カテゴリー「街歩きの楽しみ」の30件の記事

2019年4月14日 (日)

№4130見沼代用水沿いサイクリング

Sdscn0110
 わが家に近くを「見沼代用水」が流れている。この代用水は、利根大堰を発端として川口に至る50数kmの用水である。開削したのが江戸時代だから、もう300年にもなる。そして、平成元年に10年も改修工事をした。その時に堤防に植えた桜が、いま見事な花をつけている。検索してみると、日本一の桜並木とあった。10数㎞にわたって桜並木が続く。

Sdscn0112
 この代用水沿いに、散歩兼サイクリングロードとして「緑のヘルシーロード」が併設されている。この道は、利根川から川口まで伸びている。わが家のすぐ近くで、「利根大堰から31km」の標識がある。この道をたどってサイクリングに出た。若干風があったものの、ポカポカ陽気であった。さすが桜も満開が過ぎ、散り始めている。用水は、さながら花筏のようであった。

Sdscn0128
  この道の33kmの手前に「瓦葺分水」がある。ここで見沼代用水は、東縁と西縁に分かれる。その先に綾瀬川が流れていて、東西縁は、この綾瀬川をくぐっていく。両縁にともにサイクリングロードがあるが、この日は東縁沿いに自転車を漕いだ。陽気に誘われて、どこまでも下っていく。

Sdscn0113 Sdscn0118  用水沿いにはたくさんの花が咲いていた。桜の盛りは過ぎたが、菜の花や芝桜は見事だ。この陽気に誘われて、自転車を楽しむ人が多かった。そうだ、コンビニエンスストアでお昼ご飯と飲み物を買おう。おにぎりとサンドウィッチ、さらにお団子を買った。どこか公園と思いながら、自転車を先に進めた。

Sdscn0119
 出発して12~3㎞のところに「見沼自然公園」があった。お弁当を広げている家族がいた。私もここで一休止し、買ってきたお昼ご飯を食べた。ベンチに座っていたら、少し汗ばんできた。サイクリングは、行きは良い良い帰りは恐いで、思わず遠くに行くと帰りは難儀する。この付近で帰ろうか。同じ道をたどって帰った。

Sdscn0124

 見沼代用水は、桜と新緑の芽吹きが美しかった。ただ、普段運動不足の足の筋肉はパンパンだ。往復3時間、25㎞ほどのサイクリングだったが、家に帰り付いたら足が上がらなかった。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

№4129 埼玉の三偉人

 昨日の続きの記事である。「渋沢栄一記念館」で、【埼玉三偉人】を訪ねる地図をいただいた。三偉人とは、渋沢栄一のほかに荻野吟子と塙保己一のことをいうらしい。頂いた地図を見ると、そんなに遠くもない。せっかく深谷に来たのだから、ついでに訪ねてみよう。こういう場合は、カーナビは本当にありがたい。

Sdscn0095

 最初に訪問した「荻野吟子記念館」は、渋沢栄一記念館から車で18kmもあった。とてもじゃないが歩ける距離じゃない。記念館は、利根川の土手沿いにあった。荻野吟子は、明治18年(1885)に医師の資格を取得した日本の最初の女医である。記念館の展示物を読んでいると、今回の新札とまんざら無関係でもないようだ。今回5000円札に採用された津田梅子との交流があったという。

Sdscn0096

 生まれは埼玉であったが、女医として活躍したのは北海道だった。彼女の生涯は、渡辺淳一の小説『花埋み』に書かれているというが、私はまだ読んでいない。展示物を読む限りにおいて、医療・婦人解放運動の先駆者として活躍し、女性の地位向上や衛生知識の普及に尽力した方らしい。機会があったら読んでみよう。

Sdscn0098

 荻野吟子記念館を一回りして、次の目的地へ向かった。行く途中、「妻沼聖天山」の看板がやたら目についた。一体なんだろうと、急に目的地を変えた。私は知らなかったが、妻沼の周辺では「聖天様」として信仰を集めているお寺のようだ。このお寺には秘仏があるが、4月16日~22日まで、23年ぶりの秘仏御開帳になるらしい。着々と準備が進んでいたが、この御開帳には相当多くの信者を集めるのだろうね。

