カテゴリー「飲み会」の58件の記事

2019年8月24日 (土)

№4161 ディープな新宿探訪

Img201908231904281  親しい仲間4人で、新宿で飲むことにした。この仲間はもう10年以上もの付き合いがあるが、このように集まって飲むのは初めてだ。新宿の呑み屋は、私に任せなさい。まず最初に行ったのが、思い出横丁にある「安兵衛」だ。この店は、東京シニア自然大学の仲間とちょくちょく利用している。ただ不満なのは、2時間経つと追い出されてしまうことだ。

Img201908231915091  まあ、2時間もあると焼酎のボトル一本は飲めるね。一人の仲間は下戸であったが、それでも3人で一本空けたらちょうど2時間経っていた。午後5時から飲み始めて、まだ7時だ。その下戸仲間が、「私は夜の新宿歌舞伎町を歩いたことがないので、楽しみだ」と言っていた。それなら、任せなさい、と私が案内役を買って出た。まず歩いたのは「しょんべん横丁」だ。さらに歌舞伎町に出た。

Img_4324  私も夜の歌舞伎町は久し振りだ。一緒に行った仲間が「コマ劇場はどうなっているの」というから、屋上に飾ってあるゴジラの像を見せてあげた。「いつこんなのができたの」というが、もう6~7年にもなるのかしらね。そうだ、しばらくぶりにディープな新宿に行ってみよう。

 新宿ゴールデン街だ。たしか行きつけの店があるはず、と探してみたが見つからなかった。ゴールデン街の細い路地をあちこち歩いてみた。相変わらず、ゴールデン街は混んでいた。ただ昔と違うのは、外国人観光客が多いということだ。私が最後にこのゴールデン街に来たのは、もう14~5年も前のことだ。

Img_3761  せっかくゴールデン街に来たからには、どこか適当な店に入ろうよ。と思う間もなく、目的の店「ナベサン」を見つけた。急階段を上がって二階にある店だ。カウンターは混んでいたが、奥のテーブル席が空いているという。ゴールデン街のこういう店は、知り合いでもいないとなかなか入ることができない。同伴の3人は大喜びだった。私もこの店に入ったのは、本当に久し振りだった。

 昔もそうだったが、この店で飲むのはウィスキーのブラックニッカだ。最近とんとウィスキーにはご無沙汰だが、やはりこの店にはウィスキーが合う。水割りを2杯もお替りしてしまった。

 私がこの店に来ていたころは、マスターのナベサンがまだ元気なころだ。ママに話を聞くと、亡くなってもう16年にもなるとのことだ。そのママは、昔の同僚のことをよく覚えていた。その内の2~3人は、今でも来店しているとのことだった。ただ、私が最も親しくしていた人は、脳梗塞で再起不能になっている。

 ゴールデン街の入り口にはストリップ劇場もある。もちろん中には入らなかったが、一緒に行った仲間もディープな新宿を探訪してさぞ満足したことだろう。

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

№4134 竹ちゃんご苦労さん会

Sdscn0693  このブログ記事でも何度か取り上げたが、竹ちゃんが日本縦断旅行を終えて、無事帰ってきた。少数者でご苦労さん会をやろうと提案して、ようやく実現した。この日参加したのは、本人を含め7人だった。会場は、2月に壮行会を行った板橋駅前にある中華料理屋である。この店は、驚天動地に値段の安い店だ。

 私が到着した時には、すでにほとんど勢揃いしていた。早速乾杯をした。前にも申し上げたように、この日集まったのは旧業界の仲間だ。そういえば、前回の飲み会では仲間の一人がなくなって、追悼を兼ねた会にもなった。早いもので、もう半年にもなった。こうやって集まると、ついつい業界話になってしまう。

 私が元いた業界は、不況の真っただ中だ。勢い、出てくる話題は暗い話になりがちだ。退職後、意識して業界仲間から遠ざかっている私にとって、耳新しい話が多かった。とはいっても、だからどうしようということもない。うわさ話に終わるのがいつものパターンだ。

