カテゴリー「園芸」の74件の記事

2020年3月22日 (日)

№4473 春一番の収穫物

 このブログ記事でも何度か話題にしているが、わが家の庭隅に狭いながらも2~3坪の畑がある。昨年は、この畑で十分食卓を賄う野菜が採れた。キュウリにトマト、ナスにサヤエンドウ、ジャガイモなどだ。そもそもここには柿の木が植えたあった。女房が邪魔くさいと、Ohnoのお父さんにたのんで伐ってもらった。そして女房用の畑ができた。

 この畑を作ったのもひとつの要因で、私は那須でやっていた畑をやめてしまった。自宅の庭隅の収穫物で十分なのだ。さて、今年は何を植えるつもりなのだろうか。ところが「同じ場所に同じ野菜を植えると、連作障害になるのよね」とブツブツ言っていた。2年くらいでは連作障害など起きないとは思うのだが、果たしてどうなのだろうか。

 この畑の隅に、昨年から植えている野菜がある。韮と葉わさびだ。両方ともほとんど手入れらしきものをしてこなかったようだが、春も暖かくなったら青々と成長してきた。「さて、韮とわさびを今晩のおかずにしよう」とのことだ。

Sdscn2021  女房は、時々スマホで料理のレシピを見ているようだ。韮は時々餃子に化ける。レシピを見ていた女房は、「今晩は韮は卵とじにしよう」とハサミで刈っていた。ボウル一杯の韮も、料理してみるとほんのわずかだった。しかし、とれたての韮はサクサクしていて美味しかった。

Sdscn2022  葉わさびはどうするのだろうか。このわさびは、那須の清流から摘んできて、移植したものだ。那須にわさびはどこにも見られるが、移植するといつの間にか消えてしまう。まあ、一般的には葉わさびはてんぷらにするのだが、この日はおひたしにしようというので、これもスマホのレシピを睨んでいた。今までおひたしで食べたことはないね。

 レシピを見ると、80度のお湯でサッと湯掻くのだそうだ。お湯に浸したわさびの葉っぱをすぐに冷たい水に入れていた。これも、食卓に載ったらわずかな量だった。味見をしたら、ピリッと辛い。その辛さも生半可なのもの出なかった。しばらく口の中にその辛さが残った。女房も、相当堪えたらしい。どうやら、80度のお湯で湯掻くと、この辛さが引き立つとのことだった。

 おかげで夕餉の食卓は、春の香りで満たされた。

【3月21日の歩行記録】10,135歩 6.8km

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

№4466 ハイビスカスは甦るか

Sdscn2020

 このブログでも何度か取り上げているが、わが家ではハイビスカスの花が見事に咲き、心を楽しませてくれる。冬の間は、この木を室内に入れておいた。3ヶ月ぶりに屋外に出した。ところが葉は枯れ落ちていて、4~5枚を残す無残な姿である。暖かくなり、広縁に置いておいた鉢をウッドデッキの日の当たる隅に移しただが、さて、このハイビスカスは甦るのだろうか。

 

Sdscn0851_20200315101901  昨年の9月に撮ったハイビスカスの写真である。葉が旺盛に茂り、ハイビスカスは赤い花をつけ、無数の蕾をつけている。植え替えをして土を入れ替え、たっぷり肥料をやった効果が出たのだ。

 それがひと冬を超え、葉が落ちて寂しい姿になっている。枝も大幅に剪定したのだろうか、小さく丸まっている。女房に言わせると、「この時期のハイビスカスは、こんなものよ。また葉をつけて花を咲かすから大丈夫」と太鼓判を押していた。女房は、早速肥料と水をやっていた。

Sdscn0854_20200315102801  さて、往時の姿を取り戻すことができるのだろうか。

【3月14日の歩行記録】霙交じりの雨で外に出ず。151歩 101m

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

№4451 大型日用雑貨店にて

Sdscn1961

 女房が春の肥料を買いに行きたいと、一緒に近くの大型雑貨店に行ってきた。ところが、玄関脇に大勢の人だかりがあった。何だろうかと覗いてみたら、トイレットペーパーが山のように積まれている。それを買い求める客のようだった。トイレットペーパーなど一袋あると1か月も持つのだが、皆さん4袋も5袋もカートに入れている。ハハ~、これが買い占め現場なのだなと思った。

 新型コロナウイルス騒ぎで、トイレットペーパーがなくなるというデマが飛んでいるようなのだ。さながら昭和49年ころのオイルショック騒ぎの再現である。そのデマは、生産している紙が中国から入ってこなくなるので、きっとトイレットペーパーが不足するだろうという憶測によるものだ。ニュースでは、トイレットペーパーの98%は日本で生産されているので、不足することはないと言っている。それでも群集心理というのは恐ろしいもので、奪うように買っていっていた。

Sdscn1958  店の中に入ると、夫婦で10袋もカートに入れている客がいた。そんなに買ってどうしようというのだろうか。さらにはキッチンタオルペーパーや紙おむつまで不足するようになったという。こういう時こそ、必要最低限のものしか買わないというマナーが必要なのではないか。自分さえよければいいという考えが、モノ不足を招く原因なのだ。