Sdscn0099

 本堂の裏に国の指定重要文化財に指定されている本殿があった。本殿は日光東照宮の流れをくむ建物で、豪壮華麗な建物らしい。日光東照宮の後にできた建物ということで、さらに洗練されているらしい。入場料がかかるというので、外から拝観させていただいた。

Dscn0100

 この聖天様の近くでお昼ご飯を食べた。看板にとろろとあった店で、とろろ飯をいただいた。メニューを見ると「とろろおわん」とあったので、なぜおわんなのか聞いてみた。子ども用語を採用したらしい。お昼ご飯を食べながら、深谷に住む高校の友だちを思い出した。急に電話したら彼が出た。せっかく深谷に来たからと、塙保己一記念館訪問後久し振りに会うことにした。

Sdscn0102
 そして訪ねたのが「塙保己一記念館」だ。私は、塙保己一についてもほとんど知識がない。入口で、塙保己一を紹介するDVDを観た。30分ほどの番組だったが、塙保己一についてよくまとめられたDVDだった。盲目の塙保己一は、江戸時代に『群書類従』をまとめた学者だ。本庄の片田舎で生まれ、7歳で全盲になったらしい。お母さんが亡くなり、13歳で上京した。

Sdscn0105
 江戸では大変苦労して、最後には総検校にまで上り詰めたという。記念館には全666冊になるという『群書類従』が展示されていた。17,244枚の版木が残されていた。桜材だそうだ。展示を見て初めて知ったのだが、ヘレン・ケラーが塙保己一を励みに努力を重ねたという。こういう偉い学者だと初めて知った。

 さて三偉人の記念館を経巡って、約束の友だちに会うことにした。Shigeoといって、私の高校の同級生だ。彼とはいつも机が隣り合っていた。高校での陸上競技クラブも一緒だった。10年ぶりくらいの再会か。会うと同時に彼から出た言葉は、陸上競技部の監督先生の死去の報だった。そうか、先生には大分お世話になった。私達より一回り上だったというから、やむをえないか。

 お互い元気かどうか確認した。彼は「自身は病気のデパート」といわれるくらい、様々な病気を体験したらしい。「それもこれも、糖尿病に原因がある。若い頃の不摂生がたたった。今でも、足下の血行障害で苦しみ、最近まで入院していた」そうである。古希を過ぎて、お互いどこかかしかに障害がある。まあ、だましだまし病気と付き合っていこうと確認し、別れてきた。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

№4128 新札一万円に湧く埼玉

Sdscn0088
 ご存知のように、2024年に発行される新一万円札の肖像画が渋沢栄一に決まった。埼玉は、渋沢栄一の生まれた深谷市を中心に大いに盛り上がっている。一連の報道を見ていると、深谷に「渋沢栄一記念館」があるという。自宅から一時間ちょっとなので、この機会に訪ねてみよう。いつもそうなのだが、熊谷に行くのには新幹線の側道を使うと速い。ほとんど車が走っていないし、何より新幹線の側道なので真っ直ぐだ。目的地には、1時間ちょっとで着いた。

Sdscn0089
 早速、記念館に入った。玄関には、上図のようなポスターが張られていた。新一万円札に決まったせいか、平日にもかかわらず来館客数が多かった。館の入り口で渋沢英一翁の業績のDVDが流れていた。私も20分ばかりの映像を見ていたが、既知の話が多かった。渋沢栄一については、ずいぶんたくさんの小説を読んだような気がする。自宅で検索してみたら、津本陽の『渋沢栄一伝(上)(下)』と佐野真一『旅する巨人』が出てきた。ほかにもたくさん読んだような気がするが、渋沢の表題ではなかったのではないか。

Sdscn0090
 DVD画像の脇に、渋沢栄一の実像のパネルがあった。そのパネルによると、渋沢栄一は153~155㎝の身長だったようだ。来館者の一人が、思わず「渋沢栄一というのは、意外と小さかったんだね」とつぶやいていた。江戸から明治にかけての人は、こんなものだったのか。館内の展示物を一通り見て回ったが、実物の書や手紙が多かったが、これはという発見はなかった。図書室も併設されていたが、特段渋沢栄一の書物が多いということもなかった。