Sdscn0696

 さて、この日の趣旨は竹ちゃんのご苦労さん会だ。彼は、鹿児島から宗谷岬まで2600kmを84日間、徒歩で踏破した。一日平均30km歩いたという。宿に泊まることなく、この間はズーッとテント生活だった。かかったお金は18万円余りだというから、ほとんどビール代と食費だけだ。

 この日話題になったのは、たとえ二日でも三日でも、一日30kmを歩ける仲間がこの中にいるだろうか。ある仲間は、先日8㎞を4日間連続で歩いて大変だったと話していた。軟弱な私など、到底まねのできない壮挙だ。

 旅の中で様々な出来事もあったようだ。特に、静岡の磐田で、夜中の2時に就寝していたところを6人の警官の職務質問を受けたという話に沸いた。ただ全体として、日本は平和な国で身に迫る危険はなかったらしい。自分の身は自分で守るという精神で、北海道ではヒグマ対策もしたらしい。いずれ、無事に帰ってきて何よりだった。

 さて、彼は次はどういう冒険を企てているのだろうか。

| | コメント (1)

2019年6月27日 (木)

№4204 ティキーラ・パーティ

Img201906260813091

 昨年秋のキューバ・メキシコ旅行で、お土産にティキーラを買ってきた。結構高い酒で、一緒に買ってきたラム酒の10倍もした。海外旅行に出るたびに、Hozumiさんから「現地の美味しい酒をお土産に買ってきてね」とのリクエストが出る。その都度に応えているが、中国では12年ものの紹興酒を買ってきたし、ポルトガルではポルトワイン、アルメニアではアルメニアコニャックをお土産に持ち帰った。

Img201906261714231  残念ながらアルメニアコニャックは試飲の機会がなく、別の飲み会に供した。ただ、紹興酒もポルトワインも、いまだに美味しかったと話題に上る。今回買ってきたティキーラも試飲会がないなら飲んでしまおうと思っていたが、2~3年ぶりに飲み会が開かれた。会場は、いつもの神保町・やきとり屋だ。以前はしょっちゅうここで飲んでいたが、最近は開かれていない。

 店に入店してすぐに、「海外旅行で買ってきた酒をこの店内で飲んでもいいか」とお店の了解を取り付けた。私はこの店の常連だけに、二つ返事でOKが出た。ティキーラは相当強い酒だ。アルコール度数を見ると40度とある。ウィスキーは42度だし、ウオッカだって40度だ。まあ、そう見てくると格別に強いというわけでもないかな。

Img_73581  私はテキィーラを現地メキシコでは試飲したが、量はそんなに多くは飲んでいない。この日の参加者は7人だったが、中で「ティキーらはサボテンからとれるんだろう」と誤解している人がいた。違う、リュウゼツランを抽出してとれるんだよと説明したが、そもそもリュウゼツランを知っている人は少なかった。

 お店でタンブラーと氷をいただき、ロックで飲んだ。ところが独特の匂いがした。酒に詳しいHozumiさんが、「レモンスライスを入れて飲んだら、この匂いが消えないかしら」と店に注文した。もちろん有料だといわれながら、レモンスライスが届いた。入れてみたら、なるほど独特の匂いが消えて、美味しかった。7人もいると、あの高価な酒もあっという間になくなってしまった。

Img201906261758171  この飲み仲間は、ゴルフ合宿の仲間でもある。勢い、話題の中心はゴルフだ。腰痛持ちのHozumiさんは今年になって3度ほどしかゴルフはしていないようだが、「それでも、久し振りにラウンドしたら、79で回ったよ」と憎いことを言っていた。わたしなど100が切れないので四苦八苦しているのにだ。

 「那須ゴルフ合宿」をやめて2年になる。その思い出話がたくさん出た。なかでも、まっきぃの塩原カントリークラブでの「ゴルフカートの松の木衝突事件」は格好の話題だった。この日、その衝突の原因が明かされた。なんでも背中を掻いているうちに、スピードが出ていたカートが松の木にぶつかったものらしい。背中を掻いたのが、えらい高いものについてしまった。そのほかにも、合宿中の事故が話題になった。何しろ10年も続けていた合宿だ。思い出話はたくさんある。

 この店では、ティキーラのほかに焼酎も飲んだ。しかしそれでも物足りずに、河岸を替えてビルを飲み、担々麺を食べて解散した。

| | コメント (1)