 相変わらずマスクはどこにも売っていない。ある知り合いが、マスクを買い求めて朝7時から並んだのだそうだ。そして、大量に買ってきたと自慢していた。こういう消費行動が、マスクが手に入らない原因なのだ。仕方がないと、女房は布とゴムを買ってきて自分でマスクを作るのだそうだ。自宅でもトイレットペーパーが底をついてきたので、一袋だけ買って帰った。

Sdscn1962  この日の目的は、トイレットペーパーではなく肥料だ。女房が誰かから聞きつけてきて、2月中に檸檬に大量に鶏ふんと油かすを播くのがいいのだそうだ。それぞれ10㎏一袋づつ買った。

Sdscn1963  持ち帰って檸檬の木の周りに鶏ふんと油かすを播いていた。2年続けて不作だった檸檬に、今年は大量に実をつけるだろうか。

【2月28日の歩行記録】11,713歩 7.8km

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

№4273 小さな檸檬の実を発見

Sdscn0859  何度も話題にして恐縮だが、わが家の庭の真ん中に檸檬の木がある。この2~3年不作で、ほとんど実がならない。今年はわずか一個のみと前に報告した。この檸檬の木の枝が伸びてぼさぼさになっている。たまらず、女房が枝の剪定を始めた。本来、檸檬の枝の剪定は2月だとブツブツ言いながら…。

Sdscn0858  ぼさぼさの枝を剪定したら、檸檬の木がスッキリした。剪定してわかったのだが、枝のてっぺんに小さな檸檬の実が二個なっていた。先日、今年二度目の檸檬の花が咲いたことを記事にしている。枝のてっぺんの檸檬の小さな実を見ると、この二度目の花が実をつけたもののようだ。

Sdscn0857  檸檬が豊作だった年は、30個ほどの実を収穫したのが翌年の2月だった。その時は、4月に咲いた花の実だった。今回の小さな実は7月の花だ。さて、来年の2月までにどれだけ成長するものか、楽しみに見守りたい。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

№4271 太陽の花ーハイビスカス

Sdscn0851

 何度か記事にしてきたが、わが庭のウッドデッキにハイビスカスが咲いている。夏の間少し元気がないなと見ていたが、ここにきてまた鮮やかな花を咲かせている。

Sdscn0854  本当にハイビスカスの赤は鮮やかだ。しかも印象深い。沖縄では、この花を「赤花」とも呼ぶらしい。わが俳句の世界では「仏桑華」とも呼んで、詩に詠っている。この鉢には、たくさんのハイビスカスの蕾が付いている。10月か11月まで楽しめるのではないか。5月に咲き始めたので、半年もの間花を楽しめるので、安上がりだ。

Sdscn0856  ハイビスカスを「太陽の花」としたのだが、翌日雨もよいでハイビスカスを見たら、蕾のままで花は開いていない。どうやら太陽の光がないと、このハイビスカスは咲かないらしい。

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

№4266 夏も終わりだね

Dscn0839  庭を見ていて、「夏も終わりだね」と感じた。何度か話題にしたが、今年の夏はキュウリとトマトには不自由しなかった。盛りには、キュウリはわずか二本の苗で一日10本も収穫できた。そのキュウリも、花が咲くのもチラホラで、葉も枯れ始めた。

Dscn0842  最後のキュウリも小さくていびつだ。しかし、本当に今年の夏はよくキュウリを食べた。近くの方でやはり畑をやっている人は、今年はキュウリは不作だったようだ。隣家も女房の勧めでキュウリを庭に植えたようだが、やはりあまり実らなかったという。なぜウチはこんなに豊作だったのか。

 わが家では、庭のあちこちに食べ物のカスを埋めている。それが毎日のことで、庭の土は結構栄養が豊富なのだ。わが家の野菜が豊作の要因ではないかな。

Dscn0838  キュウリも終わったが、トマトももう伐ってしまった。伐った残骸のトマトが土の上に転がっていた。今年は、トマトも良く食べたね。キュウリやトマトが終わり、今年も夏は終わったんだと強く思った。

 女房が言うには、連作障害を心配して来年は北側から南側に畑を作ろうかな、と話していた。

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

№4249 今年の夏はキュウリづけ

Sdscn0788  何度か話題にしているが、わが庭の片隅に小さな菜園がある。キュウリとトマト、ナス、ピーマンなどを植えているが、7月の天候不順の時期でもキュウリだけはよく採れていた。一時キュウリが高いとのニュースが流れたが、この夏はわが家の食卓にキュウリは欠かしたことがない。それこそ、もぎたてのキュウリはスーパーで売っているキュウリと違い、本来の青臭さがする。

Sdscn0785  キュウリはそんなに多くのレシピはなく、塩をかけたりマヨネーズをかけてりして食べるのがせいぜいである。時々は野菜の炒め物に入っていることがあるが、稀だ。昨晩は女房の指令で、キュウリの酢の物を作ってみた。キュウリを刻み、これも庭で採れた茗荷を刻んで入れた。