 ひとつ発見したといえば、渋沢栄一を顕彰する「青淵会」があって、以前から渋沢栄一をお札の肖像にと働きかけていたそうだ。展示物に『10万円札』があった。たしかに渋沢は、日本資本主義の礎をつくった人だ。今も現存する錚々たる大会社も、渋沢の手になった。隣国がケチをつけているようだが、それには当たらないね。そういえば、王子の飛鳥山公園内に渋沢栄一の住居「青淵文庫」の建物があった。

Sdscn0092
Sdscn0093  記念館から車で3分ほどで生家があるという。その家も訪ねてみた。ものすごく大きな農家だった。実家は、繭玉の生産農家だったという。周りには、大きな土蔵が4戸も建っていた。実家は、実に豪農だったのだ。深谷の街を走っていると、どこでも「渋沢栄一生誕の地」の看板がかかっていた。渋沢は、地元にも貢献し、今でも地元の誇りとして愛されているようだ。

Sdscn0107

 最後に、JR深谷駅に行ってみた。駅は線路をまたぐ跨線橋になっていて、まるで東京駅の再現だ。東京駅もそうだが、この駅も深谷で作られたレンガが使われているという。深谷は、レンガの生産地でもあるのだ。駅前には、渋沢栄一の像が立っていた。


Sdscn0108

| | コメント (0)

2019年2月28日 (木)

,№4092 湯島の白梅

 毎月一回は、会議で上京する。それにしても、それ以外では東京に行く機会が極端に少なくなったのは、少々寂しい気がする。あまり出たくもないし、人と会うのも億劫になってきたのは、老人性鬱の特徴かもしれない。

Simg_8071
 上京した際は映画観賞をしているが、あまり見たい映画も上映されていない。街をぶらぶら歩きながら帰るとするか。出発点はお茶の水だ。ニコライ堂の坂道を上ることからスタートだ。

Simg_8073
 聖橋の下には神田川が流れている。JR御茶ノ水駅の改修工事がだいぶ進んでいた。どうやら、大きな駅ビルができるようだ。橋の上から見えるのが、湯島聖堂だ。この聖堂を見ながら信号を渡ると、間もなく神田明神に行きつく。

Simg_8074
 神田明神の山門はきらびやかだ。平日なのにもかかわらず、参拝客が多い。久しぶりだったので、私も参拝した。ここから歩いて10分ほどで、この日の目的地湯島天神に着く。

Simg_8076
Simg_8083  湯島天神は、多くの受験生の合格祈願の絵馬が飾られている。絵馬には、様々な合格祈願の文字が連ねられている。大学や高校の合格祈願の中で、意外と目立ったのが東大合格祈願の絵馬だ。本人が書いただけでなく、父母や親戚の書いたものもあった。

 まあ、それでも3月に入ると、入学試験シーズンも一段落と行ったところかな。孫の合格を祈願して、ここでも参拝してきた。

Simg_8078
Simg_8080  境内は多くの客で混雑していた。湯島の梅見物の客だ。境内には100本も梅の木があるだろうか、6分咲といったところだ。白梅だけでなく、紅梅やしだれ梅も見られた。

 この時期湯島天神の境内に来ると、猿回しの演技が見られる。毎年やっているが、一年を通してのものだろうか。

Photo
 ぶらぶらしながら帰ってきた。途中でTwitterで情報発信もした。こういう気軽なのもTwitterの良いところかな。いけない、ハッシュタグ#をつけ忘れた。

| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

№3749 『将軍桜』が満開に

Img_5534

 今日はポカポカの陽気であった。あちこちから満開になった花の便りが聞こえてくる。ただ、わが家の周りの桜は、まだ3分咲といったところか。ところが、近くの慶福寺の『将軍桜』は満開に咲いた。八重の見事な桜である。