2019年5月21日 (火)

№4167 たまには飲み会をしよう

 先日の定例ゴルフ会で、まっきぃに飲み会の提案をした。以前、那須合宿が開かれていた時にはしょっちゅう飲み会をしていたが、合宿が終わってからその会がしばらく途絶えていた。まっきぃに異存はなかった。常連のHozumiさんがOKなら決まりだね。彼に電話をしたらもちろんOKだった。ただ、日にちが6月下旬である。「なんでそんなに遅いの」と聞かれた。

 私は月に一回、会議で上京している。6月のその日が上京日なのだ。両名がOKだったので、ゴルフ仲間に一斉メールを送った。さて、何人の参加が見込めるだろう。

 そういえば、しばらくこの仲間にも会っていないな。Hozumiさんとは2年も会っていないだろうか。彼とは何度か飲み会の企画をしたが、都合が悪かったり参加者が少ないというので流れてしまった。昨年キューバ・メキシコを旅行した時に買ってきたお土産のテキーラがまだある。持ち込んでいいものやら迷ってしまう。

 相変わらずまっきぃはゴルフに熱心だ。ただ、メールを読む限りHozumiさんは今年ゴルフは3回だけだという。彼は持病の腰痛を抱えている。その腰痛が悪化しているのだろうか。

 TaiちゃんやEimeiさんにもしばらく会っていないな。Taiちゃんで思い出すのは、プロゴルファーの渡邉彩香である。Taiちゃんは、彼女と家族ぐるみの付き合いだと聞いている。その渡邉綾香だが、ツアー成績を見るとこのところパッとしないね。一体どうしたのか、Taiちゃんに聞いてみたい。Eimeiさんもどうしているのだろうか、会いたいものだ。

 この仲間にみっちゃんがいる。彼はドクターストップがかかって酒をやめたとか。酒の切れ目が縁の切れ目じゃないが、彼とも会っていないね。飲み会のお誘いだから、出てこないかもしれない。ただ、企画は中断になったが、飲み会のお誘いをかけた。その時には出席するつもりだったようだ。今回はどうなるのか。

 まあ、いずれ2年以上もこの飲み会は途絶えている。さて、誰が参加してくれるのか楽しみだ。

| | コメント (1)

2019年2月15日 (金)

№4079 久し振りの本郷会

Simg_8030
 元いた業界の仲間で「本郷会」という仲良し会をつくっている。ほとんど飲み会だけなのだが、何年に一回かは旅行もする。会の運営は、事務局を引き受けてくれているYoda君に頼りっぱなしだ。昨年の9月も本郷会の予定があったが、残念ながら台風で流れてしまった。ほぼ一年ぶりの会かな。会場は、板橋の中華料理屋だった。

 私とほぼ同世代の会なので、気安く付き合える。ただ、同世代ということは、病気をしたり亡くなったりする人も出てきた。長くお付き合いのあったSawahataさんが亡くなったという報に接したのは、つい最近だ。彼は私と同じ年で、つい最近まで元気だったという。私は、年賀状をかわしていた。

 17~8人の会員で死亡者が出たのは初めてのことだ。この日は、一転して追悼会となった。彼のことで最も印象深かったのは、熱海旅行をした時の彼の踊りだ。それぞれの方が思い出話をしたのだが、異口同音に出たのが熱海の夜の思い出だった。私のブログにその記事が載っているはずと探してみたら、10年前の6月28日の記事にあった。会場で、その記事を読みたいという人がいたのでリンクする(赤字をクリックすると読める)。

 故人には合掌。

Simg_8033
 さて、この日のもう一つのイベントは、竹ちゃんの旅行計画の報告だった。これも私のブログで振り返るが、彼は2012年3月から9月にかけての6か月間、タイに上陸後ポルトガルまでの「ユーラシア大陸横断旅行」をしている豪の旅人だ。さて、今度はどんな大旅行の報告だろうか。