 女房が朝起きるのは早い。起きるとすぐに菜園に行き、キュウリとトマトを採集してくる。今朝の収穫物は、キュウリが3本にトマト2個だった。朝食の食卓には、いつものようにキュウリとトマト、それに塩とマヨネーズが並んでいた。女房が言うには、「朝起きてすぐにキュウリを一本齧ったのよ」とのことだ。

Sdscn0789  明後日、姉たちとお墓参りに行く。お土産にキュウリとトマトを持っていくのだそうだ。さて、それまでにさらに成長しているだろうか。

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

№4237 二度咲く檸檬の花

Sdscn0705  このブログで何度も紹介しているが、わが家の庭に檸檬の木がある。夏の暑さを受けて、枝がぼさぼさに伸びている。さて、この檸檬の木に花が咲いたのは5月上旬だった。花が咲いたのは良かったのだが、受粉する蜂の集まり方が弱かったせいか、ほとんどの花が落花してしまった。

Sdscn0708  先日も報告したが、木に残った檸檬の実はわずか一個のみである。3年ほど前には30数個の実をつけたが、一昨年、昨年は収穫がゼロだった。今年はわずか一個のみだが、まあゼロよりはいいかな。

Sdscn0707  この檸檬の木に、忘れ形見のように花が咲いた。それも、わずか5~6輪である。実がつかなくて木に勢いがあるのだろうか、今年二度目の開花である。残念ながら、受粉のために蜂が寄ってくることはない。多分、むなしく散ることになるのだろう。春先に花を嗅いでみると香ばしい匂いがしていたが、今回の花はほとんど匂わない。蜂も寄ってこないわけだ。

 ぼさぼさに茂った枝を伐ったらよさそうなものだが、伐った後から枝は次々と伸びる。モノの本によると、檸檬の枝切時期は2月だという。まあ、それまで伸ばしておくしかなさそうだね。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

№4227 わが家のキュウリは豊作

 今年の梅雨はやけに長い感じがする。7月に入って、太陽を見た時間は何時間だったろうか。お陰で、寝苦しい夜を過ごさないで済むのはありがたい。この気候の変動で、農家は野菜が不作で大変、というニュースが毎日のように報道されている。キュウリなどは、前週の3割高いなどという話もある。

Sdscn0669
 ところが、わが家の菜園のキュウリは大豊作である。一時は、矢張り天気が悪いので成長が遅いとブツブツ言っていた女房も、最近はほくほく顔である。キュウリの成長は早い。朝赤ちゃんキュウリがあるなと思っていたら、夕方にはもう収穫できる。毎日、そうだね5~6本も採っているだろうか。

Sdscn0670  矢張り、近所の方の菜園はキュウリの成長が遅いらしい。喜んでお裾分けをしているようだ。キュウリの隣に植えているトマトも、一日2~3個は収穫できる。

Sdscn0667  おかげで毎朝晩、食卓にはキュウリとトマトが並ぶ。キュウリの調理法など、そんなに幾通りもあるわけではない。勢い、キュウリは縦に切って、モロキュウとして味噌かマヨネーズで食べるくらいしかない。先日はやはり茄子が収穫できて、一夜漬けにしていた。これはこれでおいしかったが、そう毎回とはいかないようだ。

 義兄のFumioさんが「キュウリ男」だという。彼に送ってやりたいなどとと言っていたが、2~3本を送るというわけにもいかないな、とため息をついていた。しばらくはキュウリ漬けの日が続きそうだ。

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

№4208 庭にジャガランダが咲いた?

Sdscn0587  女房が、「庭にジャガランダが咲いたよ」という。ウ~~ム、たしかに花の色はジャガランダに似てすみれ色だ。しかし正式な名前は「セイヨウニンジンボク」というのだそうだ。庭に植えてもう10年にもなるだろうか。女房が言うには、「このニンジンボクを植えている家は見たことがない」というから、相当自慢なのだろう。

Sdscn0592  この木は強い木で、どんどん剪定してもまた新しい芽が出てくる。移植が難しいのだろうか、この花を見に来る近所の人がいても、植えたという話は聞かない。セイヨウニンジンボクは咲く期間が長く、7月から9月ころまで、3か月もの間、わが家の庭を楽しませてくれる。

Sdscn0586  花の時期が長いといえば、鉢に植えているハイビスカスも長い。6月に花をつけ、10月ころまで真っ赤な花を楽しめる。4月にこのハイビスカスを植え替えた。植え替えた当初は元気がなく、葉が枯れかかっていた。もうダメかなと思ったのだが、息を吹き返した。そして、今ではたくさんの花芽をつけて、葉もツヤツヤだ。どうやら蘇ったらしい。この夏も、この真っ赤な花を楽しめそうだ。

Sdscn0591 Sdscn0588
 心配しているのが檸檬だ。庭の真ん中に位置を占め、4月にたくさん花をつけていたが、ほとんどが落花してしまった。昨年もひとつもならなかったが、今年もダメかなとガッカリしていた。ところが女房が、「檸檬の実が一個なっているよ、知っているか」と聞いてきた。よく見ると、葉の陰に赤ちゃん檸檬がぽつんと一個なっていた。ウ~~ム、よかったね。さて、成長して大きくなるのか見守りたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