Img_5531 この桜は、徳川家にまつわる桜である。徳川第3代将軍家光ゆかりの桜で、川越の喜多院から大正14年に移植されたものだという。植えられてから90年以上にもなるが、丹精が行き届いているせいか、元気な枝垂れ桜だ。

 この日は、お寺の境内で観桜会が開かれるとのことだ。甘酒、甘茶に豚汁、お蕎麦などがふるまわれるとのことで、朝から近所のおばさんたちが準備に余念がなかった。

Img_5532
 さらに、夕方には法楽やシタールの演奏会もあるとのことだ。午後からはさぞ賑やかになることだろうね。私は朝お寺に参詣し、花見を楽しんできた。

 

 

| | コメント (0)

2018年3月20日 (火)

№3744 桜の開花宣言

 気象庁の発表で、先週の土曜日に開花宣言が出された。靖国神社にある標本木の桜が、5~6輪の開花が見られたのだそうだ。例年よりも9日も早い開花宣言だった。

 さて、わが住む街の桜はどうなっているのだろうか。近くには3つの桜の名所がある。観察に出かけてみよう。

Img_5478
Img_5480 まずは、自宅の近くにある綾瀬川の土手である。この桜は植えてから約30年になるが、見事成木になった。満開になると、ピンクに染まる見事な桜並木である。

 花芽を見る仄かに赤くなっているが、開花にはまだちょっと早いようである。咲いている花はなかった。

Img_5481
Img_5482 さらに、見沼代用水の桜並木だ。わが家のすぐそばを流れる見沼代用水は、利根川取水堰から東京の足立区まで延々85kmにのぼる人工の用水である。江戸時代に掘削された堰は、今ではコンクリートで固められている。

 この用水沿いに桜が植えられているが、植えられて20年ほどになるが、ここも見事な桜並木を形作っている。だいぶ花芽が膨らみだしてはいるのだが、まだ咲く段階には至ってないようだ。

Img_5483
Img_5484 わが家の近くには、もう一か所桜の名所がある。元荒川の土手である。ここも満開になると、川面に映った桜がやはり見事である。川がピンク色になる。

 ただ、この土手の桜は植えてから60~70年にもなり、すでに老木と化している。腐っている樹も見受けられ、若木に植え替えられているのも目立つ。ここも花芽は膨らんでいるが、開花という段階まではあと4~5日だろうか。

Img_5479Img_5486


 ソメイヨシノはまだだが、花ズオウだろうか赤く染まった木があった。わが家の近くにある見沼代用水に土手には、連翹の黄色い花が咲き揃っている。

 春はそこまでやってきているね。

| | コメント (0)

2018年3月16日 (金)

№3740 神保町でプライムタイム

 歯科通院の日である。午前10時半の予約で、治療は30分で終わる。さて、今日は何をしようか。とりあえず神保町に出てみた。歩いて7~8分である。

Img_5467
 何をさておき、【岩波ホール】にかかっている映画は何だろうか。チェックしてみた。『花咲くころ』という映画で、ジョージアのトビリシが舞台とのことだ。私は、昨年の秋にトビリシを訪れている。この映画を観よう。ただ、開始まで2時間ほどある。

Img_5468
Img_5469 腹ごしらえをすることにした。これも、最近神保町に来ると立ち寄るカレーの【キッチン南海】である。この店は、いつ行っても客が行列している。この日も20人ほどが並んでいた。それでも回転率が良いので、10分ほど待つとは入れる。

 この店で注文するのはカツカレーだ。入店客の半分以上が、このカツカレーを注文している。ルーがたっぷりかかっていて、食べ応えがある。皿から零れ落ちている。Img_5470
 お腹がくちくなったら、向かうのが東京堂書店の二階、展望喫茶室である。250円のアイスコーヒー一杯で何時間でも粘れる。先日はコーヒー一杯で5時間ほどいた。静かなので、読書空間としては最適なのだ。

