と書くのだそうだ。鬚を伸ばして初めて知った。

 先日、友だちのYukoさんが自宅を訪ねてきた。鬚を見て、「まあ、格好いい」と褒めてくれた。ただ、褒めてくれたのは彼女一人で、女房は「まるで森繁久彌みたいね」といっている。まあ、あまり人には会っていないし、会ったとしても気が付いていないのかもしれない。

 もう1㎝ほどに延びているが、わが人生でもこれだけ伸ばしたのは初めてのことだ。鬚を伸ばして気が付いたのだが、風が吹くと微妙に鬚でその風を感じる。その都度鬚をなでてみる。気持ちのいいものである。

 この鬚は無精ひげと違うと、手入れも怠らない。とはいっても、余分な鬚を剃るだけなのだが。ただ、もっと伸びると本格的な手入れ方法が必要なのだろう。ある人が言っていたが、「ひげが伸びると肌が荒れて、ぶつぶつとデキモノができるんだよな」。私もその経験はしたことがある。だから鬚の手入れは欠かせない。まあ、あまり面倒なら剃ればいいんだ、と割り切っている。

 ひげを伸ばして、俳句を作った。ここで紹介したい。

春うらら気分一新鬚伸ばす

遊歩道鬚に感じる春疾風

【4月10日の歩行記録】8,344歩 5.6km

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

№4472 髭を伸ばしてみよう

Img202003200959511

  私はいまだかつて髭を伸ばしたことはない。若干興味がなかったわけではないが、在職中は営業職だったので、お客の前で髭を伸ばすなどとんでもないと思っていた。仕事をやめ、皆に迷惑がかかることはなくなったが、それでも伸ばそうと思わなかった。

 ところが先日テレビを見ていたら、シニアの方の山羊髭が格好良く映った。その方の髭は真っ白だったが、その白い髭がまたいい。私は禿げていて頭髪はほとんどない。これはこれで手入れが要らなくて助かる、と禿に慣れた身では思っている。ただのっぺらぼうは少し寂しい。

 そうだ、髭を伸ばしてみようと思い立った。結構髭の伸びは早い。上の写真は、伸ばしてほぼ一週間になるが、それらしき形になってきた。ただ、女房は気が付いていないのかどうか、髭のことは一言も言わない。先日も大勢の仲間と会ったが、髭のことをいう人はいなかった。まあ、まだ短いので気が付かないのかな。

 いつになったら一丁前になるのか知らないが、半年くらいは気長に待ってみよう。ただ、髭のあご部分だけは剃らないでおくには、今までのようなわけにはいかない。私は、髭は入浴時に剃っている。髭のことを心配しなければ、剃るのに鏡など要らない。ところが髭を生やしてみると、鏡での成形が必要になった。これはこれで面倒なものだ。

 今ではない頭髪を気にかけることはない。ところが髭を伸ばして、今までほとんど見ていなかった鏡を見る機会が多くなった。せめて男の身だしなみとして、この髭だけは大事に育ててみよう。

【3月20日の歩行記録】8,256歩 5.5㎞

| | コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

№2418 ギャラリー【あら草香しら】

Dsc02170_2
Dsc02182 向かいのOhno家では、毎年夏に自宅前の特設会場でギャラリー【あら草香しら】の展示会を開いている。今年で、もう6回目くらいになるか。この展示会は、埼玉の自宅では6月と12月に開いているが、那須ではその特別版である。

 毎年、この展示会を楽しみに、埼玉や地元から大勢のお客様が駆けつけてくる。わが宿の宿泊者も、何はとりあえず、この展示会を見にいくことになった。

Dsc02175Dsc02181


Dsc02179
Dsc02178 出品しているものは、衣類・バッグ類・小物・アクセサリー・布靴・革製品等例年とそんなに変わりはない。主宰者Kayoさんにお会いしたら、「シンさん、ブログでぜひ宣伝してね」と依頼された。まあ、マカセナサイ。

 女性連中の買い物に付き合うほど苦手なことはない。姉たちは、あれこれと手に取り、衣類の試着を繰り返していたが、私は見ていられないので、帰ってきた。長い間展示品を見ていた姉たちも、やがて帰ってきた。

 果たして何か買ってきたのだろうか、聞いてみた。あれやこれやの小物類を2~3点買ってきたと言っていた。「決して買うことを強制はしないが、それにしてもKayoさんは商売上手よね」と口々に言っていた。

Dsc02174 それはそうでしょうよ、長い間展示会をやってきているのだから。このブログの読者の方も、決して強制はしませんが、那須の涼しさを楽しみがてら、繭の里の展示会場を覗いてみてはいかがでしょうか。

 開催は、8月28日(木)までと、期間はたっぷりあります。

| | コメント (0)