 今回は、125日間かけて「日本縦断&四国巡礼ー徒歩・野宿の旅」だそうだ。鹿児島の佐田岬から北海道の宗谷岬まで、歩いて踏破しようという計画が発表された。

2012_0601_082059p60100011  全長3420kmを一日8時間、30kmづつ歩いていくのだそうだ。基本的には、野宿や駅舎、寺院や東屋の下でテントを張って過ごすという。まるで尾畠春夫さんのような旅だね。そういえば、東京から大分までリヤカーを引いて帰るという尾畠さんは、今どこにいるのだろうか。

 追跡の記事があった。毎日どこを歩いているのか、だれかが記事をアップしているようだ。そして、いま静岡県の清水にいるとのことだ。これは尾畠さんのブログではなく、勝手連の追っかけブログとのことだ。

 貧乏旅行の竹ちゃんだが、一体、この間いくらかかるのだろうか。予算は19万円であげるつもりらしい。しかも、この旅行を彼のブログ「竹ちゃんの旅日記」として報告するという。ブログを開始するのは3月上旬らしい。楽しみに追跡したい。

  皆さんも時々覗いてみてください。

| | コメント (2)

2019年1月26日 (土)

№4059 田舎の同級生で新年会

Simg_7980
 恒例の行事になっているが、田舎の同級生で新年会を行った。例年は14~5人集まるのだが、今年は10人と少々寂しかった。会場は、神田のお蕎麦屋さんだ。この会場は、2~3年前にも一度利用したことがある。

Simg_7978
 同級会の新年会は、たいがいは私が世話人を務めているのだが、今回はKinちゃんが「私がやりましょう」とかって出てくれた。すべて彼まかせだ。

 どうしてもこうやって集まると、病気の話になるね。今回も常連のMutsukoの顔が見えない。どうしたのか聞いてみたら、脚立から落ちて腰の骨を折ったのだそうだ。そういえば、これも常連のToshioもどこかで落ちて、あばら骨3本ほど折ったと話していた。皆それぞれ歳を重ねているので、無理は禁物だね。

 病気といえば、今回幹事を引き受けたKinちゃんも小学校の頃は弱かった。ほとんど学校には来ていなかった。どうしたのか思い出してみると、腎臓病で欠席を余儀なくされていたという。それが今ではぴんぴんだ。

Simg_7979
 6回も干支を越してみると、われわれも年取ったが、子どもたちも歳を重ねている。今回参加した女性の子どもは、すでに50歳になったと話していた。今では子どもの話が話題ではなく、孫の話で盛り上がっていた。

 それにしても、元気な間は新年会をやり続けようとこもごも話した。蕎麦屋を出て、カラオケ組とお茶組に分かれた。私には、カラオケなどやる元気は残っていない。

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

№4019 反省会グループで忘年会

 東京シニア自然大学NEXTには、講座の後に必ず飲み会をやっている「反省会グループ」がある。その有力メンバーから、「忘年会をやらないか」とのお誘いがあった。そういえば、最近忘年会とはとんと縁がないね。二つ返事でOKした。

Simg_7690
 会場は、新宿西口の飲み屋横丁にある「安兵衛」だ。たしか、昨年も同じ飲み屋で忘年会をやっている。昨年は、矢張り海外旅行で買ってきたアルメニアコニャックを差し入れた。今年も、矢張りキューバで買ってきたラム酒を差し入れよう。

Simg_7693
 会場に持ち込んで、店員の了解を得ようとした。昨年のアルメニアコニャックはOKだったが、今年は持ち込み料2000円だという。2000円も出して飲むような酒ではないので、この会場は諦めた。来年、NEXTの総会があるので、その後の懇親会に差し入れよう。

Img_7082  ラム酒は、思い出してもらいたいのだが、ハバナのヘミングウェーが通ったという酒場のフローズンダイキリというカクテルのベースの酒だ。この話はしてこなかったが、海外旅行の帰りにお土産に4本の酒を買ってきた。ラム酒3本にテキーラ1本だ。

 テキーラの試飲会の話は出ているが、まだ実現していない。私はラム酒もテキーラも、旅行時には飲まなかった。私自身、この試飲会を楽しみにしていた。

 そういえば、最近とんと忘年会の話がないね。まあ、あまり飲みたい気分でもないのだが。最近もある忘年会のお誘いがあったが、気が重いので断った。こういうものは一度断ると、再度のお誘いはないね。それを承知の上でのお断りだった。