 映画『花咲くころ』は午後1時半に始まった。何なんだろうか、よく分からない映画だった。残念ながら、トビリシの風景も映っていない。消化不良のまま映画館を出た。

 夜は、友だちとの飲み会である。それまで、喫茶店で本を読んでいた。この日の目標である一冊を仕上げることができた。

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

№3657 暮のアメ横散歩

Img_4914
 上京の機会に、暮のアメ横を散歩してきた。最近のニュースにちょくちょく登場するが、アメ横は赤ちゃんパンダ人気で大賑わいだという。それでなくとも混んでいるのに、この人気でさぞかしや人出が多いことだろうね。

Img_4918
 アメ横に入ってみたが、ニュースで取り上げられるほど混んでいるとは思えなかった。いつも通りの賑わいではないだろうか。いつもアメ横に行って思うのだが、外国人が多いね。特に中国語が横行している。お土産を買う観光客だろうね。

Img_4916Img_4917Img_4919Img_4920


 それでも、パンダ人気にあやかろうという店はあった。お土産屋、パンダクッキー、パンダお茶屋、パンダの帽子などだ。

Img_4915_2
 せっかくアメ横に来たのだからと、私はパンダのマークがついたゴルフボールを買った。意外とこのアメ横には、ゴルフショップが多いのだ。

Img_4922
 その足で、上野動物園まで行ってみた。赤ちゃんパンダの公開時間でなかったせいか、動物園の入口はいつも通りだった。

| | コメント (0)

2017年11月25日 (土)

№3629 平林寺で紅葉狩り

Img_4690
 新座にある平林寺には何度か訪問した。ただ6月か7月だったので、平林寺の紅葉は見ていない。「もみじ山」があり、さぞや紅葉がきれいだろうとは想像していた。秋の一日、天気が良いし風もない。平林寺に紅葉狩りに行ってみよう。

 Img_4654
 期待した通り、平林寺の紅葉は真っ赤に染まっていた。どういうものだろうか、今年はどこも紅葉が真っ赤だ。初めて平林寺を訪れた女房も、その紅葉の色に驚いていた

 Img_4657
Img_4659 逆光にさらされると、その紅葉はさらに見事になる。日の陰ったところにある紅葉は、さすがに真っ赤というわけにもいかないが、それでも淡い緑を残していて、これはこれでいい。

 紅葉情報を聞きつけて、境内は観光客でいっぱいだった。それでも広い境内、混雑するまではいかなかった。

Img_4671 平林寺の裏には、紅葉だけ植えている一角があった。日当たりの加減もあるのだろうか、ここだけはまだまだ紅葉に程遠かった。ということは、平林寺の紅葉は12月中旬くらいまでは楽しめそうだ。

 Img_4684
Img_4689
 紅葉や黄葉、小春日和の一日を満喫してきた。

Img_4688

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

№3544 秋、闌

 秋、闌(たけなわ)である。青空が広がり、気持ちのいい日である。9月に入り、風も心なしか涼しく感じた。さて、野に出てみよう。

Img_4085
Img_4087 自宅のすぐ近くに田んぼが広がっている。あちこちで稲刈が始まった。しばらく稲刈りを見ていた。それにしても、最新の稲刈機はすごい機能を持っているものだ。刈った稲の穂を外し、わらは細かく裁断して田んぼに撒いている。多分、田んぼの肥料になるのだろう。

 刈った穂は稲刈機のなかに保存して、それが一杯になったらトラックに移していた。一枚の田の稲を刈るのは、あっという間だった。この稲刈機は、果たしていくらぐらいするものだろうか。少なく見積もっても、400~500万円くらいはするのかな。

 一年で一週間くらいしか使い道がないのにもったいない、とつい思ってしまった。協同で使い回しているのかもしれないが。

Img_4095

Img_4093 この稲刈をじっと見ていたのが白鷺である。刈り漏らした稲の穂を狙っているのか、刈った後の田の虫を狙っているのかはわからないが。ずいぶんたくさん集まっていたね。

 そういえば、女房が友だちの農家から籾殻をたくさんいただいてきた。稲刈りが済んで、もう籾殻も外すのかしらね。

Img_4105 大きな袋に4俵もあった。この籾殻を那須に持って行って、畑の肥料として撒きたい。そういえば、昨年も同じことがあったのを思い出す。

| | コメント (0)