 ただ、最近はこの「反省会グループ」の付き合いは大事にしている。大体同じ年代だし、話題も共通して気の置けない仲間だ。このグループの一人Kuniちゃんには前橋から参加は気の毒と、お誘いを入れなかった。その代わりKukiちゃんの旦那Bさんが珍しく参加していた。

 この日参加したメンバーのうち3人は、先週富山の「重力波研究所」を見学してきたようだ。話題はその研究所のことではなく、もっぱら地酒の話だった。おいおい、何のための研究所訪問だったのか、という話が出た。

 私の海外旅行も話題に上ったが、わが無手勝流の旅行談に皆さん呆れていた。さて、来年はどこに行くのか聞かれた。Kukiちゃんが、有力候補地を教えてくれた。そこを中心に研究してみよう。

 ところで、この日は級長も参加していたのだが、毒気を抜かれていて、酒を飲みながら水をごくごく飲んでいた。前からこういう飲み方をしていたら、誰にも文句を言われなかったのだが、喜寿になってようやく気が付いたのが級長らしい。2時間半ほど飲んで、無事解散した。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

№4005 喉に引っかかっていた小骨が取れる

Img_7569
 わが高校同期Takeちゃんの要請で、東京駅で飲み会をやった。当初、参加者は3人と言っていたが、会場に行ってみたら一人増えて4人になった。お酒を飲みながら、課題の解決方法を探った。

 4年ほど前まで、私は高校同窓会ゴルフコンペの事務局をやっていた。6年間にわたっての事務局だ。役割を十分に果たし終えて、次の担当者に円満に引き継いだつもりでいた。その担当者から、「私はあなたに嵌められたので、事務局を返上したい」と事務用具一式を私に送ってきた。送られてきても困ると、事後策を相談するための飲み会だった。

 同期のTakeちゃんが、このゴルフコンペの会長をやっている。早速、彼に解決方を依頼した。この日の飲み会にやってきたのは、Takeちゃんのほかに同窓会の新会長とその友達だった。その友達とは初対面だったが、前回私が欠席したコンペで彼は優勝したのだそうだ。

 この間のいきさつを丁寧に説明した。前事務局長とのメールのやり取りも、コピーして持って行って読んでいただいた。そのコピーを読んで、参加者一同納得したようだ。そういういきさつならと、新会長とその友達で相談して、事務局を引く受け得るべく善処したいとのことだった。

 その友達というのは、同窓会の卓球部OB会に所属しているのだそうだ。新会長もそのメンバーとのことだ。「困ったときは相見互い」と、お互い男気を見せてくれた。事務用品も二人で引き取っていった。

 9月から私の喉仏に引っかかっていた小骨が取れた思いで、ヤレヤレ、安心した。

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

№3991 名古屋の客を迎える

 旅行に出る前に女友だちのAmiちゃんから、「19日の月曜日は空いてる?」との電話をいただいていた。そりゃ空いているけど、旅行から帰ってすぐなので、時差ぼけが心配だった。何しろ、昼と夜が逆の国から帰ってきたのだ。

 ところが、帰国の日に眠いのを我慢したおかげで、ほとんど時差ぼけの心配がなく済んだ。もう夜はぐっすい眠れている。Amiちゃんの用事は、名古屋から来る客と一緒に酒を飲もうという話だった。今回は、長野からYoshiyukiさんも駆け付けてくれるそうだ。

 もう一つの飲み会のお誘いもあった。昭和18年生まれの人の会「一八会」の解散会だ。名古屋の賓客を前に、さすがにこの会は断った。ただ近い会場だったので、旅行の土産「HABANA CLUB」というラム酒を差し入れた。アルコール40度だったが、そのまま帰ったのでお酒はどうだったのだろうか。私も現地で飲んではいない。

Img_7500
 この日の会場は、これはいつも同じ飯田橋駅前の「川端」である。夜6時の約束に若干遅刻した。すでに名古屋の客MasaakiさんとAmiちゃんは到着していた。私はまだ風邪が治り切っていなかったので、今日は少し控えようと思っていた。ところが、飲み始めたらそうもいかない。Amiちゃんはお茶だけだったが、3人は結構飲んだ。

 この日の参加者4人は、奇しき縁で繋がっている。Masaakiさんが結婚した時に、東京で「結婚を祝う会」を私とYoshiyukiさんが主催し、Amiちゃんはカメラマンとして加わった。それ以来の長い付き合いだ。今でも笑い話になるが、Masaakiさんは44度のお見合いの末に結婚したのだ。

 彼は「最悪の選択だった」と話しているのだが、どうしてどうして、そういうことはないようだ。悪口を言う女房に、実はべた惚れなのだ。悪口は、お惚気の別の言い方かもしれない。Amiちゃんとはそれ以来だから、もう31年来の付き合いだね。

 もう35年くらい前になるが、私は営業担当で名古屋を4年間回った。その当時、営業では名古屋は日本でも一番難しい地域、と囁かれていた。だが、私は名古屋はすんなり入り込め、今でも多くの友だちを持っている。ただ担当を離れると、名古屋に縁はなくなった。

 この夜の話しで、来年の5月頃に一緒に名古屋に行こうということになった。そのころには、犬山での鵜飼が始まるとのことだ。それは楽しみだね。結局、4時間余り飲んでいたのではないかな。

| | コメント (1)

2018年4月10日 (火)

№3765 田舎の仲間で同級会

 横浜に住むShigeruから何度か電話をいただいていた。「シンさん、そろそろ皆で集まらないか」との催促だった。私はそのうちね、と気のない返事をしていた。彼はとうとうかんしゃくを起こし、「シンさんが声をかけなきゃ、集まらないんだよね」と再電話が来た。しようがない、それじゃ声をかけるか。

 田舎の同期で関東に来ている人は、私の名簿を見る限り30人くらいいる。同期会をやるよと声をかけると、いつも集まるのは15名内外だ。昨年11月にも集まりがあった。私は海外旅行の帰途で、参加はできなかった。私がこの同期の連中と会うのは、ほぼ1年ぶりだ。

 いつも最初に声をかけるのは、姉御肌のTeikoだ。彼女は、二つ返事で必ずOKする。さて、いつにしようかな。「私の店は月曜日が定休日なので、できれば月曜日が良いね」。私はalways OKだ。

 女性にはTeikoから、男どもには私が連絡をした。まだ仕事を持っている人もいて、平日は難しいという人が何人かいた。まあ、しようがないね。それでも出席を快諾した人は12名もいたから、まあよかった。

 桜の花は散ったが、上野界隈で御徒町の飲み屋を探した。この近辺には、結構安い飲み屋が多いのだ。料金は、食べ物代が2500円に飲み物代だ。女性も多いし、飲兵衛は私ぐらいのものだ。飲み物代もそんなにかからないはずだ。

Img_5656 今回の参加者は、男6人に女6人とちょうど半々だった。中には珍しい人が参加していた。Keikoさんだ。彼女は中学2年生の時に転校して、今は横浜に住んでいるらしい。小学校6年間は同級生だった。

 皆さんこの集まりを楽しみにしているようで、わざわざ木更津から駆け付けたMakotoもいた。この日は午後4時集合だったが、「バスでやってきたが、東京にはお昼頃に着いた」のだそうだ。

Img_5657 話題はいつも同じで、田舎の消息、親兄弟の動向、連れ合いの話題、さらには健康問題だ。幸い、この日集まった中で健康に障害がある人は誰もいなかった。

 久し振りに参加したToshioは、昨年長く続けていたパン屋さんをやめた。何でも40年近くもやっていたようだが、とっても体がもたなかったそうだ。機械も老朽化し、更新するとなると何百万円もかかることが分かり、思い切ってやめたのだそうだ。

Img_5658
 3時間も話して飲んだのだが、話は尽きない。ひとまずこの飲み屋は退散しようよ。記念写真を撮って、店を出た。

Img_5660
 「アメ横」を知らないという人がいたので、ぶらぶら歩きながら店を冷かした。まだまだ時間は早い。お茶を飲んで帰ろう。近くの喫茶店に入ったが、そこでも出る話題は田舎の話だった。いくら話しても尽きることはないね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